あの名車も復活! 映画『007』シリーズの“劇中車”に注目せよ

2020.05.29 デイリーコラム

むかしはもっとハチャメチャだった

数々の危機を乗り越えてきた伝説のスパイも、ウイルスには勝てなかった。『007』シリーズの最新作『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日公開が予定されていたが、同年11月20日に延期になったのだ。もともとは2019年11月公開のはずだったので、1年遅れである。秋にコロナ感染が再拡大しないことを願いつつ、今は待つしかない。

シリーズ25作目となるこの作品は、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品だといわれている。監督は日系アメリカ人のキャリー・ジョージ・フクナガで、主題歌を歌うのはビリー・アイリッシュ。悪役にはクリストフ・ヴァルツに加えて『ボヘミアン・ラプソディ』でフレディ・マーキュリーを演じたラミ・マレック。ボンドガールは再びの出演となるレア・セドゥと注目のキューバ美女アナ・デ・アルマスという豪華キャストだ。

そして何より気になるのは、どんなクルマが登場するかだろう。これまで数々の名車が007シリーズを彩ってきた。覚えておきたいのは、ボンドカーと呼んでいいのはMI6の秘密兵器開発を担うQによって改造されたクルマだけだということ。例えば、『007は二度死ぬ』の「トヨタ2000GT」は強いインパクトを残したものの、ボンドカーの定義からは外れる。第1作の『ドクター・ノオ』には「サンビーム・アルパイン」、第2作の『ロシアより愛をこめて』には「ベントレー4 1/4リッター」が登場するが、いずれもQの手が入っていないクルマだ。

第3作の『ゴールドフィンガー』でボンドが乗った「アストンマーティンDB5」が、正式には初めてのボンドカーである。防弾ガラス仕様なのはもちろん、マシンガンやオイル散布装置、タイヤのハブからせり出す回転刃などの攻撃装置を装備する。危機が迫ると、ボタンひとつで助手席を車外に放り出すこともできるのだ。

現実離れしているが、こういうギミックが楽しかった。ダニエル・クレイグが演じるようになってからはシリアスな展開になっているが、当初はドタバタ風味のある娯楽作だったのだ。だてなスーツ姿でシェイクのマティーニを飲み、女性にはモテモテ。スパイのくせに名前を聞かれると素直に本名を名乗る。格闘シーンでは、猫パンチを繰り出すと敵は簡単に倒れる。リアリティーなど気にしてはいないのだ。

そういう意味では、究極のボンドカーが『私を愛したスパイ』の「ロータス・エスプリ」かもしれない。敵に追いかけられて海に落ちて万事休すかと思ったら、潜水艇にトランスフォーム。水中からミサイルを発射してヘリコプターを撃ち落とすという離れ業を使った。秘密兵器の好きな男の子たちは大喜びだったに違いない。

“ボンドカー”第1号として知られる「アストンマーティンDB5」。初登場から半世紀がたった近年の作品にも、たびたび出演している。
“ボンドカー”第1号として知られる「アストンマーティンDB5」。初登場から半世紀がたった近年の作品にも、たびたび出演している。拡大
シリーズ第3作『007 ゴールドフィンガー』は、ショーン・コネリー(写真)主演で1964年に公開された。彼が寄りかかっているクルマは、もちろん「アストンマーティンDB5」。
シリーズ第3作『007 ゴールドフィンガー』は、ショーン・コネリー(写真)主演で1964年に公開された。彼が寄りかかっているクルマは、もちろん「アストンマーティンDB5」。拡大
日本車として初めて『007』シリーズに採用されたのが、当時のスーパースポーツ「トヨタ2000GT」。作品には、写真のクーペを改造したオープントップバージョンが登場した。
日本車として初めて『007』シリーズに採用されたのが、当時のスーパースポーツ「トヨタ2000GT」。作品には、写真のクーペを改造したオープントップバージョンが登場した。拡大
タイヤを収納して潜水艇のように水中を移動してみせた「ロータス・エスプリ」は、“秘密兵器”ボンドカーの究極といえるだろう。
タイヤを収納して潜水艇のように水中を移動してみせた「ロータス・エスプリ」は、“秘密兵器”ボンドカーの究極といえるだろう。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ファンティック・キャバレロ フラットトラック125(MR/6MT)【レビュー】 2019.7.13 試乗記 このほど日本でも取り扱いが開始されたイタリアのバイクメーカー、ファンティック。オフロードを得意とする同社のラインナップの中から、ダートトラックレースの競技車両をモチーフにしたという「フラットトラック125」に試乗。その出来栄えを確かめた。
  • ファンティック・キャバレロ スクランブラー500(MR/6MT)【レビュー】 2020.1.11 試乗記 イタリアのブランド・ファンティックが提案する、スタイリッシュなバイク「キャバレロ スクランブラー500」。都会の道を走らせて思い浮かんだのは、いつでも心を満たしてくれる、おいしい家庭料理だった。
  • ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド(MR/6MT)【レビュー】 2019.6.28 試乗記 単なる“おしゃれなネオクラシック”と思ったら大間違い。「ドゥカティ・スクランブラー デザートスレッド」は、ストリートでも林道でも存分に走りが楽しめる、極めてハイレベルな“万能選手”に仕上がっていた。
  • ホンダCT125ハンターカブ(MR/4MT)【レビュー】 2020.10.17 試乗記 “ハンターカブ”と呼ばれた往年の名車のイメージを受け継ぐ、ホンダの小型オートバイ「CT125ハンターカブ」。ポップでワイルドな見た目だが、実際の走りはどうか? 舗装路と未舗装路の両方で試してみた。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
ホームへ戻る