BMW M135i xDrive(後編)

2020.02.27 谷口信輝の新車試乗 新型「BMW 1シリーズ」のトップグレード「M135i xDrive」に試乗した谷口信輝は、なぜか表情を曇らせた。聞けば、その走りに納得のいかないところがあるというのだが……。それは一体、何なのか?

新しいエンジンに物申す

前編では谷口信輝に内外装をチェックしてもらったBMW M135i xDrive。後編ではいつもの箱根のワインディングロードでその実力をチェックしてもらおう。
「ところで、このエンジン、何ccですか?」

走り始める前に谷口がわれわれに尋ねた。M135iに搭載されているのはBMWが開発した最新の2リッター(1998cc)直4ターボエンジンで、最高出力306PSと最大トルク450N・mを発生するハイパフォーマンス仕様。ちなみに、旧世代の1シリーズに用意されていた「M140i」はエンジン縦置きの後輪駆動だったが、新型M135iはエンジン横置きの四輪駆動となる。
「なるほど、そうですか。じゃあ、ちょっと行ってきます!」

そう言ってM135iとともに走り始めた谷口は、やがていつもどおりの試乗メニューをこなすと取材のベースである駐車スペースに戻ってきた。さて、クルマの印象はどうだったのか? われわれがそう尋ねると、谷口は「うーん」とうなったままで、なかなか答えが返ってこない。

ようやく口を開いた谷口は、こんなことを言いだした。
「まず、エンジンがあんまり“ググッ”ときません。トルクバンドが狭いうえに、マニュアルモードでトップエンドまで引っ張るとシフトアップがスムーズにいかなくて、ちょっと不満。それに、最近、このクラスのホットハッチって競争がかなり激しいですよね」

まさに、そのとおり。メルセデスAMGも新型「Aクラス」をベースに「A35 4MATIC」と「A45 S 4MATIC+」をリリースしたばかりである。
「でも、このモデルのライバルはA45 SじゃなくてA35ですよね?」

これも正解。では、なぜ谷口はそれに気づいたのか?
「だって、タイヤのチョイスとか、全体的なオーラみたいのがA45 Sに追いついていないから。やっぱり、速さのオーラはA45 Sとは違いますよね」

 
BMW M135i xDrive(後編)の画像拡大
 
BMW M135i xDrive(後編)の画像拡大
 
BMW M135i xDrive(後編)の画像拡大
 
BMW M135i xDrive(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • BMW 118dプレイ エディションジョイ+(FF/8AT)【試乗記】 2020.9.22 試乗記 BMWのエントリーディーゼルモデル「118dプレイ エディションジョイ+」を、片道300kmを超える長距離ドライブに連れ出した。高速道路と山岳路を組み合わせたタフなルートでステアリングを握り、あらためて確認できたBMWの走りに対するこだわりとは?
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • 一番小さな”ビーエム”と“ベンツ” 新型「1シリーズ」と「Aクラス」を比較する 2019.12.4 デイリーコラム これまでFRのハッチバック車として貴重な存在だった「BMW 1シリーズ」がFF車へと生まれ変わった。他のCセグメントのライバルとクルマとしての特性が近づいた新型1シリーズの個性はどこにあるのだろうか。「メルセデス・ベンツAクラス」との比較で考えた。
  • BMW 118iプレイ(FF/7AT)/M135i xDrive(4WD/8AT)【試乗記】 2019.11.29 試乗記 フルモデルチェンジにあたり、プラットフォームを刷新。FRからFFへと基本駆動方式が変更された「BMW 1シリーズ」の走りとは? ベーシックな「118iプレイ」とハイパフォーマンスモデル「M135i xDrive」を公道に連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る