第669回:イタリア人もクルマ離れ? 当の若者たちに聞いてみた

2020.08.21 マッキナ あらモーダ!

免許を取らない若者急増

日本では「若者のクルマ離れ」が叫ばれて久しいが、イタリアでも同様の現象が起きている。筆者が知る限り、その傾向を明らかにした最初の記事は『イル・メッサッジェーロ』紙2013年10月6日電子版である。イタリア自動車クラブの話とともに、21歳未満で免許を取得した人の数は2004年には約74万3000人だったのに対して、今日では59万2000人になったと伝えている。さらに21~24歳では2004年の約20万人に対し、現在では10万5000人と、半数近くに減少したことを報じている。

2016年にはインフラ運輸省が別の統計を発表している。それによると、18~19歳の免許取得者数は28万7551人で、2012年と比べて8.4%減少した。それを報じた『コリエッレ・デッラ・セーラ』紙は、教習費用が多くの都市で1000ユーロ(約12万5000円、2020年8月現在のレート。以下同)を超えること、加えて車両代とその維持費が高額であることを背景として挙げている。

筆者が補足すれば、イタリアでは若者がたとえ職についても、決して十分に生活を支えられる賃金は保証されていない。イタリアでは若年労働者の30%が月収800ユーロ以下である(出典:オックスファム・インターナショナル 2020年1月発表)。つまり、約10万円以下だ。最低賃金制度はEUの方針を受けて導入の動きこそあるものの、いまだ実現には至っていない。自活を選んだ場合、免許取得やクルマの所有は、かなり困難だ。

免許取得を志す若者の減少には、彼らの都会志向も影響していると考えられる。それが顕著に表れているのは、多くの地方から若者が移り住むミラノだ。不動産検索サイト「インモビリアーレ・イット」などによる2019年の調査によると、ミラノでは35歳以下の73%が持ち家よりも賃貸住宅を好んでいることが判明した。長年、持ち家志向が強かったイタリアだが、今日では賃貸でも構わないので都会に住みたいと考えている若者の多さがうかがえる。

都会のほうが就職しやすいことも、そうした傾向に拍車をかける。筆者の知人の子供たちも、1人はミラノ、1人はロンドンで就職してしまい、生まれ故郷のシエナに戻るつもりはない。大都市では公共交通機関が充実しているので、必然的に自動車が要らなくなる。

トリノ・ポー河畔で。若い世代は、クルマよりも新たなモビリティーに高い関心を抱く。
トリノ・ポー河畔で。若い世代は、クルマよりも新たなモビリティーに高い関心を抱く。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事