プジョーの高性能ハイブリッドモデル「508プジョースポールエンジニアード」がデビュー

2020.09.25 自動車ニュース webCG 編集部
プジョー508プジョースポールエンジニアード
プジョー508プジョースポールエンジニアード拡大

グループPSAは2020年9月24日(現地時間)、プジョーブランドの高性能モデル「508プジョースポールエンジニアード(以下、508 PSE)」を発表した。

「508プジョースポールエンジニアード」には、「508SW」をベースとするワゴンモデルもラインナップされている。
「508プジョースポールエンジニアード」には、「508SW」をベースとするワゴンモデルもラインナップされている。拡大
ブラック基調のインテリア。シートにはレザーやアルカンターラがあしらわれる。
ブラック基調のインテリア。シートにはレザーやアルカンターラがあしらわれる。拡大
0-100km/hの加速タイムは5.2秒。最高速はリミッターで250km/hに制限される。
0-100km/hの加速タイムは5.2秒。最高速はリミッターで250km/hに制限される。拡大
内外装に点在するライムグリーンのアクセントが、特別なハイブリッドカーであることを主張する。
内外装に点在するライムグリーンのアクセントが、特別なハイブリッドカーであることを主張する。拡大
 
プジョーの高性能ハイブリッドモデル「508プジョースポールエンジニアード」がデビューの画像拡大

プジョー508 PSEは、既存の「508」シリーズをベースに、プジョーのモータースポーツ部門であるプジョースポールが開発したハイパフォーマンスカー。いわゆるストロングハイブリッドの電動化モデルで、セダンとワゴンの2タイプがラインナップされる。

エンジンと併用されるモーターはフロントとリアに1基ずつ、計2基搭載されており、4輪を駆動する。システムの総出力は360PSで、最大トルクは520N・m。プジョーが生産してきた量産車の中で最もパワフルなモデルとアピールされる。

標準的な508に対しては、フロントのトレッドを24mm、リアのトレッドを12mm拡大。シートの位置も低められている。さらに、強化された動力性能に合わせ、380mm径のフロントブレーキディスクや20インチホイール、「ミシュラン・パイロットスポーツ4 S」タイヤが装着される。

走行モードは、以下の5つが用意される。

  • エレクトリックモード:0~140km/hの速度域でEV走行が可能に。航続距離は、欧州WLTPモードで42km。
  • ハイブリッドモード:状況に応じて内燃機関と電気モーターを自動的に選択し、エネルギー消費を最適化する。
  • コンフォートモード:ハイブリッドモードで、さらにサスペンションをソフトにし“ハイコンフォート”の走りを実現。
  • スポーツモード:360PSの最高出力を生かし究極のドライビングプレジャーを味わえるモード。ステアリング、ショックアブソーバー、アクセルマッピング、エンジンサウンドを統合制御する。常に最高のパワーを引き出せるよう、内燃機関がバッテリーを充電する。
  • 4WD:滑りやすい路面状況において、最大限の駆動力を発揮させる。

満充電に必要な時間は、標準的な家庭用コンセントでは7時間以内で、32Aのウオールボックスを使えば2時間以内とされる。

デザインの面では、シャープなデザインのグリルやバンパー、ボディー下部に追加されたエアロパーツ、レザー×3Dメッシュ×アルカンターラのコンビシートなどが特徴。キャビンや荷室の空間的な容量は、標準の508と同じであるという。またナイトビジョン、ストップ&ゴー機能付きアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警告システム、アクティブセーフティーブレーキといった安全装備の充実も、508 PSEのセリングポイントとなっている。

508 PSEはフランスのミュルーズで生産され、海外では2020年10月中旬に受注が開始されるが、日本市場への導入については現時点では未定とのこと。

(webCG)

関連キーワード:
508, 508SW, プジョー, 自動車ニュース