メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用

2020.07.17 自動車ニュース
メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+
メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+拡大

メルセデス・ベンツ日本は2020年7月17日、高性能スポーツモデル「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」に一部改良を実施し、同日販売を開始した。

 
メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用の画像拡大
 
メルセデスが「AMG GT 4ドアクーペ」を一部改良 自然な音声操作が可能なMBUXを採用の画像拡大

メルセデスAMG GT 4ドアクーペは、メルセデスのハイパフォーマンスモデルを手がけるメルセデスAMGが、ボディーから独自に開発したオリジナルの高性能スポーツモデルである。

今回の一部改良では、自然対話式音声認識機能を備えた対話型インフォテインメントシステム「MBUX(メルセデス・ベンツ ユーザーエクスペリエンス)」を全グレードに標準で採用。より会話に近い、自然な言葉使いでの音声操作を可能にした。

また、V6モデルの「GT43」と「GT53」には、室内温度に影響の少ない断熱強化ガラスを用いたパノラミックルーフを、最上級モデル「GT63 S」には、レーシングカーにも採用される軽量・高剛性なカーボンファイバールーフをオプション設定。夜間のドアの開閉に足元を照らすブランドプロジェクターライトを、GT63 Sに標準で、その他のグレードにオプションで採用した。

このほかにも、ボディーカラーには「ハイテックシルバー」を追加設定している。

価格は以下の通り。

  • メルセデスAMG GT43 4MATIC+:1216万円
  • メルセデスAMG GT53 4MATIC+:1647万円
  • メルセデスAMG GT63 S 4MATIC+:2437万円

(webCG)

関連キーワード:
AMG GT 4ドアクーペ, メルセデス・ベンツ, 自動車ニュース

メルセデス・ベンツ AMG GT 4ドアクーペ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 2018.3.8 画像・写真 独ダイムラーが、ジュネーブショーで「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を発表。メルセデスAMG独自の4ドアクーペで435hpの直6ターボから639 hpのV8ターボまで、3種類のエンジンがラインナップされている。詳細な姿を写真で紹介する。
  • 「メルセデス・ベンツCLS」がマイナーチェンジ フロントデザインを変更 2021.9.9 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2021年9月9日、4ドアクーペ「メルセデス・ベンツCLS」のマイナーチェンジモデルの国内導入を発表し、予約注文受け付けを開始した。フロントまわりのデザインを変更したほか、装備の追加によって快適性の向上を図っている。
  • アウディS3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2021.8.30 試乗記 1リッターエンジン搭載車が評判の新型「アウディA3」だが、同じコンパクトボディーにハイパワーな2リッターターボエンジンと4WDシステムを詰め込んだ「S3」は、やはり格別だ。ことに端正なフォルムが自慢の「セダン」は、まさに隙のない一台に仕上がっている。
  • 日産が「GT-R」の2022年モデルを発表 特別仕様車「T-spec」を合計100台限定で発売 2021.9.14 自動車ニュース 日産自動車は2021年9月14日、ハイパフォーマンスモデル「日産GT-R」の2022年モデルと、同車をベースとする2種類の特別仕様車「プレミアムエディションT-spec」および「トラックエディションengineered by NISMO T-spec」を発表した。
  • ランドローバー・ディスカバリーSE D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.7 試乗記 新型「ディフェンダー」のヒットによって立場が微妙になったのが同じランドローバーの「ディスカバリー」だ。ただし、新たに直6エンジンを搭載した最新モデルに乗ってみると、むしろ積極的に選びたくなるほどの魅力にあふれていた。
ホームへ戻る