第660回:2021年に日本に再上陸するオペル その神髄は“空気”であることだ!

2020.06.19 マッキナ あらモーダ!

もはやシトロエンを抜いた

オペルが2021年の日本市場復帰を宣言したことは、すでに『webCG』でも報じているとおりである。

2020年6月16日現在、日本語ウェブサイトは準備中だが、すでに「Herzlich Willkommen(いらっしゃいませ)」の文字が表示されるようになっている。

今回はこのオペルというブランドを、あらためて考察してみたい。欧州におけるオペルの立ち位置については、2015年3月の本コラム第391回で「痛快! オペルの自虐CM」として取り上げたが、その後、このブランドには大きな変化があった。

2017年、米国ゼネラルモーターズ(GM)のもとを離れ、フランスのグループPSAの傘下に入ったのである。これにより、PSAは欧州第2位の自動車グループに躍進した。

グループPSAにおける2019年のヨーロッパ圏販売台数で、オペルとその英国向けブランドであるボクスホールの販売台数(81万5683台)は、プジョー(96万4937台)に次ぐ2位だ。DS(4万9795台)はもちろん、シトロエン(63万6849台)を上回る数である(いずれも出典はACEA)。

オペル/ボクスホールは、2020年4月こそ新型コロナウイルスの影響で前年同月比-80%の1万1231台と大幅に販売台数を落とした。だが、それでもマーケット全体におけるシェアは前年比1%減の4.1%にとどめている。

イタリアでもオペルはポピュラーだ。街角で写真を何気なく撮ると、オペル車の1台や2台は写り込んでいることが多々ある。レクサスのスナップ集を明日までにつくれと言われたら断るが、オペルならできる自信がある。

なお、オペルはGM時代に世界の各地域で姉妹車がつくられ、その一部は今日でも生産されている。オペルの世界を評価するには、それらにも言及する必要があるのかもしれない。だが、今回は欧州におけるブランドとしてのオペルに限定して語ろう。

イタリアの街角風景の中にあるオペル。5代目である現行「アストラ」は力感と軽快感を微妙なバランスで織り交ぜた好デザインだ。2016年の欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞車である。
イタリアの街角風景の中にあるオペル。5代目である現行「アストラ」は力感と軽快感を微妙なバランスで織り交ぜた好デザインだ。2016年の欧州カー・オブ・ザ・イヤー受賞車である。拡大
オペルの現行ラインナップでSUVは2車種。うちコンパクトなほうが、この「クロスランドX」である。
オペルの現行ラインナップでSUVは2車種。うちコンパクトなほうが、この「クロスランドX」である。拡大
ここからは過去モデルを少々。2代目「コルサ」は2000年まで販売されていたので、最低でも20年選手ということになる。2019年6月にシエナ県で撮影。ワイパーの尻尾ふりふりステッカーは、少し前にイタリアではやったもの。
ここからは過去モデルを少々。2代目「コルサ」は2000年まで販売されていたので、最低でも20年選手ということになる。2019年6月にシエナ県で撮影。ワイパーの尻尾ふりふりステッカーは、少し前にイタリアではやったもの。拡大
これはオペル販売店の写真にあらず。こうした“オペルかぶり”はイタリアの街で頻発する。先頭の2代目「アストラ ステーションワゴン」は、最低でも車齢14年だ。後ろには2台の「メリーバ」が続く。2020年5月、シエナで。
これはオペル販売店の写真にあらず。こうした“オペルかぶり”はイタリアの街で頻発する。先頭の2代目「アストラ ステーションワゴン」は、最低でも車齢14年だ。後ろには2台の「メリーバ」が続く。2020年5月、シエナで。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事