第663回:大矢アキオを育てた“教室” 2年連続中止のジュネーブショーはどこへ行く

2020.07.10 マッキナ あらモーダ!

開催権を売却

毎年恒例となっていたジュネーブモーターショーの先行きが極めて不透明だ。

2020年6月29日、ジュネーブ国際モーターショー財団委員会および理事会は、2021年のショーを開催しないことを発表した。加えて、ショーの開催権を、展示会場であるパレクスポ社に売却することも示唆した。

今回の発表を前に、財団委員会と理事会は出展社を対象に調査を実施。大多数の出展社から、2022年からの復帰を希望しているものの、2021年のショーにはおそらく出展しないとの回答を得たという。

その結果を受けて「現在、自動車業界は大きな危機に直面しており、ショーに投資する前に、時間を必要としている」と分析。「新型コロナウイルスの感染状況が予想できないなか、2021年3月に60万人超の来場者と1万人以上の報道関係者を集めるショーを催せるかが確実ではない」との結論に至った。

資金調達に関する紆余(うよ)曲折もあった。2020年3月のショーは、スイス連邦政府が定めた大規模催事禁止基準に従うかたちで、2月28日に中止が発表された。

中止決定直後に財団は、ジュネーブ州に対して1100万スイスフラン(約12億5000万円)の損失補てんと、2021年度の財政支援を要請。6月初旬には1680万スイスフラン(約19億円)の融資が承認された。

しかし融資の条件のひとつとして、2021年6月までに100万スイスフラン(約1億1400万円)を返済することが定められていた。

2021年のショーの開催を不可能と結論づけた今、出展各社からの出展料収入が見込めないことから、財団は「残念ながら、この(融資)提案を断らざるを得ないことになった」という。

そうした中で財団は、ジュネーブショーの開催権を展示会場であるパレクスポ社に優先的に売却提案することを決定した。財団はショーを「スイス最大のパブリックイベントであり、ジュネーブ州に年間約2億スイスフラン(約228億円)の経済効果をもたらす」ことを強調している。

この提案に対してパレクスポ社は、決して消極的な姿勢ではないようだ。

7月3日付の『オートモーティブ・ニュース・ヨーロッパ電子版』が伝えるところによると、パレクスポ社は早期に開催権の買収を実現して2021年のショーを実現する意欲を見せている。「2022年まで待つのはリスクが高すぎる」というのが、その理由だ。

2021年にショーが開催できるか否かは、パレクスポ社が自動車メーカーを説き伏せるに足る、確たるデータをいかに用意するかにかかっているといえよう。

2010年のジュネーブモーターショー会場におけるシトロエンブースで。
2010年のジュネーブモーターショー会場におけるシトロエンブースで。拡大
以下もジュネーブショーで撮影した写真から。筆者が初めて訪れた2003年にアルファ・ロメオが公開したSUVコンセプト「カマル」。
以下もジュネーブショーで撮影した写真から。筆者が初めて訪れた2003年にアルファ・ロメオが公開したSUVコンセプト「カマル」。拡大
2003年のショーで公開された2代目「フィアット・パンダ」。この時点では「ジンゴ」の名称が与えられていた。だが直後にルノーから「トゥインゴ」と混同されるとの抗議を受け、生産型ではパンダに改められた。
2003年のショーで公開された2代目「フィアット・パンダ」。この時点では「ジンゴ」の名称が与えられていた。だが直後にルノーから「トゥインゴ」と混同されるとの抗議を受け、生産型ではパンダに改められた。拡大
2003年、筆者にとって初のジュネーブショー詣でには、当時の自家用車だった1998年式「フィアット・ブラーバ」を駆り、モンブランを越えて行った。
2003年、筆者にとって初のジュネーブショー詣でには、当時の自家用車だった1998年式「フィアット・ブラーバ」を駆り、モンブランを越えて行った。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事