クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

第187回:人間いたるところ青山あり

2020.08.18 カーマニア人間国宝への道

あまりのデカさに心底驚く

私は内燃機関にこだわっております。ハイブリッドまではオッケーだけど、BEV(バッテリー式電気自動車)は死ぬまで買うことはないだろう。なぜって、電気モーターには多様性がないから! 多様性がないものに趣味性があるはずない! 今のところそう考えております。

そんな内燃機関にこだわるカーマニアとして、メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンは、現時点における内燃機関のひとつの頂点と申しましょうか。あまりにもウルトラスムーズで、もはや「ねっとり回る」とでも言うべきあの感覚。ああいうのは電気モーターじゃ死んでもムリ!

ただ私は、そんなメルセデスの新型直6に、「S400d」にチョイ乗りしただけで、じっくり乗ったことがない。

そこでメルセデス・ベンツ日本様にご相談申し上げたところ、「Sクラスの広報車はもうないのですが、同じエンジンを搭載した『GLS400d』ならございます」とのことでしたので、そちらに試乗させていただくことになりました。

GLSの実物が目の前に現れた時は、あまりのデカさに心底驚いた。まさに「なんじゃこりゃ~~~~~!」。これはゾウだ。白象だ。ゾウさんゾウさんお鼻が長いのね! でもお鼻も長いというよりデカいのね!

いったいどのくらいデカいのかとスペックを調べたら、全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm。思ったよりデカくない……。

つまりデザインのせいで、実際よりかなりデカく感じるようだ。このボワ~ンとしたボディー全体を包む曲面と、白という膨張色が、車体をとてつもなくデカく感じさせるのであろう。

メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンの実力を味わうべく、「GLS400d 4MATIC」に試乗。最新のGLSは2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2020年3月に国内販売が開始された。
メルセデスの新型直6ディーゼルエンジンの実力を味わうべく、「GLS400d 4MATIC」に試乗。最新のGLSは2006年に登場した「GLクラス」から数えて3代目にあたるモデルで、2020年3月に国内販売が開始された。拡大
「GLS400d 4MATIC」のフロントに鎮座する2.9リッター直6ディーゼルエンジン。「OM656」と呼ばれるパワーユニットで、ほかに「S400d」や「GLE400d」などにも搭載されている。
「GLS400d 4MATIC」のフロントに鎮座する2.9リッター直6ディーゼルエンジン。「OM656」と呼ばれるパワーユニットで、ほかに「S400d」や「GLE400d」などにも搭載されている。拡大
3列シート7人乗りのキャビンを有す「GLS」は、メルセデスの現行SUVで最大のボディーサイズ。全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm、ホイールベース=3135mmの堂々とした体格である。
3列シート7人乗りのキャビンを有す「GLS」は、メルセデスの現行SUVで最大のボディーサイズ。全長×全幅×全高=5220×2030×1825mm、ホイールベース=3135mmの堂々とした体格である。拡大

これがホントにディーゼルですか!?

正直言って、こういうクルマは趣味じゃない。300%趣味じゃな~~~~い! でも今回の主目的は車体じゃなくエンジンだし、趣味じゃないクルマに乗るのも貴重な機会なので、じっくり堪能させていただかねば。

まずはGLS400d 4MATICを駆り、東久留米へ向かいます。わが「フェラーリ348GTS」の特注マフラーを製作中のキダスペシャルへGO。

ノロノロ進む一般道での直6ディーゼルは、そのウルトラスムーズな本領を発揮する機会もなく、逆にアイドリングストップによるエンジン停止/始動時の「ブルン!」という振動が気になりまする。エンジンがあまりにもスムーズであるがゆえに、小さなネガが目立ってしまうのです。

直4ディーゼルを積んでいた「S300h」は、ハイブリッドゆえに発進は主に27馬力のモーターが行い、エンジンが始動したことすら気づかなかったものですが、この2.9リッター直6ディーゼルはモーターが付いてないので、エンジン始動の振動がモロにクル! よって街中走行の印象はあまりよろしくない。

