100%電気自動車「DS 3クロスバックE-TENSE」が日本上陸

2020.07.29 自動車ニュース
DS 3クロスバックE-TENSE(イーテンス)
DS 3クロスバックE-TENSE(イーテンス)拡大

グループPSAジャパンは2020年7月29日、コンパクトSUV「DS 3クロスバック」のEVバージョン「E-TENSE(イーテンス)」の日本導入を正式に発表。同日、販売を開始した。

「DS 3クロスバックE-TENSE」は、2019年10月に発表されたDSブランド車初の市販ピュアEV。グループPSAの完全電動化コンパクトプラットフォーム「eCMP」を採用している。
「DS 3クロスバックE-TENSE」は、2019年10月に発表されたDSブランド車初の市販ピュアEV。グループPSAの完全電動化コンパクトプラットフォーム「eCMP」を採用している。拡大
「E-TENSE」エンブレムがフロントに備わる。E-TENSEは、DSブランドの電動化モデルに広く用いられるネーミングである。
「E-TENSE」エンブレムがフロントに備わる。E-TENSEは、DSブランドの電動化モデルに広く用いられるネーミングである。拡大
容量50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。バッテリーには8年間または16万km走行の保証が備わる。
容量50kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載。バッテリーには8年間または16万km走行の保証が備わる。拡大
ダイヤモンドデザインと呼ばれるレザーのダッシュボードが特徴的な「DS 3クロスバックE-TENSE」のインテリア。
ダイヤモンドデザインと呼ばれるレザーのダッシュボードが特徴的な「DS 3クロスバックE-TENSE」のインテリア。拡大
「ノーマル」「エコ」「スポーツ」の3つのドライブモードを搭載。シフトレバーにも「E-TENSE」マークが入っている。
「ノーマル」「エコ」「スポーツ」の3つのドライブモードを搭載。シフトレバーにも「E-TENSE」マークが入っている。拡大
200Vのコンセント型普通充電が標準装備となる。同充電機を使用すると満充電までの所要時間は約18時間。
200Vのコンセント型普通充電が標準装備となる。同充電機を使用すると満充電までの所要時間は約18時間。拡大
一充電あたりの航続距離は、JC08モードで398km、欧州WLTPモードで320kmと発表されている。
一充電あたりの航続距離は、JC08モードで398km、欧州WLTPモードで320kmと発表されている。拡大

DS 3クロスバックE-TENSEは、2020年6月24日に日本での発売が予告されていたDSブランド初となる100%電気自動車(関連記事:「DS 3クロスバック」のピュアEV「E-TENSE」が日本導入)。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4120×1790×1550mm、ホイールベース=2560mmで、車重は1580kgとなる。グループPSAの完全電動化コンパクトプラットフォーム「eCMP」を採用している。

パワーユニットは最高出力136PS、最大トルク260N・mの電気モーターと容量50kWhのリチウムイオンバッテリーを中心に構成。一充電あたりの航続可能距離はJC08モードで398km、欧州WLTPモードで320kmと発表されている。

満充電までの所要時間は、標準装備されるコンセント型普通充電(3kW/15A/200V)で約18時間、ウオールボックス型普通充電(6kW/200V)で約9時間。日本における急速充電のスタンダードといえるCHAdeMO規格にも対応しており、50kWのチャージャーを使った場合、約50分でバッテリー容量の80%まで充電できる。

8年間または16万km走行のバッテリー保証に加え、「DSアシスタンス」と呼ばれる年会費無料のサポートやEV専用メンテナンスプログラムが備わり、さらに延長保証プログラムも用意。また、DS 3クロスバックE-TENSEの導入に伴い、全国のDSオートモビル正規販売店には充電器が配備される。

iOSおよびAndroid OSに対応するスマートフォンアプリ「My DS」もアップデートされ、リモートチャージングとプリコンディショニングの操作が可能に。前者では充電状況の確認(ON/OFF、普通・急速充電、充電レベル、速度、満充電までの所要時間)と、設定した時間に充電を開始する充電予約が行える。後者では遠隔で車内のエアコンを作動させ、乗車前に快適な温度にすることができる。

日本でのラインナップは「ソーシック」と「グランシック」の2つ。パワートレインは両モデルとも共通で、トリムや装備が異なる。ソーシックは17インチの、グランシックは18インチのホイールを採用、さらにグランシックでは「DSマトリクスLEDビジョン」ヘッドランプが標準装備となる。

インテリアではソーシックがブロンズダッシュボードにブロンズファブリックシートの「BASTILLE(バスチーユ)」、グランシックがダイヤモンドステッチパールグレーレザーダッシュボードに同ステアリングホイール、パールグレーナッパレザー&ホワイトファブリックシートの「RIVOLI(リヴォリ)」を採用している。

運転支援装備においては、アクティブクルーズコントロールやトラフィックジャムアシスト、レーンポジショニングキープなどを盛り込んだ「DSドライブアシスト」やアクティブブラインドスポットモニター、インテリジェントハイビーム、トラフィックサインインフォメーションなどをグランシックに標準装備する。

価格はソーシックが499万円、グランシックが534万円。ソーシックは受注生産となる。

(webCG)

関連キーワード:
DS 3クロスバック, DS, シトロエン, DS3, DS 3, 自動車ニュース

DS DS 3クロスバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.9.11 試乗記 プレミアムブランドを志向するDSが、新たなクロスオーバーSUV「DS 3クロスバック」を送り込んできた。キラキラとしたヘッドランプや複雑な面構成のボディーパネルなど、ディテールへのこだわりはひと目で分かるものの、肝心のクルマとしての出来栄えはどうなのか。370km余りを後にした結論は!?
  • DS 3クロスバック グランシック(FF/8AT)【試乗記】 2019.8.19 試乗記 フランス発のプレミアムブランドDSがリリースした、新しいコンパクトSUV「DS 3クロスバック」。かの地における芸術の歴史と文化をクルマという形で体現したとされるニューモデルは、似るもののない孤高の存在に仕上がっていた。
  • DS 3クロスバックE-TENSEグランシック(FWD)【試乗記】 2021.2.13 試乗記 フランス生まれの都市型EV「DS 3クロスバックE-TENSE」が上陸。DSブランドならではの先進技術とエレガンスを注ぎ込んだというコンパクトSUVは、どんな走りを味わわせてくれるのか? 上級グレード「グランシック」で試した。
  • プジョー3008 GTハイブリッド4(4WD/8AT)【試乗記】 2021.4.20 試乗記 プジョーの人気SUV「3008」にプラグインハイブリッドモデルの「GTハイブリッド4」が登場。プジョー史上最強をうたう最高出力300PS、最大トルク520N・mの電動4WDパワートレインの仕上がりを試してみた。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る