クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ポルシェ・マカンGTS(4WD/7AT)

看板に偽りなし 2020.03.07 試乗記 マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカン」の最新高性能版「GTS」にポルトガルで試乗。スポーツエキゾーストシステムが組み込まれ、最高出力380PSを発生する新世代のV6ツインターボユニットや、進化した足まわりの実力を日本上陸前に確かめた。

マイナーチェンジ後のラインナップが完成

2019年、ポルシェの世界販売台数は対前年比10%アップの28万0800台。いよいよ30万の大台がうかがえるところまで到達した。もっとも、今年は新型肺炎の影響が世界経済に及ぶのは必至ゆえ、この成長にも陰りが出ることは免れないだろう。が、彼らのビジネスが好調に推移してきたことは間違いない。

とどまるところのないポルシェの成長をけん引しているのがSUVラインナップであることは、この数字の内訳に明確に表れている。2018年にフルモデルチェンジを受けた「カイエン」は初のフルイヤーで9万2000台余を販売。そして、2019年にマイナーチェンジが施されたマカンは、カイエンを上回りほぼ10万台を売り上げている。

すなわち現在のポルシェの販売の3分の2以上がSUV、そして全セールスのトップに立つのがマカンということだ。スポーツカーラインナップの充実も、マカン様の奮闘あってのことと言い換えても大げさではないだろう。

そのマカンのマイナーチェンジ後のラインナップは、このGTSの登場で一応の完成をみたことになる。市販車開発におけるポルシェの大義でもある“GT”的なユーティリティーをキープしながら、スポーツモデルとしての高いポテンシャルを“S”が示すこのグレードは、カイエンや「パナメーラ」でもベストバイとする向きは多い。

マイナーチェンジが施された「マカン」のラインナップで、最後を飾るモデルとして登場した「GTS」。2019年12月17日に本国で発表された。
マイナーチェンジが施された「マカン」のラインナップで、最後を飾るモデルとして登場した「GTS」。2019年12月17日に本国で発表された。拡大
左右のリアコンビランプを結ぶ発光式ストリップにブラック仕上げの「PORSCHE」ロゴを配置。これは「マカン」シリーズにオプションとして用意される「スポーツデザインパッケージ」に含まれるもので、「GTS」には標準装備となる。
左右のリアコンビランプを結ぶ発光式ストリップにブラック仕上げの「PORSCHE」ロゴを配置。これは「マカン」シリーズにオプションとして用意される「スポーツデザインパッケージ」に含まれるもので、「GTS」には標準装備となる。拡大
マイナーチェンジで、他のポルシェ車とも共通する4灯式LEDヘッドランプに変更。フロントフェイスは「GTS」専用デザインが採用されている。
マイナーチェンジで、他のポルシェ車とも共通する4灯式LEDヘッドランプに変更。フロントフェイスは「GTS」専用デザインが採用されている。拡大

新世代パワーユニットを搭載

新しいマカンGTSで最も注目すべき変更点はエンジンだろう。EA837系からEA839系へと世代交代を果たしている点は「マカンS」と同じだが、GTSに搭載されるユニットはよりショートストローク化された2.9リッター直噴V6となる。

90度バンクの間にツインターボを配置する、いわゆるホットインサイドVレイアウトを採用。吸気経路を最短のリーチとしたことでレスポンスの向上が実現できたというそれは、最高出力が380PS、最大トルクは520N・mを発生。これは3リッターのマカンSに対して出力が26PS、トルクが40N・m大きいことになる。ちなみに上位車種となる「マカン ターボ」も同じ2.9リッターV6ユニットを採用するが、マカンGTSとの差は60PS&30N・mとパワーの側に多く寄っている。

ドライブトレインは従来どおり、「ハルデックス5」をベースにしたオンデマンド4WDで、理論上は駆動環境やドライブモードに応じて最大100%の駆動力を前後いずれにも移動できる。が、実際のところは通常走行時は約20%の駆動力を前輪に配分、基本的には後輪寄りの駆動配分が維持され、ゼロミューに近い凍結路などイレギュラーな状況でのみ前輪側に100%近い駆動力が配分される仕組みだ。

