第173回:ケモノのような欲望

2020.04.28 カーマニア人間国宝への道

衝撃の新型「ヤリス」

新型コロナウイルス感染拡大で、日本でもクルマどころの話じゃなくなってきております。本音では、クルマから降りずにドライブするだけなら、政府から公認? されているジョギングや散歩よりリスクははるかに低いと思うものの、「だからドライブに行きましょう!」と言える状況でもない。

クルマの取材も途絶え、皆さまのヒマつぶしが使命である我々としても、ヒマつぶしのネタに困りつつある。このままではオマンマの食い上げだ!

が、明けない夜はない! カーマニアは、収束後の楽しいカーライフを妄想しつつ、静かに過ごすしかありませんネ!

新型車の取材が途絶えた今でも、私の脳内に強い記憶として残っているクルマがある。それは、新型「ヤリス ハイブリッド」です。

世の中がまだそこそこのんきだった3月、1泊2日で試乗させていただいたのですが、その時の快感が手足や脳内に残って、今でも後を引いている。

いったい何が快感だったのか? 今回はカーマニアの前向きなヒマつぶしとして、その快感ポイントのランキングを発表してみたいと思います。

1.5リッターエンジンとTHSIIを搭載した新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」(FFモデル)に試乗!
1.5リッターエンジンとTHSIIを搭載した新型「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」(FFモデル)に試乗!拡大
新型車のデキを確認すべく、首都高に出撃。
新型車のデキを確認すべく、首都高に出撃。拡大
「ヤリス ハイブリッド」の快感ポイントは?
「ヤリス ハイブリッド」の快感ポイントは?拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

トヨタ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタGRヤリスRZ“ハイパフォーマンス”(4WD/6MT)【試乗記】 2021.2.27 試乗記 出自や立ち位置は微妙になりつつある「トヨタGRヤリス」だが、そのスポーツモデルとしての性能が第一級であることは間違いない。前代未聞の高出力3気筒ターボエンジンや異色の4WDシステムの仕上がりを一般道で試してみた。
  • トヨタGRヤリス(後編) 2020.9.4 画像・写真 多彩なバリエーションや、モータースポーツ向けに取りそろえられた豊富な用品も「トヨタGRヤリス」の魅力。貴重な初版限定モデル「ファーストエディション」や、FF+CVTのエントリーモデル「RS」、競技用ベース車「RC」、各種用品装着車を写真で紹介する。
  • トヨタGRヤリス(前編) 2020.9.4 画像・写真 いよいよ発売となったトヨタのコンパクトスポーツ「GRヤリス」。まずは1.6リッター直噴ターボエンジンと、トヨタ久々のスポーツ4WDシステムを組み合わせたハイパフォーマンスグレード「RZ」「RZ“ハイパフォーマンス”」の詳細を写真で紹介する。
  • メガーヌR.S.とGRヤリスを乗り比べる 2021.6.7 実力検証! “最旬”2台のホットハッチ<AD> クルマの電動化が進む一方で、われわれはまだ、純粋にドライビングプレジャーを味わえるモデルを選ぶことができる。今回は、その最右翼ともいえる日仏2台の高性能ハッチバックをワインディングロードに連れ出し、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダ・ヴェゼルe:HEV Z(4WD/CVT)【試乗記】 2021.5.26 試乗記 ホンダのコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型がいよいよデビュー。ご覧の通りベストセラーモデルとしては極めて大胆なイメージチェンジを図っているが、中身は一体どれほど進化しているのだろうか。ハイブリッドの売れ筋グレードに乗ってみた。
ホームへ戻る