これからの時代の“小さな高級車” 「ホンダe」に込められた未来への提案とは?

2020.08.14 デイリーコラム

“未来のクルマ”ってホントにこれでいいの?

読者諸兄姉の皆さまは、「EF200形」という電車をご存じだろうか? 1990年に登場した、JR貨物の直流電気機関車である。

「……いや、今回は『ホンダe』の話じゃないの?」と思った御仁、しばし待たれよ。ブラウザバックはまだ早い(汗)。あらためましてこの機関車、時にJR最強と評されたほどの怪力が自慢で、定格出力は実に6000kW! ひところは高速・大量輸送時代の旗手として期待されたのだが、実際には本領を発揮することなく、2019年3月に最後の1両が引退したそうな。不遇の理由は、そもそも沿線の変電所にこの機関車を運用できるだけの容量がなかったこと、そして想像されたような高速・大量輸送時代が訪れなかったことだった。

なんでこんな話をしたかというと、EVかいわいでもこれと似たようなコトが起きてる気がするからだ。「エンジン車みたいにEVを使いたい!」からと、一般家庭の生活を1週間はまかなえるほどの超巨大バッテリーを積み、「充電に時間がかかるのはイヤ!」と言っては、250kWや350kWといったオバケ充電器を開発する。そんなものが林立した日にゃ地域の電力網は大混乱。送電線に変電所、ひいては発電所まで巻き込んだインフラの再構築が必要だろう。札束で山野を削ればできなくはないが、それって“これからの時代”にふさわしい電気の使い方なの? ボクはただ、移動したいだけなのに。

燃料電池車(FCV)よりシンプルで、既存のインフラを活用できるスマートさが魅力だったはずなのに、なんか20世紀的物欲の権化と化してませんか。

昨今はやりの高性能EVのニュースに対する、記者の率直な感想がコレである。だったらアンタの理想とする未来のクルマはなんなのさ? と問われれば、そんなもんはないというのが回答です。それこそ適材適所。短距離しか移動しないのならEV。頻繁に遠出する人はFCV。使用燃料や使い方次第では、内燃機関車だって最良の選択肢だろう。

かような「自動車のベストミックス」こそ理想と考える記者にとって、ホンダeは気になる存在だった。航続距離はおよそ300km。欧米の恐竜的EVに対する、小さくて大きな挑戦状だ。

ホンダが発表した都市型EVコミューター「ホンダe」。一見するとただのかわいいコンパクトカーだが、その中には、これからの時代に対する提案が満載されている。
ホンダが発表した都市型EVコミューター「ホンダe」。一見するとただのかわいいコンパクトカーだが、その中には、これからの時代に対する提案が満載されている。拡大
取材会場に展示された「ホンダe」と、同車のランニングシャシー。ホンダeは2020年8月中の日本正式発表が予定されている。
取材会場に展示された「ホンダe」と、同車のランニングシャシー。ホンダeは2020年8月中の日本正式発表が予定されている。拡大
貴重な「ホンダe」のランニングシャシー。同車には新開発のEV専用プラットフォームが採用されている。
貴重な「ホンダe」のランニングシャシー。同車には新開発のEV専用プラットフォームが採用されている。拡大
床下に敷かれたリチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWh。一充電走行可能距離は、WLTCモードで283kmだ。
床下に敷かれたリチウムイオンバッテリーの容量は35.5kWh。一充電走行可能距離は、WLTCモードで283kmだ。拡大
テールゲートに貼られた「Honda e」のバッジ。ホンダの電気自動車だから「ホンダe」。シンプルだが、冷静に考えたら相当に気合の入った車名だろう。
テールゲートに貼られた「Honda e」のバッジ。ホンダの電気自動車だから「ホンダe」。シンプルだが、冷静に考えたら相当に気合の入った車名だろう。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.9.19 試乗記 ホンダの新しい電気自動車「ホンダe」に試乗。すでに報じられている通り、その実態は航続距離や居住性をほどほどのところで割り切った都市型コミューターだ。市街地と高速道路主体にドライブした印象をリポートする。
  • あまりに罪つくりな電気自動車「ホンダe」に試乗した 2020.9.9 デイリーコラム かわいいデザインで話題の「ホンダe」に、2020年10月30日の発売を前に乗れるチャンスがやってきた。与えられた試乗時間はわずか30分。渋滞気味の都内一般道で得られた感触をリポートする。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.10 試乗記 「史上最速の『Eクラス』」をうたう「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」がマイナーチェンジ。動力性能は据え置きながら、デジタル系装備が長足の進化を遂げているのが特徴だ。最新のユーザーインターフェイスや対話型音声認識システムの仕上がりを報告する。
ホームへ戻る