ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバー

2020.06.10 自動車ニュース
ダイハツ・タフト
ダイハツ・タフト拡大

ダイハツ工業は2020年6月10日、クロスオーバータイプの新型軽乗用車「タフト」を発表。同日、販売を開始した。

 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
 
ダイハツが新型軽乗用車「タフト」を発売 スクエアなスタイルが特徴の軽クロスオーバーの画像拡大
ブラックパック(ディーラーオプション「ダークブラックメッキパック」装着者)
ブラックパック(ディーラーオプション「ダークブラックメッキパック」装着者)拡大
クロムパック(ディーラーオプション「メッキパック」装着車)
クロムパック(ディーラーオプション「メッキパック」装着車)拡大
ホワイトパック
ホワイトパック拡大

話題の新モデルがいよいよ正式発表&発売

東京オートサロンでのコンセプトモデルの発表以来、予約受注の開始、概要の先行公開と、逐次さまざまな発表がなされてきたダイハツの軽クロスオーバーが、いよいよ発売となった。

既報の通り、軽自動車には珍しい装備や、ユーザーに対する新しい提案などがふんだんに盛り込まれたモデルとなっており、力強さを強調する四角張ったボディーのルーフには、スーパーUV&IRカット機能付きのガラスルーフ「スカイフィールトップ」を標準装備。新しいパッケージングコンセプト「Backpackスタイル」を具現する、フレキシブルに使えるラゲッジスペースも大きな特徴となっている。

特にラゲッジスペースについては、後席背もたれを倒した際に床面がフルフラットとなるだけでなく、ドアとの隙間に荷物が落ちないよう、シートバックの形状とリアドアパネルのデザインも工夫。シートバックや脱着式のフロアボードは汚れに強い樹脂製で、フロアボードを外せば、高さのある荷物も積載できるという。

一方、走行性能については、SUVらしいスタイリングに見合う必要十分な走破性能が意識されている。路面に対するクリアランスを見ると、最低地上高は190mm、アプローチアングルは27°、デパーチャーアングルは58°となっており、FFの軽として最大サイズという大径タイヤとも相まって未舗装路も安心して走行が可能。また4WD車、FF車を問わず、タイヤの空転を抑えてグリップしているタイヤに駆動力を伝え、ぬかるんだ道や凹凸路での走行を支援する「グリップサポート制御」を全車に採用している。

予防安全装置や“つながる装備”も進化

予防安全・運転支援システムの「スマートアシスト」についても改良を加えており、今回、約3年半ぶりにステレオカメラを刷新。カメラ認識処理を変更することで検知性能を向上させたほか、イメージセンサーの変更により撮像性能を高め、夜間歩行者への対応も可能とした。

もちろん機能そのものも拡充しており、衝突回避支援ブレーキの対応速度が引き上げられたほか、標識認識機能についても読み取る標識の種類が増加(従来の進入禁止に加え、最高速度と一時停止を追加)。路側逸脱警報、ふらつき警報などの新機能も追加され、予防安全機能の数は全17種類となった。

またアダプティブクルーズコントロール(ACC)については、ダイハツ初となる電動パーキングブレーキの採用により、停車中の持続的なホールドを実現。ACCはターボ車に標準装備されるほか、自然吸気モデルの上級グレードにもオプションで用意される。

このほかにも、「ロッキー」から導入が進められているコネクテッド機能「ダイハツコネクト」を、軽自動車として初採用。同システムに対応する6.8インチと9インチのディスプレイオーディオ(メーカーオプション)は、従来のSmartDeviceLinkとApple CarPlayに加え、新たにAndroid Autoにも対応している。

キャラクターの異なる3つのスタイルパックを設定

グレードは「X」「G」「Gターボ」の3種類。ボディーカラーは「道具感にこだわった」という全9色で、特に自然界にあるものをイメージしたという「レイクブルーメタリック」「フォレストカーキメタリック」「サンドベージュメタリック」の3色が特徴的だ。

またメーカーオプションとして、より個性を際立たせるスタイルパックを設定。ブラックの樹脂パーツとガンメタリックのホイールを組み合わせた「ブラックパック」、メッキのアウタードアハンドルとシルバーのアルミホイールを組み合わせた「クロムパック」、ホワイトのドアミラーカバーやドアアウターハンドル、スチールホイールからなる「ホワイトパック」の3種類を用意している。

価格は以下の通り。

  • X:135万3000円(FF)/147万9500円(4WD)
  • G:148万5000円(FF)/161万1500円(4WD)
  • Gターボ:160万6000円(FF)/173万2500円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
タフト, ダイハツ, 自動車ニュース

ダイハツ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
  • マツダ2 XDホワイトコンフォート(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.2 試乗記 「デミオ」からグローバルネームに改名された「マツダ2」の特別仕様車「White Comfort(ホワイトコンフォート)」に試乗。ライバルが相次いで新世代に移行するなか、Bセグメント唯一のディーゼル搭載車たる独自の存在感をあらためて確認した。
  • プジョーSUV 2008 GTライン(FF/8AT)【試乗記】 2020.10.10 試乗記 プジョーのBセグメントSUVが2代目に進化。車名も新たに「SUV 2008」となって私たちの前に現れた。強豪ひしめくコンパクトSUV市場にプジョーが投入したニューモデルは、ベースとなった「208」の魅力をどこまで引き継いでいるのか? その出来栄えを確かめた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • トヨタ・ヤリス クロス ハイブリッドZ/ヤリス クロス ハイブリッドG/ヤリス クロスG【試乗記】 2020.9.26 試乗記 「トヨタ・ヤリス」の派生モデルとなるコンパクトクロスオーバー「ヤリス クロス」に公道で初試乗。同門の「ライズ」と「C-HR」の間に位置するポジションは、国内外を問わず多くの競合車がしのぎを削る超激戦区だ。全世界が注目するその出来栄えは?
ホームへ戻る