「フィアット500/500C」にイタリアの甘い生活を表現した限定車「ドルチェヴィータ」

2020.10.23 自動車ニュース
フィアット500ドルチェヴィータ
フィアット500ドルチェヴィータ拡大

FCAジャパンは2020年10月23日、「フィアット500/500C」に特別仕様車「ドルチェヴィータ」を設定し、275台の台数限定で同年12月12日に発売すると発表した。

500Cドルチェヴィータ
500Cドルチェヴィータ拡大
日本仕様は右ハンドル、5段AMT仕様となる。
日本仕様は右ハンドル、5段AMT仕様となる。拡大
 
「フィアット500/500C」にイタリアの甘い生活を表現した限定車「ドルチェヴィータ」の画像拡大

モデル名のドルチェヴィータはイタリア語で「甘い生活」を意味している。フェデリコ・フェリーニ監督による1960年の映画『La dolce vita(邦題:甘い生活)』で知られるようになったこの言葉は大人のアバンチュールを象徴したもので、快楽主義的な志向を含意しているという。今回の特別仕様車はそうした甘い生活にインスピレーションを得て、日常を華やかに演出するデザインや上質な装備を採用している。

『La dolce vita』時代のイタリアのビーチに着想を得たとされるデザインはノスタルジックなムードを演出。クロームのエンジンフードラインやエクステリアミラーハウジング、ホワイト&シルバー塗装の専用16インチアルミホイール、車体を取り囲むレッドライン、ボディー同色のサイドモールディングによる優美なたたずまいが特徴となっている。リアゲートには「Dolcevita」ロゴがあしらわれる。

ボディーカラーは「ボサノヴァホワイト」のみの設定。オープントップモデルである「500Cドルチェヴィータ」はビーチパラソルをイメージしたというブルーやホワイトなどを組み合わせたストライプデザインの専用ソフトトップを装備する。

インテリアはアイボリーを基調にナチュラルウッドの専用インストゥルメントパネルやポルトローナフラウ製のレッドパイピング入りレザーシート、専用フロアマットによって上質な空間を目指している。

パワートレインは1.2リッター直4エンジン+5段AMTの組み合わせのみで、価格は500ドルチェヴィータが265万円(限定175台)、500Cドルチェヴィータが289万円(同100台)。

(webCG)

関連キーワード:
500, 500C, フィアット, 自動車ニュース

フィアット 500 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「フィアット・パンダ」 2013.5.21 画像・写真 2013年6月1日に発売される、新型「フィアット・パンダ」のディテールを写真で紹介。
  • フィアット500Xスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2020.10.5 試乗記 フィアットのコンパクトSUV「500X」に新グレード「スポーツ」が追加された。サッと仕立てた雰囲気チューンかと思いきや、さにあらず。走らせてみるとその名に恥じないスポーツカーテイストあふれるクルマに仕上がっていた。
  • フィアット・パンダ4×4(4WD/6MT)【試乗記】 2014.11.21 試乗記 「フィアット・パンダ」シリーズの名脇役「4×4(フォー バイ フォー)」が帰ってきた。0.9リッターのツインエアエンジンに6MTを組み合わせ、足元を4WDシステムで固めた小さな万能車。その“冒険力”はいかに?
  • フィアット・パンダ Easy(FF/5AT)【試乗記】 2013.7.1 試乗記 3世代目に進化した、フィアットのコンパクトカー「パンダ」。新たなデザイン、そして新たなメカニズムは、ドライバーにどんな喜びをもたらすのか?
  • ルノー・ルーテシア インテンス テックパック(FF/7AT)【試乗記】 2020.11.4 試乗記 ルノーのコンパクトハッチバック「ルーテシア」の新型がいよいよ日本に上陸。新型のポイントはズバリ「すべてが新しい」ところだ。新登場のプラットフォームやエンジン、さらにルノーらしからぬ(?)充実の先進安全装備の仕上がりをリポートする。
ホームへ戻る