「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車

2020.04.23 自動車ニュース
レクサスGS350“エターナルツーリング”
レクサスGS350“エターナルツーリング”拡大

トヨタ自動車は2020年4月23日、「レクサスGS」の生産を同年8月に終了するのに合わせ、特別仕様車“Eternal Touring(エターナルツーリング)”を設定。同年6月1日に発売すると発表した。

 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大
 
「レクサスGS」に「エターナルツーリング」設定 生産終了に伴う最後の特別仕様車の画像拡大

27年の愛顧への感謝を込めた特別仕様車

GSは1993年に初代モデルがデビューしたレクサスのEセグメントセダンである。日本では、当初は「トヨタ・アリスト」として販売されていたが、2005年に登場した3代目で今日のモデル名に変更。海外と同じく、レクサスブランドでの販売が開始された。現在のモデルは2012年に登場した4代目にあたり、高い走行性能を実現すべく、ドイツのニュルブルクリンクをはじめ世界各国で100万kmを超える走り込みを行い、開発がなされたという。

今回の特別仕様車は同モデルの生産終了に伴い設定されたもので、“エターナルツーリング”という車名は「グローバル27年間にわたるお客さまのご愛顧への感謝とともに、GSが生産終了した後も、レクサスがこれまで創り上げてきたグランドツーリングへのこだわりを継承し続けていくという思いを込めたもの」(レクサスインターナショナル プレジデント 佐藤恒治氏)と説明されている。

ベースとなるのは「450h」「350」「300h」「300“Fスポーツ”」の4グレードで、内外装の各所に、レクサスのハイパフォーマンス車である“F”モデルに準じた意匠や装備が採用されている。

特別装備は以下の通り。

  • “Fスポーツ”専用スピンドルグリル(特別仕様車専用グロスブラック)/フレーム(特別仕様車専用漆黒メッキ)
  • フロントバンパーサイドベゼル(特別仕様車専用グロスブラック)
  • ラゲッジドアガーニッシュ(特別仕様車専用漆黒メッキ)
  • “Fスポーツ”専用リアスポイラー(特別仕様車専用ブラック塗装<ボディーカラーに「グラファイトブラックガラスフレーク」を選択した場合はボディーカラーと同色となる>)
  • オート電動格納式ドアミラー(広角・自動防げん・鏡面リバース連動ラストメモリー付きチルトダウン・メモリー・ヒーター付き、特別仕様車専用ブラック塗装<ボディーカラーに「グラファイトブラックガラスフレーク」を選択した場合はボディーカラーと同色となる>)
  • フロント235/40R19+リア265/35R19タイヤ&”Fスポーツ”専用アルミホイール(特別仕様車専用ブラック塗装+ブラックナット)
  • 235/40R19タイヤ&アルミホイール(特別仕様車専用ブラック塗装+ブラックナット、GS350 4WDのみ)
  • “Fスポーツ”専用オレンジブレーキキャリパー(フロント&リア、フロントLEXUSロゴ入り、GS450hとGS350の2WDのみ)
  • 三眼フルLEDヘッドランプ(ロー&ハイビーム)&LEDフロントターンシグナルランプ
  • ヘッドランプクリーナー
  • “Fスポーツ”専用ディンプル本革ステアリング(パドルシフト付き、特別仕様車専用ブラック/フレアレッド、レッドステッチ入り)&”Fスポーツ”専用ディンプル本革シフトノブ(特別仕様車専用ブラック、レッドステッチ入り)
  • メーターフード/インストゥルメントパネル上部/センターコンソール/パームレスト/ドアトリム(特別仕様車専用アルカンターラ表皮、レッドステッチ入り)
  • 特別仕様車専用カーボンオーナメントパネル(ブラック)
  • “Fスポーツ”専用本革シート(運転席・助手席ベンチレーション機能&ヒーター機能付き、特別仕様車専用ブラック、レッドステッチ入り)
  • クリアランスソナー&バックソナー
  • アダプティブハイビームシステム[AHS]
  • ブラインドスポットモニター[BSM]

価格は以下の通り。

  • GS450h“エターナルツーリング”(FR/CVT):900万円
  • GS350“エターナルツーリング”(FR/8AT):800万円
  • GS350“エターナルツーリング”(4WD/6AT):800万円
  • GS300h“エターナルツーリング”(FR/CVT):750万円
  • GS300“エターナルツーリング”(FR/8AT):710万円

(webCG)

関連キーワード:
GS, レクサス, 自動車ニュース

レクサス GS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスISプロトタイプ【試乗記】 2020.8.17 試乗記 2020年秋の発売が予告されている、改良型の「レクサスIS」。登場から7年を経てのマイナーチェンジでその走りはどう変わったのか? クローズドコースで3モデルのプロトタイプに試乗し、実力を確かめた。
  • 「レクサスLS」がマイナーチェンジ 高度な運転支援技術「Lexus Teammate」を搭載 2020.7.7 自動車ニュース トヨタ自動車は2020年7月7日、レクサスブランドのフラッグシップセダン「LS」のマイナーチェンジモデルを世界初公開した。国内では2020年初冬の発売を予定している。
  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”(FR/CVT)【試乗記】 2019.2.1 試乗記 2018年8月の一部改良でハイブリッドシステムのエンジンサウンドや変速制御のチューニングを行い、制振材の追加などにより静粛性を向上させたという、レクサスのフラッグシップサルーン「LS」。果たして熟成は、どこまで進んだのだろうか。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES 2018.4.25 画像・写真 2018年4月25日に開幕した北京モーターショーで、7代目となる新型「レクサスES」がデビュー。日本国内においても同年秋に発売されることが、正式にアナウンスされた。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る