第655回:巣ごもりに耐えるメンタルの原点は“自動車画”にあり!? 大矢アキオのウェブ児童絵画展

2020.05.15 マッキナ あらモーダ!

忍び寄るヤリスのパトカー

今回は、筆者が描いた幼年時代の絵の話に、しばしお付き合いいただこう。

前回お伝えしたように、イタリアでは2020年5月4日から新型コロナ感染症対策の第2フェーズへと入った。

外出規制も緩和され、同じ州内であれば、離れたところに住む両親や配偶者、子、きょうだい、祖父母を訪問できるようになった。

そこで国民から問題として浮上したのは、「恋人同士や、イタリアで多い内縁関係にあるカップルはどうしたらいいのか」ということだった。

最終的に政府は「安定した交際相手、安定した愛情がある者」という文言を用いて、弾力的運用を可能にすることで解決を見た。なお、友達の家を訪問するのは、引き続き禁止されている。

いっぽう、家の外に交際相手がいない筆者は先日薬局に行くのを機に、およそ2カ月ぶりにシエナ旧市街を訪ねた。

書店や新聞・雑誌スタンド、眼鏡店などは営業が許可されているものの、座席を伴った飲食施設や理容院・美容院などの解禁は5月18日まで待たなければならない。

何よりこの街において日常風景の一部であるはずの観光客がいない。したがって、街の活気はゼロに近い。

長年レストランが屋外テーブルを広げていた袋小路や、街の「顔」であるカンポ広場にも草が茂っていたのには驚いた。

旧市街を走るのはタクシー、もしくはパトロールカーだけである。

特に「トヨタ・ヤリス ハイブリッド」のパトロールカーは、無音のうちに背後に近づいていることがある。別に悪いことをしているわけではないのに、どこか気味が悪い。

日本では「欧州各地で規制緩和続く」と報道したメディアが多かったが、実際のムードはまだまだ平常時とは異なるのである。

夕刻のシエナ旧市街。元F1パイロットであるアレッサンドロ・ナンニーニの実家がかつて開業したカフェがあるメインストリートで。住み始めて以来、見たことがないほどの閑散ぶりだ。
夕刻のシエナ旧市街。元F1パイロットであるアレッサンドロ・ナンニーニの実家がかつて開業したカフェがあるメインストリートで。住み始めて以来、見たことがないほどの閑散ぶりだ。拡大
人気のない街路を「日産リーフ」のタクシーが音もなく走り去る。
人気のない街路を「日産リーフ」のタクシーが音もなく走り去る。拡大
普段は大勢の人々が憩うカンポ広場。2カ月にわたって人通りが激減したことから、レンガの間に草が生えていた。
普段は大勢の人々が憩うカンポ広場。2カ月にわたって人通りが激減したことから、レンガの間に草が生えていた。拡大
レストランがテーブルを広げていた袋小路にも雑草が。以上は2020年5月6日撮影。
レストランがテーブルを広げていた袋小路にも雑草が。以上は2020年5月6日撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事