これもひとつのガラパゴス!? 日本車ばかりがCVTを採用する不思議

2020.07.29 デイリーコラム

モード燃費を稼げるCVT

「ラバーバンドフィールなどと評され、ジャーナリストをはじめクルマ好きの方々には敬遠されることの多いCVTですが、それでも日本のメーカーの多くが採用し続けているのはなぜですか」

これが編集部から投げかけられたお題だった。その答えは至ってシンプル。“燃費がいい”からだ。

CVT(Continuously Variable Transmission)とは、ギア(歯車)がなく、ベルトとプーリーで無段階に変速するオートマチックトランスミッションのこと。ギアがないということは変速ショックがなく、またドライバーのアクセル操作にフレキシブルに反応したり、エンジンの効率のいい領域を使っての走行を可能にしたりと、燃費性能に優れている。

特にかつての10・15やJC08など、日本独自のモード燃費の数値を稼ぐためにCVTは物理的に有利であり、それが日本のメーカーが多く採用してきた最大の理由だ。

一方でエンジン回転だけが先に上がって速度がついてこないというCVT特有のラバーバンドフィーリングを伴うため、ドライバビリティーを重視する欧州などでは敬遠されがちだ。ベルトでトルクを伝達する構造ゆえ、大トルクには向いていないという基本特性もあり、CVTは小排気量車が多く採用する傾向にある。かの地ではデュアルクラッチ式AT(DCT)やトルコンATなどが主流になっており、それがCVTはガラパゴス化していると言われるゆえんだろう。

日本で一番売れているクルマの「ホンダN-BOX」も変速機はCVTだ。
日本で一番売れているクルマの「ホンダN-BOX」も変速機はCVTだ。拡大
アウディはかつてFFモデルに「マルチトロニック」と名付けたCVTを搭載していたが、現在はCVT車をラインナップしていない。
アウディはかつてFFモデルに「マルチトロニック」と名付けたCVTを搭載していたが、現在はCVT車をラインナップしていない。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事