ベントレー・フライングスパー(後編)

2020.06.04 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「ベントレー・フライングスパー」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。後編では、その走りに加え、ドライバーを包む室内の仕立てについてもリポートする。

本当にすごいクルマ

前編ではベントレー・フライングスパーの動力性能とコーナリングを絶賛した谷口信輝。この贅(ぜい)を尽くしたブリティッシュサルーンにはどんな魅力が秘められているのか? 引き続き谷口に語ってもらおう。
「さっきも言いましたが、このクルマ、かなりのペースでもコーナーの進入でブレーキを使う必要がないんです。それくらい、強い安心感があるんですね。で、アウディもコーナリングの安心感が強いんですけど、ベントレーとアウディでは安心感は同じでもコーナリングフォームがちょっと違う。アウディって、ぐっと腰を落として路面に張り付いているみたいにコーナリングするじゃないですか。それに比べればフライングスパーのほうが腰高感はある。でも、不安感はまったくありません。サスペンションストロークもものすごく長そうなんですが、例えばストロークが10あったとしても、そのうちの6とか7とか8くらいしか使わない。絶対にフルボトムなんかさせないんですね。だから乗り心地もいいし、姿勢も安定している。本当にすごいクルマです」

私もフライングスパーのコーナリングは素晴らしいと思うが、不思議なのがホイールベースの短い「コンチネンタルGT」よりも、むしろフライングスパーのほうが機敏に走れるところにある。私がそんな疑問を口にすると、谷口はあっさりこう答えたのである。
「これ、4WSですよね?」

さすが谷口。実は新型フライングスパーはベントレーとして初めて4WSを搭載したモデルなのである。とはいえ、4WSらしさがほとんど感じられないところもフライングスパーのすごさではないか? そう聞くと「いや、変なクセはまったくありません」と谷口も太鼓判を押してくれたのである。

では、走りと並ぶベントレーのもうひとつの魅力であるインテリアについて語ってもらおう。
「このインテリア、めちゃかっこいいじゃないですか。運転席に座ってメーターパネルを見ているだけでシロメシ3杯はいけますよ」

レザーとウッドがふんだんに使われたキャビンの印象はどうか?
「いやあ、なんか高級クルーザーとかに乗っている感じですよね。2色のウッドの使い方とかオシャレだし、メッキもめちゃくちゃクオリティーが高そう。なんか、高級ガラスブランドのバカラとかが似合いそうですね」

谷口はきっと、ダイヤルなどに刻まれたダイヤモンドナーリングと呼ばれる繊細な機械加工がまるで宝飾品のように見えることからバカラの名を持ちだしたのだろう。

 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.1 試乗記 ベントレーのフラッグシップサルーン「フライングスパー」にV8モデルが登場。635PSの最高出力を誇るW12に対して、550PSとなるV8の走りとは? 印象的なボディーカラーをまとった導入記念仕様車「ファーストエディション」に試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?
  • 「ベントレー・フライングスパー」のトップモデル「フライングスパー マリナー」がデビュー 2021.8.16 自動車ニュース 英ベントレーモーターズは2021年8月12日(現地時間)、アメリカ・カリフォルニア州において、「ベントレー・フライングスパー」の最上級モデルとなる「フライングスパー マリナー」を発表した。
  • ベントレー・ベンテイガ スピード(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.21 試乗記 「ベントレー・ベンテイガ」の最新モデルでは、英国流のクラフトマンシップとデジタル技術が融合した、独自のラグジュアリーな空間が展開されている。最高出力635PSのW12ユニットを積んだ高性能バージョン「スピード」で、その世界に身をゆだねてみた。
  • フェラーリ296GTB 2021.10.14 画像・写真 2021年6月に本国で発表されたフェラーリの新型V6ミドシッププラグインハイブリッドスポーツ「296GTB」が日本に上陸。跳ね馬のエンブレムを掲げた初の6気筒ロードモデルとなる296GTBのディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る