第676回:自動車販売の未来はキミたちの双肩に! イタリアの若手セールスパーソンに話を聞いた

2020.10.08 マッキナ あらモーダ!

自動車営業マンはつらいよ

最近、わが街シエナの自動車ディーラーの2店舗に、新人セールスパーソンがそれぞれ配属された。

そのようなことをあえて書くのは、イタリアの販売店において、近年は20代の自動車営業担当が極めて少ないからである。

それには背景がある。イタリアの自動車販売は下降している。2007年の年間登録台数は249万2000台だったが、2019年には191万6000台にまで減少した。販売店の人員削減はやむを得ない。

2台続けて筆者のクルマを担当してくれたメーカー半直営ディーラーのセールスパーソンもしかりだ。気がつけば日本でいうリストラ対象となり、風の便りによると今は外洋クルーズ船のクルーをしているらしい。

こうした状況である。販売店が若い新人を採用する必要性が薄くなるのだ。

給与水準も厳しい。イタリアの求人情報サイト『ジョビードゥ』が掲載した過去12カ月のデータを確認してみる(2020年10月閲覧)。

この国における自動車セールスパーソンの平均手取り給与は、月額1350ユーロ(約16万7000円)だ。他の職種平均より、率にして13%、金額では200ユーロ(2万5000円)も低い。

これに販売報酬の月額20~860ユーロと月あたり賞与の10~360ユーロを加えても、年間の平均給与総額は約2万4300ユーロ(約300万円)にとどまる。

さらに、勤務経験3年未満の場合、月額給与の平均は850ユーロ(約10万5000円)だ。

若年層にとっては決して魅力ある職場ではないといえる。さらに長年慣習になかった土曜の午後や日曜の営業も頻繁に行われるようになった。

それでもクルマの販売を志した若者とはどんな人物なのだろうか。早速ショールームに赴いて聞いてみることにした。

シエナのオペル販売店であるシエナモトーリの新人セールスパーソン、ジャコモ・ピエリーニさんは1999年生まれ。
シエナのオペル販売店であるシエナモトーリの新人セールスパーソン、ジャコモ・ピエリーニさんは1999年生まれ。拡大
オペル販売店のショールームで。写真手前は小型クロスオーバーSUV「クロスランドX」。右奥は依然1番人気だという「コルサ」。
オペル販売店のショールームで。写真手前は小型クロスオーバーSUV「クロスランドX」。右奥は依然1番人気だという「コルサ」。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事