ベントレー・フライングスパー(前編)

2020.05.28 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回ワインディングロードで試乗したのは、新型「ベントレー・フライングスパー」。「スポーツセダンの性能も兼ね備える」というラグジュアリーサルーンの走りを、プロのレーシングドライバーはどう評価する?

いったい何馬力あるんだ!?

フライングスパーは「コンチネンタルGT」と兄弟の関係にあるベントレーの4ドアサルーン。3代目となった最新型でもユニークなW型12気筒エンジンやフルタイム4WDなどを先代から受け継ぐいっぽう、4WDシステムは電子制御油圧多板式に、ギアボックスはDCTにそれぞれ改めたほか、アクティブアンチロールバーや4WSといった最新デバイスを装備することでスポーティーにもラグジュアリーにも変幻自在に生まれ変わるキャラクターを手に入れた。

「ミュルザンヌ」が姿を消したいま、ベントレーのフラッグシップとして君臨することになったことはご存じのとおり。そんなフライングスパーにいつものワインディングロードで試乗した谷口信輝はなにを感じたのか? 早速、その印象を語ってもらうことにしよう。
「これ、最高ですよ、最高! やっばいくらい、いいクルマです」

なにがそんなによかったのだろうか?
「いや、もうなにもかも最高です。まず、加速がすごい。このクルマ、だって相当重いでしょ?」

そのとおり。車重は2540kgにも及ぶ。「やっぱり、そうですよね。でも、そのボディーをこの坂道でもぐーって加速させちゃうんですよ。エンジン、何馬力ですか?」

谷口にしては珍しくスペックに関心を持ったようだ。ちなみに6リッター W12エンジンの最高出力は635PSで最大トルクは実に900N・mに達する。ついでに記しておくと0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は333km/hと、いずれもスーパースポーツカー並みである。
「やっぱり、それくらいありますよね。だから、パワー感はもうこれで十分。これ以上あってもホイールスピンしちゃうだけですよ。ちなみに、このエンジン、NA(自然吸気)ですよね?」

 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • 「ベントレー・フライングスパー」のトップモデル「フライングスパー マリナー」がデビュー 2021.8.16 自動車ニュース 英ベントレーモーターズは2021年8月12日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州において、「ベントレー・フライングスパー」の最上級モデルとなる「フライングスパー マリナー」を発表した。
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.21 試乗記 「ベントレー・ベンテイガ」の最新モデルでは、英国流のクラフトマンシップとデジタル技術が融合した、独自のラグジュアリーな空間が展開されている。最高出力635PSのW12ユニットを積んだ高性能バージョン「スピード」で、その世界に身をゆだねてみた。
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る