新たな基準値は25.4km/リッター 4月に施行された2030年度燃費基準とは?

2020.05.20 デイリーコラム

EVとPHEVも規制対象に

コロナ禍ですっかり影を潜めてしまったが、年度の変わり目である4月1日にはさまざまな変化があった。東京ディズニーリゾートの大人用1dayパスポートは7500円から8200円に。食用油や一部缶詰も値上げされた。また、東京都では自転車利用者の損害保険への加入が条例により義務化されている。

自動車業界では「乗用自動車のエネルギー消費性能の向上に関するエネルギー消費機器等製造事業者等の判断の基準等(平成25年経済産業省・国土交通省告示第2号)」が施行された。乗用車の2030年度の燃費基準推定値は25.4km/リッター。2016年実績19.2km/リッターと比べると32.4%の改善となる。

達成判定はこれまで通り、企業別平均燃費基準方式(CAFE方式)を採用。企業としては全体に燃費改善を図らなければならないが、燃費がいいモデルを多数販売していれば、燃費基準に達しないモデルがあってもカバーできる可能性がある。つまり、こだわりのクルマを必ずしも断念しなくても済むというわけだ。

一方、対象は変更された。これまではガソリン自動車とディーゼル自動車、LPG自動車だったが、ここに電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド自動車(PHEV)が加わった。

そして、燃費の算定には「Well-to-Wheel(WtW:井戸から車輪まで)」の考え方を導入。これまでもWtWは環境対策およびエネルギーの効率的利用の観点からその重要性が指摘されていたが、計算の難しさで実務には用いられてこなかった。それを日本が世界に先んじて導入したことは注目に値する。

2020年4月1日に施行された2030年度燃費基準推定値は25.4km/リッター。「トヨタ・カローラ」シリーズのハイブリッド車や「ホンダ・フィット」のハイブリッド車並みの燃費を、企業平均で目指すことになる。
2020年4月1日に施行された2030年度燃費基準推定値は25.4km/リッター。「トヨタ・カローラ」シリーズのハイブリッド車や「ホンダ・フィット」のハイブリッド車並みの燃費を、企業平均で目指すことになる。拡大
新たな燃費基準の概要を折れ線グラフ化したもの。車両重量に応じて目標とすべき燃費値が細かく設定されている。
新たな燃費基準の概要を折れ線グラフ化したもの。車両重量に応じて目標とすべき燃費値が細かく設定されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事