BMW M135i xDrive(前編)

2020.02.20 谷口信輝の新車試乗 FRベースからFFベースへと、車体の基本構造が大きく変わった「BMW 1シリーズ」。レーシングドライバー谷口信輝はその仕上がりをどう見るのか? まずはデザインやユーティリティー性からチェックしていこう。

連想したのは“トヨタのアレ”

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは「BMW M135i xDrive」である。

Mのあとに3ケタの数字が続くモデル名のBMWは「Mパフォーマンス」というシリーズに分類される。BMWの量産車で最もスポーティーなのは「M」で、通常ラインのモデル名は3ケタの数字+アルファベットで構成されるが、性能的に両者の中間に位置するのがMパフォーマンス。アウディでいえば「RS」モデルと「A」モデルの間に挟まれた「S」モデルに相当する。

実はメルセデスAMGも同種のモデルをラインナップしていて、「Aクラス」なら「A35 4MATIC」、「Cクラス」なら「C43 4MATIC」、「Eクラス」なら「E53 4MATIC+」がこれに相当する。興味深いのはアウディのSモデルもBMWのMパフォーマンスもメルセデスAMGのエントリーモデル(そんな言い方をメルセデスAMGはしていないが……)も、近年はフルタイム4WDになる傾向があること。とりわけMも(上級の)AMGもいまだに後輪駆動モデルが少なくないだけに、この点はちょっと面白い。

いきなり話が脱線した。まずはクルマを止めた状態で谷口にM135iを観察してもらおう。
「あー、なんか『トヨタ・カローラ』みたいですねえ」

おっと、これはいきなりの爆弾投下だ。
「うちの近所に水色のカローラがいるんですが、それとよく似ています」

それって、色が同じというだけの話ではないのか?
「まあ、そうかもしれませんが、僕はいまのカローラは結構格好(かっこ)いいと思っているんですよ」

 
BMW M135i xDrive(前編)の画像拡大
 
BMW M135i xDrive(前編)の画像拡大
 
BMW M135i xDrive(前編)の画像拡大
 
BMW M135i xDrive(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る