第220回:希望を描く『明日なき暴走』ミュージカル
『カセットテープ・ダイアリーズ』

2020.07.03 読んでますカー、観てますカー

豊作続きの音楽映画

『カセットテープ・ダイアリーズ』は、本来4月17日公開予定だった映画である。緊急事態宣言で映画館が閉鎖されて延期になっていたわけだが、ようやく観られるようになったことは喜ばしい。この作品は困難な社会状況が背景となっているが、未来を信じる人々によって最後に希望が示される。こういう時期にこそ観られるべき映画なのだ。

このところ、音楽映画が豊作である。2018年には『ボヘミアン・ラプソディ』と『アリー スター誕生』『COLD WAR あの歌、2つの心』、昨2019年は『ロケットマン』と『イエスタデイ』が公開された。日本映画でも『さよならくちびる』や『蜜蜂と遠雷』といった秀作が続いている。実在のミュージシャンを扱った作品がヒットしたことで、過去の名作が再び脚光を浴びるという現象も起きた。

『カセットテープ・ダイアリーズ』がフィーチャーするのは、ブルース・スプリングスティーン。ただし、本人を扱った伝記映画ではない。主人公はイギリスの田舎町に暮らすパキスタン系の青年で、1987年の出来事が描かれる。この微妙な設定が重要なのだ。地域的にも時代的にも、ブルース・スプリングスティーンのメインステージではない。

彼は1970年代の初めにデビューし、骨太なロックの旗手としてヒット曲を連発する。『明日なき暴走』を聞いて人生が変わったという人も多いだろう。日本の音楽界にも多大な影響を及ぼした。S、O、N、Hなどの面々は、オマージュをささげすぎて歌詞やメロディーが本家とほぼ同一になってしまうという黒歴史を持っている。

(C)BIF Bruce Limited 2019
(C)BIF Bruce Limited 2019拡大
 
第220回:希望を描く『明日なき暴走』ミュージカル『カセットテープ・ダイアリーズ』の画像拡大
 
第220回:希望を描く『明日なき暴走』ミュージカル『カセットテープ・ダイアリーズ』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事