第678回:車齢20年超のモデルがワンサカ イタリアで古いクルマが乗り続けられるのはなぜなのか?

2020.10.22 マッキナ あらモーダ!

気がつけば欧州屈指

2020年9月の欧州圏(EU・英国およびEFTA)の新車登録台数は130万台で、2020年初の前年同月比増(1.1%)となった。

スペインと英国、そしてフランスが減少したのに対して、ドイツとイタリアが台数を伸ばして市場回復のけん引役となった(データはACEA調べ)。

イタリアの場合、自動車販売業界の支援を目的に夏に導入した、新車買い替え奨励金政策が功を奏したと見るのが正しかろう。ただし、新型コロナ以降、イタリアのセールスパーソンたちを取材してきた現地在住の筆者としては、彼らの努力が報われたようでうれしい。

いっぽう、イタリアの自動車環境を語るうえで欠かせないもうひとつのデータが、今回のお話である。

2020年8月にイタリアの業界団体である輸入代理店全国連合(UNRAE)が発表した年報の内容だ。

それによると、イタリアで使われている乗用車の平均車齢は11.5年。欧州水準(10.8年)を上回る。ヨーロッパで平均車齢が最も若いのは、オーストリアの8.2年だった。

またイタリアでは約6割の乗用車が、欧州の古い排出ガス基準であるユーロ0からユーロ4にしか対応していないクルマであることもわかった。

より厳しいユーロ5の施行が2008年10月だったので、それ以前に生産された車齢12年以上のクルマが該当する。

ここからは筆者の計算だが、2000年までに登録されたユーロ0~ユーロ2のクルマに絞っても666万4000台が該当し、全体の17.4%を占める。つまり6台に1台近くが車齢20年以上ということになる。

実際、路上でも、古いクルマの姿が目立つようになってきた。

そうしたクルマは、国境を越えて訪れる外国人、特に東欧からやってくる人のクルマとあまりに対照的である。

20年ほど前には、左官工や高齢者家庭のホームヘルパーといった出稼ぎ労働者の故郷と考えられることの多かった地域である。そうした国の人々が豊かになったのだ。そのため、イタリア人が乗れないような高級車に乗って訪れ、ワイナリー巡りを楽しんでいる。

筆者が住むシエナ周辺は有名な観光地のため、そうした光景をたびたび目にする。いっぽうのイタリア人はといえば、よく車検を通過したもんだと驚くようなコンディションのクルマを使っている。

それらをイタリア経済停滞のせいにするのは簡単だが、実は他のさまざまな原因があることを次に説明しよう。

24年落ちの「フィアット・チンクチェント」を所有するファビオ&マルチェッラ。彼らが手放さない理由は、後ほど詳しく。
24年落ちの「フィアット・チンクチェント」を所有するファビオ&マルチェッラ。彼らが手放さない理由は、後ほど詳しく。拡大
本稿執筆の数日前、筆者が住むシエナの周辺道路で目撃した「ベントレー・ベンテイガ」。スロバキアのナンバーが付いていた。
本稿執筆の数日前、筆者が住むシエナの周辺道路で目撃した「ベントレー・ベンテイガ」。スロバキアのナンバーが付いていた。拡大
初代「フィアット・ティーポ」と3代目「フォード・フィエスタ」。いずれも最低でも車齢23年である。ナポリで2018年に撮影。
初代「フィアット・ティーポ」と3代目「フォード・フィエスタ」。いずれも最低でも車齢23年である。ナポリで2018年に撮影。拡大
「フィアット・ウーノ」のワゴン版でブラジル工場製の「イノチェンティ・エルバ」。1997年をもってカタログから消えたモデルだ。ナポリで2018年に撮影。
「フィアット・ウーノ」のワゴン版でブラジル工場製の「イノチェンティ・エルバ」。1997年をもってカタログから消えたモデルだ。ナポリで2018年に撮影。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

あなたにおすすめの記事
新着記事