クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)

中軸打者の底力 2020.09.24 試乗記 モデルラインナップは全7種類と、今や一大ファミリーとなったメルセデス・ベンツのSUV製品群。その中核をなすのが「GLE」だ。4代目となる現行型の出来栄えを、2リッターディーゼルターボを搭載したエントリーモデル「300d」の試乗を通して確かめた。

ラインナップの柱に課せられる使命

メルセデス・ベンツのSUVラインナップは、電気自動車「EQC」も含めると全7モデルで構成される。ちなみに販売台数的にはがぜん多いトヨタが、日本やアメリカで展開するその数も7モデルと聞けば、メルセデスがいかに隙間を埋めまくってきたかが伝わるだろうか。

もはやビッグマーケットの中・米・欧では乗用車販売の約4~5割はSUV。そしてミニバンが一定の人気を占める日本でもほぼ3割と、SUVなしでは市場が成り立たない状態になっている。それがゆえの多品種化ではあるが、何せこのコロナ禍ゆえ、この先は自動車メーカーも戦略の変化を余儀なくされるだろう。モデル展開に何らしかの変化があってもおかしくはない状況だ。

もっとも、仮にそうなったとしても、メルセデスのSUVラインナップにおける基幹がGLEであることに揺らぎはないだろう。ブランドの“核”としての「Gクラス」に対し、“柱”としてのGLEは、多用途性や台数規模に関してあまたのライバルと戦いながらSUVのど真ん中を貫き、社に確実に利をもたらすことが必達事項とされている。2019年秋に市場投入されたW167型では、日本仕様では他地域ではオプション扱いとなる3列目シートを標準装備として「GLC」と差別化。機能的な尺度ではもはや隙(すき)がないほどのフルスペックとなった。どの方位からもライバルと比較される存在と言って過言ではない。

そのGLEの最もベーシックなグレードとなるのが300dだ。搭載されるエンジンは最新世代のディーゼルとなる2リッター4気筒直噴ターボのOM654型。245PSのパワーもさることながら、500N・mのトルクに驚かされる。同じディーゼルで考えても、従来であれば3リッタークラスのそれだ。これに9段ATを組み合わせることで、実に2.3tという車重との整合性を図っている。

今や7モデルを数えるメルセデス・ベンツのSUV製品群。「GLCクーペ」「GLEクーペ」を別車種と数えると、その数は9モデルに膨れ上がる。
今や7モデルを数えるメルセデス・ベンツのSUV製品群。「GLCクーペ」「GLEクーペ」を別車種と数えると、その数は9モデルに膨れ上がる。拡大
センターコンソールに備わる山形のアシストグリップが特徴的なインストゥルメントパネルまわり。2枚の巨大なディスプレイは、他のモデルでは「ポンと置かれている」ような意匠が多いのに対し、「GLE」ではダッシュボードに埋め込まれたようなデザインとなっている。
センターコンソールに備わる山形のアシストグリップが特徴的なインストゥルメントパネルまわり。2枚の巨大なディスプレイは、他のモデルでは「ポンと置かれている」ような意匠が多いのに対し、「GLE」ではダッシュボードに埋め込まれたようなデザインとなっている。拡大
「300d」では合成皮革のシートが標準装備となるが、テスト車にはオプションの「AMGライン」に含まれる、合皮とスエード調皮革のコンビシートが装備されていた。
「300d」では合成皮革のシートが標準装備となるが、テスト車にはオプションの「AMGライン」に含まれる、合皮とスエード調皮革のコンビシートが装備されていた。拡大
現行型「GLE」のエントリーグレードに位置する「300d」。ラインナップの中で唯一の4気筒モデルとなる。
現行型「GLE」のエントリーグレードに位置する「300d」。ラインナップの中で唯一の4気筒モデルとなる。拡大

抜け目のない製品構成

四駆システムは前後輪に100%の駆動力を配分することも可能な電子制御可変式。これは上位モデルと変わらない装備だ。悪路走破性を含めた機能面での最も大きな差はエアサスペンションということになる。300dの場合、これはオプションでも装着できず、コイル&ダンパーのコンベンショナルな組み合わせとなる。最低地上高がものをいう豪雪地域での移動が多い向きには、このあたりは気になるところかもしれない。

取材に供された300dは、20インチタイヤ&ホイールを筆頭にエクステリアやインテリアにスポーティーな施しが加わる「AMGライン」を装着していた。その関係で全幅は2mを突破するが、いわゆる“つるし”の状態であればタイヤは19インチとなり、ホイールアーチのエクステンションも省かれるため全幅は1950mmに収まる。そして全長は4930mmの全高は1770mm。このクラスとしては標準的な寸法構成だが、いかんせん日本の路上ではドカンと大きい。

従来モデルと比較するとホイールベースは80mm長く、1~2列目の席間も伸びているわけだが、それでも3列目のシートは大人では体育座り的に膝を抱えるしかなく、子供向けのエマージェンシーユースという印象だ。大筋は5人乗り、そして大きな荷物もしっかり積めるというところに利を見いだせるか否かがGLEを求める上でのポイントとなる。頻繁に3列目のシートに人を座らせるならさらに大きい「GLS」をどうぞということで、さすがにラインナップには抜け目がない。ただし、GLSは全長が5.2m超えといよいよ持て余しそうな図体(ずうたい)になってくる。

「400d」の直6がディーゼルとしては秀逸なドライバビリティーとフィーリングを両立していることもあって、どうしても直接的に比べられる300dの直4はフィーリング的な不利が否めない。エンジンを回す機会が多いこともあって、時にガラガラッというインジェクターノイズが車内に響く。振動はわずかに手のひらに伝わるくらいだろうか。

