第187回:人間いたるところ青山あり

2020.08.18 カーマニア人間国宝への道

あまりのデカさに心底驚く

私は内燃機関にこだわっております。ハイブリッドまではオッケーだけど、BEV(バッテリー式電気自動車)は死ぬまで買うことはないだろう。なぜって、電気モーターには多様性がないから! 多様性がないものに趣味性があるはずない! 今のところそう考えております。

そんな内燃機関にこだわるカーマニアとして、メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンは、現時点における内燃機関のひとつの頂点と申しましょうか。あまりにもウルトラスムーズで、もはや「ねっとり回る」とでも言うべきあの感覚。ああいうのは電気モーターじゃ死んでもムリ!

ただ私は、そんなメルセデスの新型直6に、「S400d」にチョイ乗りしただけで、じっくり乗ったことがない。

そこでメルセデス・ベンツ日本様にご相談申し上げたところ、「Sクラスの広報車はもうないのですが、同じエンジンを搭載した『GLS400d』ならございます」とのことでしたので、そちらに試乗させていただくことになりました。

GLSの実物が目の前に現れた時は、あまりのデカさに心底驚いた。まさに「なんじゃこりゃ~~~~~!」。これはゾウだ。白象だ。ゾウさんゾウさんお鼻が長いのね! でもお鼻も長いというよりデカいのね!

いったいどのくらいデカいのかとスペックを調べたら、全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm。思ったよりデカくない……。

つまりデザインのせいで、実際よりかなりデカく感じるようだ。このボワ~ンとしたボディー全体を包む曲面と、白という膨張色が、車体をとてつもなくデカく感じさせるのであろう。

メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンの実力を味わうべく、「GLS400d 4MATIC」に試乗。最新のGLSは2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2020年3月に国内販売が開始された。
メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンの実力を味わうべく、「GLS400d 4MATIC」に試乗。最新のGLSは2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2020年3月に国内販売が開始された。拡大
「GLS400d 4MATIC」のフロントに鎮座する2.9リッター直6ディーゼルエンジン。「OM656」と呼ばれるパワーユニットで、ほかに「S400d」や「GLE400d」などにも搭載されている。
「GLS400d 4MATIC」のフロントに鎮座する2.9リッター直6ディーゼルエンジン。「OM656」と呼ばれるパワーユニットで、ほかに「S400d」や「GLE400d」などにも搭載されている。拡大
3列シート7人乗りのキャビンを有す「GLS」は、メルセデスの現行SUVで最大のボディーサイズ。全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm、ホイールベース=3135mmの堂々とした体格である。
3列シート7人乗りのキャビンを有す「GLS」は、メルセデスの現行SUVで最大のボディーサイズ。全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm、ホイールベース=3135mmの堂々とした体格である。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

メルセデス・ベンツ GLS の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツGLS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2020.6.15 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップSUV「GLS」がフルモデルチェンジ。クリーンディーゼルエンジンを搭載する最新型はどんなクルマに仕上がっているのか、3列シートの使い勝手を含めリポートする。
  • メルセデスAMG GLS63 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2016.6.28 試乗記 マイナーチェンジを機に、「GLクラス」から「GLS」へと名を変えて登場した、メルセデス・ベンツの最上級SUV。その中でも最強のパフォーマンスが与えられた、AMG仕様の走行性能や乗り心地を報告する。
  • ランドローバー・レンジローバーFifty(4WD/8AT)【試乗記】 2021.6.21 試乗記 ランドローバーの旗艦「レンジローバー」がデビュー50周年を迎えた。世界限定1970台の「Fifty(フィフティー)」は、このアニバーサリーを祝う特別なモデルだ。コマンドポジションの運転席に収まり、砂漠のロールス・ロイスが駆け抜けた偉大なる半世紀に思いをはせた。
  • メルセデス・ベンツGLS580 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2021.5.17 試乗記 「メルセデス・ベンツGLS」は単なる高級車にあらず! いや、第一級のラグジュアリーSUVであるのは当然として、凝りに凝ったアイテムによる高い悪路走破性も隠し持っているのだ。ラグジュアリーなオフローダーの仕上がりやいかに!?
  • メルセデス・ベンツGLS350d 4MATICスポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.3.3 試乗記 全長5.1m、車重2.6tの堂々たるボディーが自慢の「メルセデス・ベンツGLS」。その中から3リッターV6ディーゼルターボを搭載する「GLS350d 4MATICスポーツ」に試乗。このモデルでしか味わえない“常識はずれ”の魅力に触れた。
ホームへ戻る