第649回:SNSがあるじゃないか! 外出制限が続くイタリアでの楽しみ方

2020.04.03 マッキナ あらモーダ!

もうこの国で死ぬしかない

新型コロナウイルス対策のため全土封鎖が続くイタリア。緊張状態の生活下にある筆者のもとに送られてきた、ちょっと心温まる写真のお話を。

「それが絶対に必要とみなされる場合のみ許可されます。(中略)一時的な仕事の停止、または在宅勤務への切り替えは、旅行の十分な理由ではありません」

これは2020年3月26日にイタリア外務省が公表した問答集からの抜粋である。新型コロナウイルス感染防止対策として、在住イタリア外国人、つまり旅行者ではない外国人が、出国可能であるかについて記したものだ。

そもそも筆者にとって最も近い空の玄関・フィレンツェ空港は3月13日から閉鎖されている。各国とイタリアとを結ぶ主要航空会社は大半が運休している。加えて、在イタリア日本大使館によると、数少ない運行便も極めて混み合っているという。

イタリア居住者である筆者は事実上、国外に出ることがほぼ不可能になった。

それは万が一、新型コロナウイルスに感染して治療を受ける場合に、イタリアの医療機関に身を委ねるということを意味する。

20世紀の産業史や自動車史に関してなら、母国語以外でもイタリア人やフランス人とそれなりに渡り合ってきた筆者である。しかし恥ずかしながら、自分の症状をイタリア人の医師や看護師に的確に伝達できるかといえば、かなり心細い。事実、これまでも医院には常に辞書持参で臨んできた。

まあ、かつて日本の医療機関で意識を失って倒れたときも、看護師たちの感情を挟まぬてきぱきとした処置を見ながら、「ああ、死ぬときというのはこんな感じなんだろうな」と思った。したがって、もはやどの国で最期を迎えようと同じ、と覚悟はできている。

一般家屋の軒先に掲げられた「andra tutto bene(すべてうまくいくよ)」の手描きポスター。筆者撮影。
一般家屋の軒先に掲げられた「andra tutto bene(すべてうまくいくよ)」の手描きポスター。筆者撮影。拡大
ごみ収集車の職員も防護マスクで業務にあたっている。筆者撮影。
ごみ収集車の職員も防護マスクで業務にあたっている。筆者撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事