「オールシーズン」って何? 「M+S」の意味は? 交換前に知りたいタイヤの基礎知識

2020.03.02 デイリーコラム

分かりづらいタイヤの種類と性質の違い

今季の冬もそろそろ終わり。「あぁ、今年は積もらなくてよかったナ」と胸をなでおろす非降雪地帯に住む人もいれば、「またタイヤ交換をしなければならないのか……」と憂鬱(ゆううつ)な気持ちになる降雪地帯のオーナードライバーも多いはず。

そんな双方の人にとって気になる存在となっている(かもしれない)のが、「オールシーズンタイヤ」なるアイテム。「今から40年以上も前に、世界で初となるオールシーズンタイヤを発売」という実績とともに、長らくグッドイヤー製品による独占状態が続いてきた国内マーケットに、昨今はミシュランやヨコハマタイヤなどが積極的なプロモーション活動を展開しつつ本格参入を始めたのだから、なおさらである。

でも、「それってスタッドレスタイヤとはどう違うの?」というのは、当然聞こえてきそうな疑問の声。「そういえば、“M+S”(マッド&スノー)という記号が付いたタイヤもあるよね?」となってくると、ますます混乱に拍車がかかりそうだ。

ということで、春のタイヤ交換シーズンを前に、このあたりをもう一度おさらいしておこう。自分が話題のオールシーズンタイヤの恩恵に十分あずかれそうなユーザーなのか、逆に、やっぱり季節の変わり目でのタイヤ交換が必要なユーザーなのかが、これでハッキリするはずだ。

グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。ここ数年、日本におけるオールシーズンタイヤの普及をけん引してきたのはグッドイヤーだが、今では国内メーカーや主要な海外メーカーも、日本市場にオールシーズンタイヤを投入するようになった。
グッドイヤーのオールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ ハイブリッド」。ここ数年、日本におけるオールシーズンタイヤの普及をけん引してきたのはグッドイヤーだが、今では国内メーカーや主要な海外メーカーも、日本市場にオールシーズンタイヤを投入するようになった。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事