ベントレー・フライングスパー(後編)

2020.06.04 谷口信輝の新車試乗 フルモデルチェンジした「ベントレー・フライングスパー」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。後編では、その走りに加え、ドライバーを包む室内の仕立てについてもリポートする。

本当にすごいクルマ

前編ではベントレー・フライングスパーの動力性能とコーナリングを絶賛した谷口信輝。この贅(ぜい)を尽くしたブリティッシュサルーンにはどんな魅力が秘められているのか? 引き続き谷口に語ってもらおう。
「さっきも言いましたが、このクルマ、かなりのペースでもコーナーの進入でブレーキを使う必要がないんです。それくらい、強い安心感があるんですね。で、アウディもコーナリングの安心感が強いんですけど、ベントレーとアウディでは安心感は同じでもコーナリングフォームがちょっと違う。アウディって、ぐっと腰を落として路面に張り付いているみたいにコーナリングするじゃないですか。それに比べればフライングスパーのほうが腰高感はある。でも、不安感はまったくありません。サスペンションストロークもものすごく長そうなんですが、例えばストロークが10あったとしても、そのうちの6とか7とか8くらいしか使わない。絶対にフルボトムなんかさせないんですね。だから乗り心地もいいし、姿勢も安定している。本当にすごいクルマです」

私もフライングスパーのコーナリングは素晴らしいと思うが、不思議なのがホイールベースの短い「コンチネンタルGT」よりも、むしろフライングスパーのほうが機敏に走れるところにある。私がそんな疑問を口にすると、谷口はあっさりこう答えたのである。
「これ、4WSですよね?」

さすが谷口。実は新型フライングスパーはベントレーとして初めて4WSを搭載したモデルなのである。とはいえ、4WSらしさがほとんど感じられないところもフライングスパーのすごさではないか? そう聞くと「いや、変なクセはまったくありません」と谷口も太鼓判を押してくれたのである。

では、走りと並ぶベントレーのもうひとつの魅力であるインテリアについて語ってもらおう。
「このインテリア、めちゃかっこいいじゃないですか。運転席に座ってメーターパネルを見ているだけでシロメシ3杯はいけますよ」

レザーとウッドがふんだんに使われたキャビンの印象はどうか?
「いやあ、なんか高級クルーザーとかに乗っている感じですよね。2色のウッドの使い方とかオシャレだし、メッキもめちゃくちゃクオリティーが高そう。なんか、高級ガラスブランドのバカラとかが似合いそうですね」

谷口はきっと、ダイヤルなどに刻まれたダイヤモンドナーリングと呼ばれる繊細な機械加工がまるで宝飾品のように見えることからバカラの名を持ちだしたのだろう。

 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
 
ベントレー・フライングスパー(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2020.8.25 試乗記 デビューから約5年というタイミングで、マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」。完璧の“さらに上”を目指したという大幅改良は、このラグジュアリーSUVにどのような変化をもたらしたのか? クローズドコースで実力の片りんに触れた。
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • メルセデス・ベンツGLE400d 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2020.10.20 試乗記 SUVとクーペの融合が図られた、メルセデスの個性派モデル「GLEクーペ」がフルモデルチェンジ。新型のクリーンディーゼル搭載車に試乗した筆者は、その予想外の走りっぷりと優れたユーティリティーに、大いに驚かされたのだった。
  • 「スカイアクティブX」は搭載しないんですか? 「マツダMX-30」の開発陣に話を聞いた 2020.10.16 デイリーコラム これまでのマツダ車とは異なる価値観のもと、特別な「MX」の名を冠された「MX-30」。開発にあたっての苦労話やクルマのディテールに秘められた思いなどを開発主査の竹内都美子氏とチーフデザイナーの松田陽一氏に聞いてみた。
ホームへ戻る