加えてオプションの「ポルシェトルクベクトリングプラス(PTV Plus)」を装着すれば後ろ左右輪の差動を電子制御でコントロールし、スタビリティーとアジリティーの両面にアクティブに作用する。組み合わせられるトランスミッションは従来同様の7段PDKだ。

「マカンGTS」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4686×1926×1609mm、ホイールベース=2807mm。車重は1910kgと発表されている。
「マカンGTS」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4686×1926×1609mm、ホイールベース=2807mm。車重は1910kgと発表されている。拡大
「マカンGTS」に搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力380PS、最大トルク520N・mを発生。最高出力は従来モデル比で20PSアップとなる。
「マカンGTS」に搭載される2.9リッターV6ツインターボエンジンは、最高出力380PS、最大トルク520N・mを発生。最高出力は従来モデル比で20PSアップとなる。拡大
トランスミッションは「PDK」と呼ばれるDCT(7段)。ポルシェは最新世代モデルでコックピットからスイッチ類を減らすデザイン戦略を進めているが、「マカン」ではマイナーチェンジ後の最新型でもシフトレバーまわりに整然とスイッチ類が並んでいる。
トランスミッションは「PDK」と呼ばれるDCT(7段)。ポルシェは最新世代モデルでコックピットからスイッチ類を減らすデザイン戦略を進めているが、「マカン」ではマイナーチェンジ後の最新型でもシフトレバーまわりに整然とスイッチ類が並んでいる。拡大

内外装も専用仕立て

前期型と同様、サテンブラックの「20インチRSスパイダーホイール」や同質のテクスチャーでブラックアウトされたウィンドウトリム、エキゾーストフィニッシャーなどを外観的な特徴とするマカンGTS。デザインは同じに見えるも、前後バンパー形状の変更など細かな化粧直しも施されている。

レザー&アルカンターラのコンビとなる専用デザインのスポーツシートが配された内装は、基本的なデザインやレイアウトは前型を踏襲するも、10.9インチのタッチパネルを採用したポルシェ独自のインフォテインメントシステム「ポルシェコミュニケーションマネージメントシステム(PCM)」によって全体的な印象がモダナイズされた。また、ADAS系でも60km/h以下の速度域で発進停止を自動で行うトラフィックジャムアシスト付きのACCや、レーンキープアシストなどのアイテムがオプション装着できる。

新しいエンジンを得たマカンGTSの走りは、その名からイメージする以上に丸く、洗練されている。試乗車は標準装備の「ポルシェアクティブサスペンションマネージメント(PASM)」にオプションの「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」を組み合わせたものと、オプションのエアサスに「ポルシェサーフェイスコーテッドブレーキ(PSCB)」を組み合わせたものの2種類の仕様があったが、乗り心地的にはPCCBによるバネ下の軽さが効いていることもあり、標準のサスでも十分な快適性は確保されていた。

もちろんエアサスはイニシャルのまろやかなダンピング特性に加えて、SUVにとっては活用機会の多い車高調整機能も備わっており、一概に良しあしは決められない。が、購入費用や維持しやすさなどであえてデフォルトのコイルサス+PASMを選ぶのもありだと思う。

「GTS」は、標準モデルといえる「マカン」よりも車高が15mm低い設定。スチールブレーキが標準仕様で、「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」とディスクの表面にタングステンコーティングを施す「ポルシェサーフェイスコーテッドブレーキ(PSCB)」がオプションで用意される。
「GTS」は、標準モデルといえる「マカン」よりも車高が15mm低い設定。スチールブレーキが標準仕様で、「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」とディスクの表面にタングステンコーティングを施す「ポルシェサーフェイスコーテッドブレーキ(PSCB)」がオプションで用意される。拡大
センターコンソールに10.9インチのフルHDタッチスクリーンを配置した「マカンGTS」のインストゥルメントパネル。音声認識機能を持つコネクティビティーシステム「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」も搭載している。アルカンターラのステアリングホイールはオプションアイテム。
センターコンソールに10.9インチのフルHDタッチスクリーンを配置した「マカンGTS」のインストゥルメントパネル。音声認識機能を持つコネクティビティーシステム「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」も搭載している。アルカンターラのステアリングホイールはオプションアイテム。拡大
前後シートのヘッドレスト(後席中央部を除く)には「GTS」のロゴが入る。前席は8way電動調節機能付きの「GTSスポーツシート」(写真)が標準装備される。
前後シートのヘッドレスト(後席中央部を除く)には「GTS」のロゴが入る。前席は8way電動調節機能付きの「GTSスポーツシート」(写真)が標準装備される。拡大

