スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(後編)

2020.09.10 谷口信輝の新車試乗 「使われている部品の一つひとつはいいんですが……」。レーシングドライバー谷口信輝は、スバルのメモリアルな限定車「WRX STI EJ20ファイナルエディション」には気になるところがあるという。一体何が問題なのか?

手を加える余地がある

「運転の名手」である谷口信輝が「どんなにていねいに操ってもシフト時にガクガクする」というスバルのWRX STI EJ20ファイナルエディション。谷口は「どこに原因があるかはわからない」と語るいっぽうで、各部に手を入れながらその原因を突き止め、滑らかに操れるクルマに仕立て直すことに軽い意欲を示しているようにも思えた。
「僕が買ったら、このままでは乗らないでしょうね。エンジンなのか駆動系なのか、はたまた足まわりなのか。とにかくいろいろと手を加えてみるしかないと思います」

谷口にとって、そういう作業は楽しみともなりえるのだろう。
「まあ、裏を返せばクルマに伸び代が残っているともいえますよね。このクルマを買った人が、自分でその原因を探っていく。好意的に解釈すれば、そういえないこともないと思います」

仮に、さまざまなところに手を加えて、あのガクガクを解消できたら、EJ20エンジンの滑らかな感触を満喫できるようになるはずだ。
「このエンジン、308PSまで最高出力は上がったんですね。自主規制の時代は280PSだったじゃないですか。あの頃は『デロデロデロ……』といっていたかと思うと、急に『ブワーン』とパワーが湧き出してきましたが、いまは中間域でモリッとトルクが出てきますね。それを4WDで受け止めて、ちゃんとトラクションに変えていってくれるので、今日みたいに雨が降って滑りやすい路面でもそこそこ速く走れます」

コーナリングでの感触はどうだったのか?
「曲がる曲がらないでいえば、よく曲がるクルマだと思います。ただ、その曲がり方が、僕にはちょっと気持ち悪く感じられた」

ほほー。それは、いったいどのような“曲がり方”だったのだろうか?
「ひとつのカーブを曲がるとき、僕は必要な分のステアリングを切って、もしもさらに必要になった場合にはステアリングを切り足しているのに、そういうコーナリングの途中でこのクルマは勝手にヨーモーメントを立ち上げることがあるんです。そうするといったんステアリングを戻さないといけなくなる。これが僕はイヤなんです」

 
スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(後編)の画像拡大
 
スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(後編)の画像拡大
 
スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(後編)の画像拡大
 
スバルWRX STI EJ20ファイナルエディション フルパッケージ(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 2020ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:STI/TRD編)【試乗記】 2020.11.25 試乗記 TRD、STI、NISMO、無限と、メーカー直系のワークスチューナーが一堂に会して合同試乗会を開催。まずはSTIが手がけた「スバル・インプレッサスポーツSTI Sport」とコンプリートカー「S209」、GRパーツを装着した「コペンGRスポーツ」の走りを試す。
  • スバルWRX STIタイプRA-R 2018.7.19 画像・写真 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念して登場したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。「軽さ」「速さ」「愉(たの)しさ」をテーマに掲げ、スポーティネスに特化した500台の限定モデルを、写真で紹介する。
  • 「スバル・インプレッサ」の一部改良モデル発売 3つの新グレードを設定 2020.10.8 自動車ニュース スバルは2020年10月8日、「インプレッサ」の一部改良モデルを発売した。今回は5ドアモデル「インプレッサスポーツ」に「e-BOXER」を搭載した「アドバンス」および「2.0e-L EyeSight」と、STIがチューニングした「STI Sport」を追加設定している。
  • スバルWRX STIタイプRA-R(4WD/6MT)【試乗記】 2018.7.25 試乗記 スバルテクニカインターナショナル(STI)の創立30周年を記念したコンプリートカー「スバルWRX STIタイプRA-R」。“要らないものはそぎ落とす”という古式ゆかしき方法で調律された限定モデルの実力を、クローズドコースで試した。
  • トヨタGRヤリスRS(FF/CVT)【試乗記】 2021.1.13 試乗記 ラリーのトップカテゴリーで勝つことを念頭に開発された、トヨタのコンパクトハッチバック「GRヤリス」。たとえFF・CVT仕様のエントリーグレードであっても、そのこだわりの走りは、出自を感じさせる非凡さにあふれていた。
ホームへ戻る