2列目シートは背もたれに電動調整機構が標準で備わるほか、「AMGライン」装着車ではシートヒーター(左右席)も装備される。
2列目シートは背もたれに電動調整機構が標準で備わるほか、「AMGライン」装着車ではシートヒーター(左右席)も装備される。拡大
3列目シートは、空間的にもしつらえ的にも、あくまで非常用といった趣。5:5の分割可倒式で、荷室床面と同じ高さに、水平かつフラットに格納される。
3列目シートは、空間的にもしつらえ的にも、あくまで非常用といった趣。5:5の分割可倒式で、荷室床面と同じ高さに、水平かつフラットに格納される。拡大
「300d」の2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力245PS、最大トルク500N・mと、同クラスのディーゼルとしては非常にパワフルだ。
「300d」の2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力245PS、最大トルク500N・mと、同クラスのディーゼルとしては非常にパワフルだ。拡大
「AMGライン」を選択するとホイールが20インチにサイズアップされるほか、ホイールアーチが装着されるため、全幅が1950mmから2020mmに拡幅される。
「AMGライン」を選択するとホイールが20インチにサイズアップされるほか、ホイールアーチが装着されるため、全幅が1950mmから2020mmに拡幅される。拡大

一番の得意科目はロングクルーズ

でも、「Sクラス」のような高級車的な期待値ではなく、実直な道具として見ればこの位の稼働感はかえってほほ笑ましくも思える。ざっくり1000万円のメルセデスを前にそんな豪気なことを言える人も多くはないかもしれないが、そもそもSUVとは人々の営みや楽しみのお供として、普通のクルマよりもちょっと奥のほうまで入り込んでいけるという多用途性こそが本領なわけだ。

ディーゼルとはいえ果たして2リッターでこの巨体が満足に走るのだろうかという不安は杞憂(きゆう)で、300dの動力性能は“有り余る”とはいわないが全域でちょうどいい案配に収まっていた。数値的にも0-100km/h加速は7.2秒、最高速は225km/hというから不満の抱きようもないが、頻繁に大人数が乗る、大荷物を載せるような使い方でなければこのエンジンでも十分事足りる。鼻先の軽さはやはりハンドリングにも効いていて、巨体は軽快に向きを変えてくれるから山道でもストレスはたまらない。

でも、このクルマが最も“らしさ”を発揮するのは、目的地までのロングクルーズだろう。自然できめ細かい制御のADASで車幅も気にせず淡々と距離が刻める。高速巡航の速度域での乗り心地は文字通りフラットで、特にリバウンド側の上屋の動きの抑え込みのうまさはメルセデスの真骨頂だ。低中速域では、エアサス装備車の路面に対するアタリの丸さに利があるが、高速域ではコイルサスでも納得できるボディーコントロールを実現している。同乗者にとってはAV環境の充実やシートのリクライニングが大事かもしれないが、ドライバーにとってはこの乗り味こそが最高の癒やしだ。そういう点ではGLEは、メルセデスのSUVラインナップにおいて見事にど真ん中にいると思う。

(文=渡辺敏史/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

ボディーサイズは全長×全幅×全高=4940×2020×1795mm、ホイールベースは2995mmと、従来モデルより全長が約100mm、ホイールベースが約80mm拡大している。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4940×2020×1795mm、ホイールベースは2995mmと、従来モデルより全長が約100mm、ホイールベースが約80mm拡大している。拡大
ドライブモードセレクターの「ダイナミックセレクト」に用意される走行モードは全5種類。悪路走行をアシストするオフロードモードも用意される。
ドライブモードセレクターの「ダイナミックセレクト」に用意される走行モードは全5種類。悪路走行をアシストするオフロードモードも用意される。拡大
最新のモデルらしく、携帯端末との連携に関する機器は充実。USBポートに加え、収納スペースには非接触充電機能も備わる。
最新のモデルらしく、携帯端末との連携に関する機器は充実。USBポートに加え、収納スペースには非接触充電機能も備わる。拡大
ロングツーリングを苦と感じさせない快適性の高さこそ「GLE」の魅力。上屋の動きを上手に抑えるメルセデス・ベンツならではのライドフィールは、コイルサスの「300d」でも十分に味わえた。
ロングツーリングを苦と感じさせない快適性の高さこそ「GLE」の魅力。上屋の動きを上手に抑えるメルセデス・ベンツならではのライドフィールは、コイルサスの「300d」でも十分に味わえた。拡大

テスト車のデータ

メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4940×2020×1795mm
ホイールベース:2995mm
車重:2350kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ 
トランスミッション:9段AT
最高出力:245PS(180kW)/4200rpm
最大トルク:500N・m(51.0kgf・m)/1600-2400rpm
タイヤ:(前)275/50R20 113W/(後)275/50R20 113W(ピレリPゼロ)
燃費:12.5km/リッター(WLTCモード)
価格:954万円/テスト車=1099万1000円
オプション装備:スペシャルメタリックペイント<ヒヤシンスレッド>(19万4000円)/AMGライン(51万4000円)/レザーエクスクルーシブパッケージ(56万円)/パノラミックスライディングルーフ<挟み込み防止機能付き>(18万3000円)

テスト車の年式:2020年型
テスト開始時の走行距離:5083km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:635.8km
使用燃料:59.1リッター(軽油)
参考燃費:10.7km/リッター(満タン法)/11.8km/リッター(車載燃費計計測値)

メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC
メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC拡大
 
メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
 
メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
 
メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
 
メルセデス・ベンツGLE300d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

メルセデス・ベンツ GLE の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。