メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(前編)

2020.08.06 谷口信輝の新車試乗 2020年春に国内でのデリバリーが開始された「メルセデス・ベンツEQC」。メルセデスのクルマづくりに関心の高い谷口信輝は、同ブランドからリリースされた電気自動車(EV)をどのように評価する?

独自性のあるEV

「いいクルマですねえ」

メルセデス・ベンツ初の量産EVであるEQCの試乗を終えた谷口信輝は、しみじみとした調子でそう語った。

元D1レーサーにしてSUPER GTでもチャンピオンに輝いた経験を持ち、自ら「クルマ好き」を公言してはばからない谷口だが、この連載をご愛読いただいている皆さんであればご存じのとおり、EVにも並々ならぬ関心を抱いていて、はた目には「いまにもEVを買いそう」に思えてならない。当然、このEQCにもそれなりの期待を抱いて試乗したようだ。
「モーターの走りって、やっぱり独特ですよね。いくらクルマのエンジンが静かになったといっても、モーターの静かさとはやっぱり違います」

騒音の低いEVが低速で走行していると歩行者が気づきにくい恐れがあるため、車両が近づいていることを知らせる「車両接近通報装置」の装着が義務づけられていることは広く知られている。それ以外にもモーターやインバーターの作動音など、EVも決して無音なわけではないが、それでもエンジン車に比べればはるかに静かだし、走行音がエンジン車と大きく異なることも事実だ。
「たしかに、一応モーター音はしますよね。ヒュイーンって。あとは、加速感も滑らかで、どこかエンジン車とは違います」

そのいっぽうで、EQC独自のキャラクターにも谷口は注目しているようだった。
「同じEVでも、例えばテスラとかはルディクラスモード(Ludicrousは“バカげた”の意味)があって、恐ろしい勢いで加速するじゃないですか。あれって、本来はスムーズなEVにわざとトゲを作っているようなものだと思います。まあ、僕はそういう刺激も好きなんですが、EQCにはそういうトゲが一切ない。でも、だからといって物足りないかといえばそんなことなくて、上り坂でもすーっと加速していくし、十分にパンチがあると思います。ドライバーが『これくらいは欲しいよね』と思っているレベルの、ちょっと上をいくくらいの加速感はある。だから十分に速いですよね」

 
メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(前編)の画像拡大
 
メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マイナーチェンジした「メルセデス・ベンツEクラス」日本上陸 2020.9.10 自動車ニュース マイナーチェンジが施された最新型「メルセデス・ベンツEクラス/Eクラス ステーションワゴン/Eクラス オールテレイン」が上陸。2020年9月10日、予約注文の受け付けが開始された。デリバリーは、同年9月から順次行われる。
  • メルセデス・ベンツEQC400 4MATIC(4WD)【試乗記】 2019.12.26 試乗記 エンジン車にそん色のない機能性と、電動4WDならではの新しいドライブフィール……。メルセデス・ベンツがリリースしたブランド初の電気自動車「EQC」には、“エコ”以外の点でも積極的に選ばれるに足る、高い商品力が備わっていた。
  • メルセデス・マイバッハS560 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.18 試乗記 マイナーチェンジを受けた「メルセデス・マイバッハSクラス」に試乗。技術の粋を集めた最上のラグジュアリーサルーンの、進化の度合いを測るとともに、メルセデスが目指した方向性を探った。
  • 第4回:ポルシェ911カレラRS 2.7 2017.3.30 スーパーカークロニクル 本来、「ポルシェ911」をスーパーカーの仲間に入れるべきではないだろう。しかしブームの真っただ中、「ロータス・ヨーロッパ」の宿敵として描かれた「ナナサンカレラ」だけは別だ。グループ4のホモロゲーションモデルの実力は、40年以上たった今もなお鮮烈だ。
  • フェラーリの4シーターオープンが進化 「ポルトフィーノM」登場 2020.9.17 自動車ニュース 伊フェラーリは2020年9月16日(現地時間)、オープントップ2+2シータースポーツ「ポルトフィーノ」の進化版となるニューモデル「ポルトフィーノM」を発表した。
ホームへ戻る