相変わらずのキレの良さ

新しいエンジンは基本的には高回転型にキャリブレーションされているにも関わらず、1750rpmから最大トルクを発生することもあり、低速域での扱いやすさにもなんら不満はない。PDKの制御も実にこなれており、試乗中、ギアやクラッチのリンケージでドライなフィードバックが気になるような場面は一度もなかった。

マカンGTSのキャラクターが最も光る場面はワインディングロードだと思うが、そこでのキレの良さは相変わらずだ。軽快という点においては基準車やSの側に分があるも、GTSはガチッとした路面とのコンタクト感や操舵応答の正確性など、動きの精緻さが心地よい。

前述したオプションのPSCBは、ディスク表面にタングステンカーバイト加工が施されており、耐摩耗性向上やダストの減少といった実用的な効果が期待できる。ブレーキタッチは極初期に若干の空走感を覚えるが、踏み込むほどに締め込み感がきっちりと伝わってくるポルシェらしいタッチといえるだろう。

ブランドイメージに応える十分以上の動力性能と、それを完全に生かせる専用チューニングのシャシー。代々のGTSはその双方を常にカスタマーの期待値を上回る高次元で両立し続けてきた。新しいマカンGTSもまた、その伝統を継承するに十分な資質を備えたスポーツモデルといえるだろう。

(文=渡辺敏史/写真=ポルシェ/編集=櫻井健一)

4WDシステムは、「ハルデックス5」をベースにしたオンデマンド式。理論上は100:0〜0:100の範囲で前後駆動配分を可変するが、通常走行時は20:80で後輪寄りの駆動配分になっている。
4WDシステムは、「ハルデックス5」をベースにしたオンデマンド式。理論上は100:0〜0:100の範囲で前後駆動配分を可変するが、通常走行時は20:80で後輪寄りの駆動配分になっている。拡大
写真のコントラストカラーステッチを含むインテリアトリムパッケージやカーボンインテリアパッケージなどは、オプション設定されるアイテム。
写真のコントラストカラーステッチを含むインテリアトリムパッケージやカーボンインテリアパッケージなどは、オプション設定されるアイテム。拡大
荷室容量は5人乗車の通常使用時で488リッター、後席背もたれをすべて倒せば最大1503リッターにまで拡大できる。
荷室容量は5人乗車の通常使用時で488リッター、後席背もたれをすべて倒せば最大1503リッターにまで拡大できる。拡大
オプション設定される「スポーツクロノパッケージ」装着車の0-100km/h加速は従来モデルより0.3秒速い4.7秒、最高速は261km/hという実力。
オプション設定される「スポーツクロノパッケージ」装着車の0-100km/h加速は従来モデルより0.3秒速い4.7秒、最高速は261km/hという実力。拡大

テスト車のデータ

ポルシェ・マカンGTS

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4686×1926×1609mm
ホイールベース:2807mm
車重:1910kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.9リッターV6 DOHC 24バルブ ツインターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:380PS(294kW)/5200-6700rpm
最大トルク:520N・m(53.0kgf・m)/1750-5000rpm
タイヤ:(前)265/45R20 104Y/(後)295/40R20 106Y
燃費:9.6リッター/100km(約10.4km/リッター、欧州複合モード)
価格:--円/テスト車=--円
オプション装備:--
※数値はすべて欧州仕様車の参考値

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:--km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ポルシェ・マカンGTS
ポルシェ・マカンGTS拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

ポルシェ マカン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。