クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

インディアンFTR 1200 S(MR/6MT)

気分はアメリカンマッスル 2020.04.04 試乗記 アメリカのバイクカルチャーを象徴するダートトラックレース。そのマシンのスタイルをストリートで見事に再現したのが「インディアンFTR 1200」だ。アメリカの老舗が放つこのニューモデルは、ワイルドなルックスにたがわぬマッチョでスポーティーな走りの持ち主だった。

ストリートに飛び出したダートトラッカー

ダートトラックレースはアメリカで昔から人気のモータースポーツだ。競馬場などを利用したダートのオーバルコースで戦うこのレースにおいて、インディアンは1950年代、宿敵ハーレーダビッドソンを相手に数々の勝利を収めてきた。最近ではレース専用マシン「FTR 750」を発表し、無敵に近い強さを誇っている。そんなダートトラックマシン、FTR 750のイメージをもとにつくられたストリートバイクがFTR 1200だ。 

FTR 1200は、ダートトラックの荒々しいイメージを実にうまく再現している。フロント:19インチ、リア:18インチのキャストホイールに履かせた専用タイヤは、パターンだけでなくラウンドの形状まで競技用タイヤの雰囲気そのもの。ダートトラックのイメージでバイクを仕上げる時、タイヤとマシンのバランスはとても大事なのだが、FTR 1200はこのあたりをまったく妥協していない。ゼッケンを装着したら、このままレースに出場できるんじゃないかと思うような勇ましいスタイリングだ。

だからといって本当にダートを走るためのマシンなのかといえば、さにあらず。ネイキッドスポーツとしての機能や運動性を上手に盛り込んでいる。エンジンや車体の味付けはスパルタン。シートが高いのはスポーツライディング時の荷重の御しやすさを考えているからだろう。シート自体も硬めで、乗り心地よりも体に伝わってくるインフォメーションを重視している。

ダートトラックレースの競技車両をモチーフにしたワイルドなスタイルが目を引く「インディアンFTR 1200」。2018年10月のケルンモーターサイクルショーで世界初公開された。
ダートトラックレースの競技車両をモチーフにしたワイルドなスタイルが目を引く「インディアンFTR 1200」。2018年10月のケルンモーターサイクルショーで世界初公開された。拡大
ラインナップは、ベーシックな「FTR 1200」、悪路走破性を重視した「FTR 1200ラリー」、充実装備の「FTR 1200 S」の3種類。タイヤはグレードによって異なり、FTR 1200ラリーには「ピレリ・スコーピオンラリーSTR」、その他のグレードには「ダンロップDT3-R」が装着される。
ラインナップは、ベーシックな「FTR 1200」、悪路走破性を重視した「FTR 1200ラリー」、充実装備の「FTR 1200 S」の3種類。タイヤはグレードによって異なり、FTR 1200ラリーには「ピレリ・スコーピオンラリーSTR」、その他のグレードには「ダンロップDT3-R」が装着される。拡大
これまでに幾度となくブランド消滅と復活を繰り返してきたインディアン。2011年にポラリス・インダストリーズの傘下に落ち着くと、2017年にフラットトラックレースのシリーズ戦に復帰。2019年まで3連覇を果たすなど、圧倒的な強さを披露している。
これまでに幾度となくブランド消滅と復活を繰り返してきたインディアン。2011年にポラリス・インダストリーズの傘下に落ち着くと、2017年にフラットトラックレースのシリーズ戦に復帰。2019年まで3連覇を果たすなど、圧倒的な強さを披露している。拡大

走りはマッチョでスポーティー

エンジンは元気いっぱい。走りだせば低回転域からトルクがあって、Vツイン特有の排気音とともに力強く加速。4500rpmぐらいからはトルクがさらに盛り上がり、ハイパワーツインらしい豪快な走りを見せる。低中速トルクがあるから、高速巡航時もスロットルを開けただけでどこからでもドーンと飛び出していく。まさにアメリカンマッスルカーのバイク版というフィーリングだ。ツインの鼓動感も強いし排気音も勇ましいから、パワーや音、振動なんかも一緒になって気分を盛り上げてくれる。

19インチのホイールに太いダートトラックパターンのタイヤを履いているから、ハンドリングはどうなのかな? と思ったけれど、予想以上に素直で軽快。バイクがバンクしていく時、ステアリングに変な舵角がついてしまうようなこともない。だからといってダルな感じではなく、ライダーが入力の仕方を変えるとマシンがキチンと反応してくれる。19インチ独特の安定感を生かしながら、そこにスポーティーな味付けを加え、うまくまとめている。