キダスペシャルに到着すると、待っていた代表の岡田氏が「なんすかこのバカデカいのは!」と驚嘆の声を上げた。やっぱデカく感じるよね……。

彼を乗せて走りだすと、「これがホントにディーゼルですか!? ディーゼルっていま、こんなことになってんスか!?」とさらに驚愕(きょうがく)。

確かにどう考えてもこのフィーリングはガソリン直6だ。いったい何をどうしたらディーゼルがこんなに静かになるんだろう。欧州製の他のディーゼルもおしなべて静かになってるけど、このディーゼルは特別スゲエ。

東久留米のマフラー工房キダスペシャルに「GLS400d 4MATIC」で向かった。写真右の車両は、同社代表である岡田ピーの自家用車「BMW 3シリーズ」(E90)。2台を並べると、ボリュームの違いがハッキリわかる。
東久留米のマフラー工房キダスペシャルに「GLS400d 4MATIC」で向かった。写真右の車両は、同社代表である岡田ピーの自家用車「BMW 3シリーズ」(E90)。2台を並べると、ボリュームの違いがハッキリわかる。拡大
キダスペシャル代表の岡田ピーと筆者の愛車「フェラーリ348GTS」。依頼した特注マフラーを製作中だ。
キダスペシャル代表の岡田ピーと筆者の愛車「フェラーリ348GTS」。依頼した特注マフラーを製作中だ。拡大
2.9リッターの直6ディーゼルターボ「OM656」は、最高出力330PS/3600-4200rpm、最大トルク700N・m/1200-3200rpmを発生。わずか1200rpmという低回転域から強力なトルクを味わえる。
2.9リッターの直6ディーゼルターボ「OM656」は、最高出力330PS/3600-4200rpm、最大トルク700N・m/1200-3200rpmを発生。わずか1200rpmという低回転域から強力なトルクを味わえる。拡大

燃費は意外と伸びない

ゆっさゆっさと巨体を揺らして杉並に戻ったGLS400dは、続いて中古フェラーリ専門店コーナーストーンズに向かうべく、東名高速を走りました。

高速道路での直6ディーゼルは、水を得た魚のごとく本領を発揮。ああ、この直6の回転フィール。復活したメルセデスの直6ガソリンもすばらしかったけど、これはディーゼルだけにほんのちょっと爆発感が残ってて、それがツブツブオレンジジュースみたいで最高にステキ……。

ただ、燃費は意外と伸びない。一般道で7km/リッター前後なのは納得だけど、高速でも11km/リッターくらいが精いっぱい。S300hなら20km/リッターも夢じゃなかったし、S400dだってさすがにもうちょっと走るだろうに。やっぱ巨象の前面投影面積のデカさが効いているのか。

コーナーストーンズでも、代表の榎本氏はじめスタッフ全員が「デカいすね~~!」と感嘆。どこに行ってもデカイデカイを連発され、自分がお相撲さんになった気分ですが、それはそれで気持ちのいいものですね!

思えば杉並区の路地もそう苦労なく走れたし、このデカさ、そんなに不便じゃないのかも。引っ越し屋さんの2tトラック(ワイドロングタイプ)よりは小さいんだから。これが乗れなきゃ引っ越し屋さんのバイトはできません。

最終的には、直6ディーゼルの素晴らしさもさることながら、バカデカいGLSのボディーが強烈に印象に残った試乗となりました。人間いたるところ青山あり。

(文と写真=清水草一/編集=櫻井健一)

東久留米のキダスペシャルを後にし、横浜の中古フェラーリ専門店コーナーストーンズに「GLS400d」で向かう。
東久留米のキダスペシャルを後にし、横浜の中古フェラーリ専門店コーナーストーンズに「GLS400d」で向かう。拡大
コーナーストーンズ店頭の駐車スペースに「GLS400d」を置いてみた。かなりキチキチである。同社代表の榎本氏をはじめスタッフ全員が「デカいすね~~!」と感嘆するのも当然か。
コーナーストーンズ店頭の駐車スペースに「GLS400d」を置いてみた。かなりキチキチである。同社代表の榎本氏をはじめスタッフ全員が「デカいすね~~!」と感嘆するのも当然か。拡大
「GLS400d」の給油シーン。あまりにも静かなディーゼルなので、給油の際、何を入れるのか一瞬わからなくなった。もちろん使用燃料は軽油である。
「GLS400d」の給油シーン。あまりにも静かなディーゼルなので、給油の際、何を入れるのか一瞬わからなくなった。もちろん使用燃料は軽油である。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

webCG MoviesYouTube公式
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ GLS の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。