ベントレー・フライングスパー(前編)

2020.05.28 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回ワインディングロードで試乗したのは、新型「ベントレー・フライングスパー」。「スポーツセダンの性能も兼ね備える」というラグジュアリーサルーンの走りを、プロのレーシングドライバーはどう評価する?

いったい何馬力あるんだ!?

フライングスパーは「コンチネンタルGT」と兄弟の関係にあるベントレーの4ドアサルーン。3代目となった最新型でもユニークなW型12気筒エンジンやフルタイム4WDなどを先代から受け継ぐいっぽう、4WDシステムは電子制御油圧多板式に、ギアボックスはDCTにそれぞれ改めたほか、アクティブアンチロールバーや4WSといった最新デバイスを装備することでスポーティーにもラグジュアリーにも変幻自在に生まれ変わるキャラクターを手に入れた。

「ミュルザンヌ」が姿を消したいま、ベントレーのフラッグシップとして君臨することになったことはご存じのとおり。そんなフライングスパーにいつものワインディングロードで試乗した谷口信輝はなにを感じたのか? 早速、その印象を語ってもらうことにしよう。
「これ、最高ですよ、最高! やっばいくらい、いいクルマです」

なにがそんなによかったのだろうか?
「いや、もうなにもかも最高です。まず、加速がすごい。このクルマ、だって相当重いでしょ?」

そのとおり。車重は2540kgにも及ぶ。「やっぱり、そうですよね。でも、そのボディーをこの坂道でもぐーって加速させちゃうんですよ。エンジン、何馬力ですか?」

谷口にしては珍しくスペックに関心を持ったようだ。ちなみに6リッター W12エンジンの最高出力は635PSで最大トルクは実に900N・mに達する。ついでに記しておくと0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は333km/hと、いずれもスーパースポーツカー並みである。
「やっぱり、それくらいありますよね。だから、パワー感はもうこれで十分。これ以上あってもホイールスピンしちゃうだけですよ。ちなみに、このエンジン、NA(自然吸気)ですよね?」

 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • 「スカイアクティブX」は搭載しないんですか? 「マツダMX-30」の開発陣に話を聞いた 2020.10.16 デイリーコラム これまでのマツダ車とは異なる価値観のもと、特別な「MX」の名を冠された「MX-30」。開発にあたっての苦労話やクルマのディテールに秘められた思いなどを開発主査の竹内都美子氏とチーフデザイナーの松田陽一氏に聞いてみた。
ホームへ戻る