「マツダ3セダン」に1.5リッターガソリンエンジン搭載モデルが登場

2020.05.21 自動車ニュース
マツダ3セダン15Sツーリング
マツダ3セダン15Sツーリング拡大

マツダは2020年5月21日、「マツダ3セダン」のモデルラインナップに1.5リッター直4ガソリンエンジン搭載車を追加設定し、販売を開始した。

マツダ3セダン15S 100周年特別記念車
マツダ3セダン15S 100周年特別記念車拡大

今回追加されたのは最高出力111PS/6000rpm、最大トルク146N・m/3500rpmのスカイアクティブG 1.5エンジンを搭載した「15S」および「15Sツーリング」。組み合わされるトランスミッションは6段ATで、駆動方式はFF、または4WDとなる。マツダ3は「ファストバック」に加えてセダンでも全4種類のエンジン(スカイアクティブG 1.5/スカイアクティブG 2.0/スカイアクティブD 1.8/スカイアクティブX 2.0)が選べるようになった。

スカイアクティブG 1.5を搭載したマツダ3セダンの価格は以下の通り。

  • 15S:222万1389円(FF車)/245万7889円(4WD車)
  • 15Sツーリング:231万5989円(FF車)/255万2489円(4WD車)

合わせて、2021年3月末までの期間限定で設定されているマツダの創立100周年を記念した特別仕様車「100周年特別記念車」にも、マツダ3セダンの1.5リッターガソリンモデル「15S 100周年特別記念車」が追加された。

ベース車は15Sツーリングで、以下の特別装備が追加される。

  • エクステリアカラー:スノーフレイクホワイトパールマイカ
  • シート:スムースレザー(レッド)
  • フロアマット(創立100周年記念バッジ付き)
  • ヘッドレスト(創立100周年スペシャルロゴ刻印)
  • フロアカーペット(バーガンディー)
  • キーフォブ(創立100周年スペシャルロゴ刻印&100周年専用化粧箱入り)
  • センターホイールキャップ(創立100周年スペシャルロゴ付き)
  • 創立100周年記念バッジ(フロントフェンダー部)

価格はFF車が289万3869円で、4WD車が313万0369円。

(webCG)

関連キーワード:
マツダ3セダン, マツダ, 自動車ニュース

マツダ マツダ3セダン の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ3セダン20S Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2019.9.4 試乗記 先代にあたる「アクセラ」からすべてを刷新したという「マツダ3」は、マツダの新世代商品群の第1弾、すなわち同社の行く末を占う一台だ。「ファストバック」に比べるとちょっと地味(?)な「セダン」を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • マツダ3セダン(FF/6AT)/マツダ3ファストバック(FF/6AT)【試乗記】 2019.6.26 試乗記 マツダのグローバルな名称を冠し、「アクセラ」から生まれ変わったCセグメントモデル「MAZDA3(マツダ・スリー)」。歴史ある多くのライバルがひしめくなか、どのような魅力を持ったモデルに仕上げられたのか。発売後、初試乗となったテストコースから報告する。
  • 第175回:不要不急の妄想 2020.5.12 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第175回は「不要不急の妄想」。新型車「トヨタ・ヤリスクロス」のデザインに衝撃を受けた筆者。格段にカッコよく見えるのはなぜ? ベースとなる「ヤリス」との比較を交えながら、その違いを分析する。
  • ホンダ・フィットe:HEVクロスター(FF)【試乗記】 2020.5.14 試乗記 スペック至上主義から脱却し、乗る人、使う人の“心地よさ”を重視したという新型「ホンダ・フィット」。ライバルにはないそうした開発テーマは、車両のどのような部分に表れ、またどの程度達成されているのか? SUVスタイルの「クロスター」に試乗し、確かめた。
  • ホンダS660モデューロX(MR/CVT)【試乗記】 2020.5.8 試乗記 「ホンダS660」のマイナーチェンジに合わせ、ホンダアクセスが手がける純正コンプリートカー「S660モデューロX」も最新モデルへとアップデート。ちょっとマイナー(?)なCVTモデルを連れ出し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る