第187回:人間いたるところ青山あり

2020.08.18 カーマニア人間国宝への道

あまりのデカさに心底驚く

私は内燃機関にこだわっております。ハイブリッドまではオッケーだけど、BEV(バッテリー式電気自動車)は死ぬまで買うことはないだろう。なぜって、電気モーターには多様性がないから! 多様性がないものに趣味性があるはずない! 今のところそう考えております。

そんな内燃機関にこだわるカーマニアとして、メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンは、現時点における内燃機関のひとつの頂点と申しましょうか。あまりにもウルトラスムーズで、もはや「ねっとり回る」とでも言うべきあの感覚。ああいうのは電気モーターじゃ死んでもムリ!

ただ私は、そんなメルセデスの新型直6に、「S400d」にチョイ乗りしただけで、じっくり乗ったことがない。

そこでメルセデス・ベンツ日本様にご相談申し上げたところ、「Sクラスの広報車はもうないのですが、同じエンジンを搭載した『GLS400d』ならございます」とのことでしたので、そちらに試乗させていただくことになりました。

GLSの実物が目の前に現れた時は、あまりのデカさに心底驚いた。まさに「なんじゃこりゃ~~~~~!」。これはゾウだ。白象だ。ゾウさんゾウさんお鼻が長いのね! でもお鼻も長いというよりデカいのね!

いったいどのくらいデカいのかとスペックを調べたら、全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm。思ったよりデカくない……。

つまりデザインのせいで、実際よりかなりデカく感じるようだ。このボワ~ンとしたボディー全体を包む曲面と、白という膨張色が、車体をとてつもなくデカく感じさせるのであろう。

メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンの実力を味わうべく、「GLS400d 4MATIC」に試乗。最新のGLSは2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2020年3月に国内販売が開始された。
メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンの実力を味わうべく、「GLS400d 4MATIC」に試乗。最新のGLSは2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2020年3月に国内販売が開始された。拡大
「GLS400d 4MATIC」のフロントに鎮座する2.9リッター直6ディーゼルエンジン。「OM656」と呼ばれるパワーユニットで、ほかに「S400d」や「GLE400d」などにも搭載されている。
「GLS400d 4MATIC」のフロントに鎮座する2.9リッター直6ディーゼルエンジン。「OM656」と呼ばれるパワーユニットで、ほかに「S400d」や「GLE400d」などにも搭載されている。拡大
3列シート7人乗りのキャビンを有す「GLS」は、メルセデスの現行SUVで最大のボディーサイズ。全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm、ホイールベース=3135mmの堂々とした体格である。
3列シート7人乗りのキャビンを有す「GLS」は、メルセデスの現行SUVで最大のボディーサイズ。全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm、ホイールベース=3135mmの堂々とした体格である。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

メルセデス・ベンツ GLS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る