第633回:ポスト・コロナ時代を技術の力で切り開け! 先進技術の総合展示会「CEATEC 2020」取材記(後編)

2020.10.30 エディターから一言
アルプスアルパインが発表した「デジタルキャビン」。
アルプスアルパインが発表した「デジタルキャビン」。拡大

コロナ禍の影響により、初めて完全オンラインで行われたIT・エレクトロニクスの総合見本市「CEATEC(シーテック)」(主催:CEATEC 実施協議会)。各出展者が発表したさまざまな情報・技術の中から、モビリティーの未来に関するものを紹介する。

「デジタルキャビン」では、インストゥルメントパネル全体がディスプレイとなっている。
「デジタルキャビン」では、インストゥルメントパネル全体がディスプレイとなっている。拡大
インストゥルメントパネルの左右端には、ドアミラーの役割を担う「Eミラー」のモニターが設置される。
インストゥルメントパネルの左右端には、ドアミラーの役割を担う「Eミラー」のモニターが設置される。拡大
複数のカメラ映像を合成した「Eミラー」の表示は、通常であればボディーなどに隠れて死角となる部分も補填(ほてん)されている。
複数のカメラ映像を合成した「Eミラー」の表示は、通常であればボディーなどに隠れて死角となる部分も補填(ほてん)されている。拡大
通常は“ただの木目パネル”であるドアトリムだが、必要に応じてオーディオやエアコン、シートポジションなどのコントローラーとなる。
通常は“ただの木目パネル”であるドアトリムだが、必要に応じてオーディオやエアコン、シートポジションなどのコントローラーとなる。拡大

車内空間全体がインターフェイス

2020年10月20日から23日まで、4日間にわたって開催されたCEATEC 2020が閉幕した。開催初日の午前中はアクセス集中によるアクシデントがあったものの、その後は大きなトラブルはなかったようだ。

主催発表によれば、会期中の登録来場者数は8万5650人、延べ来場者数は13万人超であった。コロナ禍という特殊な状況を考慮すれば致し方ないところだが、2019年は登録来場者数が14万4491人、2018年は同15万6063人と、その差はあまりに大きい。

ただし、今年はオンライン開催ゆえに公式サイトは2020年12月31日まで閲覧でき、資料のダウンロードも可能。一部の個別企業のプレゼンテーション動画など閲覧できないものもあるが、主催団体によるカンファレンスはオンデマンドで配信されているので、ぜひチェックしてみてほしい。

なかでも、特にモビリティー関連の情報が充実していた企業としておすすめしたいのが、アルプスアルパインだ。昨今の自動車ではディスプレイやタッチスクリーンをインターフェイスとして使う例が少なくない。そこで今回、アルプスアルパインが打ち出したのが「デジタルキャビン」というコンセプトだ。

スマートフォンを使ってドアをアンロックし、シートに収まる。インストゥルメントパネルは全面が「視線の移動を最小限に抑えるよう設計された」という大型の曲面ディスプレイとなっており、交通情報や速度などといった、ドライブに必要な情報が表示される。その左右端に置かれているのは「Eミラー」だ。リアカメラやサイドビューカメラなど、複数の車載カメラがとらえた車両後方の映像をリアルタイムで合成処理して表示するもので、サイドミラーの役割を果たしている。

これに加え、ドアトリムにも操作デバイスが搭載されており、一見すると木目にしか見えないパネルに、オーディオやエアコン、シートポジションなどの操作スイッチが、必要な場合にのみ表示される仕組みとなっている。

あなたにおすすめの記事
新着記事