仁義なき移籍!? 自動車メーカーのCMを渡り歩いたタレントたち

2020.09.02 デイリーコラム

“トヨタのタレント”だったはずなのに

キムタクこと木村拓哉が最新の日産のテレビコマーシャル(CM)に出演している。通称“ハコスカ”こと3代目「スカイライン」の「ハードトップ2000GT-R」に始まり、初代「サファリ」や初代「フェアレディ240ZG」、「スカイラインGT-R(BNR32)」といった過去の名車を駆った後に2021年発売予定のEV「アリア」に至るという、既視感の強いベタな構成(個人の感想)である。これより前からオンエアされていたマクドナルドのCMで初代「テラノ」に乗っていたのは、このための露払いだったのか、なんてこともささやかれているが、それを含めて話題となっているのが、キムタクの日産への“移籍”であろう。

キムタクといえば、古くは今から四半世紀以上さかのぼる1994年にデビューした初代「RAV4」、そして断続的ではあるが2004年から2017年にかけて歴代「カローラフィールダー」のイメージキャラクターを務めており、“トヨタのタレント”という印象を世間に強く植え付けていた。その大物が同業他社に電撃移籍となれば、騒がれないはずはなかろうというわけだ。

この移籍騒動(?)によって、過去に複数の自動車メーカーの広告やCMに出演したタレントおよびスポーツ選手についても言及されている。大物の移籍という意味では、過去に「イチロ・ニッサン」のキャッチフレーズを掲げ、日産の“顔”として企業CMなどに出演していたが、近年はトヨタの広告メディアである『トヨタイムズ』などに出ているイチローが思い浮かぶが、単に複数のメーカーの商品CMに出演しているタレントとなると、これが思いのほか多いのだ。記憶にあるだけでも10人はいると思っていたのだが、ざっと調べてみたところ、40人近くいるのである。それらの中から、いくつかの例を紹介していこう。

オンエア中の日産のテレビCMで、木村拓哉が最初に乗り込んで走りだす、型式名KPGC10こと「スカイライン ハードトップ2000GT-R」。セダン版のPGC10と合わせてツーリングカーレースで49連勝を含む五十数勝を挙げた、スカイライン伝説最大の担い手。
オンエア中の日産のテレビCMで、木村拓哉が最初に乗り込んで走りだす、型式名KPGC10こと「スカイライン ハードトップ2000GT-R」。セダン版のPGC10と合わせてツーリングカーレースで49連勝を含む五十数勝を挙げた、スカイライン伝説最大の担い手。拡大
木村拓哉が最初に出演したトヨタのCMは、1994年に登場した初代「RAV4」。キャッチフレーズは「RAV4という名のスポーツ」だった。
木村拓哉が最初に出演したトヨタのCMは、1994年に登場した初代「RAV4」。キャッチフレーズは「RAV4という名のスポーツ」だった。拡大
3代目「カローラフィールダー」に、2013年に追加設定されたハイブリッド車。木村拓哉がCMに出演した(今のところ)最後のトヨタ車である。
3代目「カローラフィールダー」に、2013年に追加設定されたハイブリッド車。木村拓哉がCMに出演した(今のところ)最後のトヨタ車である。拡大
2015年の東京モーターショーで、トヨタのプレスカンファレンスにサプライズ出演したイチロー。豊田章男社長と。
2015年の東京モーターショーで、トヨタのプレスカンファレンスにサプライズ出演したイチロー。豊田章男社長と。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事