こうなるとワインディングロードやサーキットを攻めてみたくなるが、ちょっと気になるのはダートトラックイメージのタイヤが限界領域でどうなのかということ。フロント19インチで、これだけ太いハイグリップタイヤはアフターマーケットで見当たらないから、FTR 1200のユーザーは、サーキットを走るとしてもこのタイヤを使うほかはない。もっとも、ダートトラックが好きな人は、仮に多少よれたり滑ったりしても、「これがダートの乗り方だぜ」と喜びそうな感じもするが。

エンジンは排気量1203ccの水冷4ストロークV型2気筒DOHC 4バルブ。日本仕様の最高出力は明らかにされていないが、米国仕様は120HP/8250rpmとされている。
エンジンは排気量1203ccの水冷4ストロークV型2気筒DOHC 4バルブ。日本仕様の最高出力は明らかにされていないが、米国仕様は120HP/8250rpmとされている。拡大
「FTR 1200 S」の「レースレプリカ」仕様には、アクラポヴィッチ製のスリップオンエキゾーストが標準装備される。
「FTR 1200 S」の「レースレプリカ」仕様には、アクラポヴィッチ製のスリップオンエキゾーストが標準装備される。拡大

「FTR 1200 S」には、タッチスクリーン式の4.3インチモニター兼コントローラーや、3種類の走行モードからなるライディングモードセレクター、車体の傾きも検知する6軸モニター採用のトラクションコントロールなどが備わる。


	「FTR 1200 S」には、タッチスクリーン式の4.3インチモニター兼コントローラーや、3種類の走行モードからなるライディングモードセレクター、車体の傾きも検知する6軸モニター採用のトラクションコントロールなどが備わる。
	拡大
スタイル上のアクセントともなっている、赤い鋼管トレリスフレーム。車体設計については、ガソリンタンクをシート下に配することで低重心化を図っている。
スタイル上のアクセントともなっている、赤い鋼管トレリスフレーム。車体設計については、ガソリンタンクをシート下に配することで低重心化を図っている。拡大
サスペンションは、前がφ43mmの倒立フォーク、後ろがピギーバック式のリザーバータンクを備えたモノチューブの組み合わせだ。
サスペンションは、前がφ43mmの倒立フォーク、後ろがピギーバック式のリザーバータンクを備えたモノチューブの組み合わせだ。拡大
足まわりのトラベル量は前後ともに150mm。「FTR 1200 S」にはプリロード、伸び側、縮み側のすべてが調整可能なフルアジャスタブルサスペンションが装備される。
足まわりのトラベル量は前後ともに150mm。「FTR 1200 S」にはプリロード、伸び側、縮み側のすべてが調整可能なフルアジャスタブルサスペンションが装備される。拡大
「FTR 1200」は、ワイルドなスタイリングと期待にたがわぬパワフルなエンジン、軽快なハンドリングを併せ持つバイクに仕上がっていた。
「FTR 1200」は、ワイルドなスタイリングと期待にたがわぬパワフルなエンジン、軽快なハンドリングを併せ持つバイクに仕上がっていた。拡大

期待を裏切らない個性と魅力

サスペンションは初期の動きがスムーズで、市街地や高速道路を走っていても硬さは感じない。今回はストリートでしか乗っていないが、ワイルドなエンジンに対して車体関係はとても完成度が高く、そつなくまとまっている感じを受けた。

個人的に気になったのはスロットルの味付け。FTR 1200は全閉から開け始めの領域を扱いやすくするため、低開度での反応をずいぶん穏やかな味付けとし、途中からレスポンスが鋭くなるよう調律されている。このレスポンスが変化する領域が、逆に使いにくい時があった。しかもクラッチが乾式クラッチのように短いストロークでダイレクトなつながり方をするものだから、回転をあまり上げずに素早くクラッチミートしてダッシュしようとした時は、思ったよりも勢いよく飛び出したり、逆にエンストしそうになったりすることもあった。ただし、これはテスターがこのマシンに慣れていなかったということもある。低回転でトルクのあるビックバイクに乗ると、どうしてもトルクを生かして回転を上げずに発進しようとしてしまうのだ。少し走ってバイクのクセを覚えてしまえば、神経を使うようなことではなくなった。

アメリカンモータースポーツの好きな人は、ほぼ例外なくFTR 1200のスタイルにドハマリするのではないか思う。このエンジンの力強さとフィーリングは、そういう人の期待を裏切らない。個性的かつ魅力的なマシンである。

(文=後藤 武/写真=荒川正幸/編集=堀田剛資)

インディアンFTR 1200 S
インディアンFTR 1200 S拡大
 
インディアンFTR 1200 S(MR/6MT)【レビュー】の画像拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2287×850×1297mm
ホイールベース:1524mm
シート高:840mm
重量:231kg
エンジン:1203cc 水冷4ストロークV型2気筒DOHC 4バルブ
最高出力:--PS(--kW)/--rpm
最大トルク:120N・m(12.2kgf・m)/6000rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:--km/リッター
価格:209万9000円

車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

関連キーワード
関連記事
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。