30分前行動で快適ドライブ 「ホンダe」に乗れるカーシェアサービス「EveryGo」の使い方

2020.11.04 デイリーコラム

会員登録はお早めに

記事内でも少し触れられているが、こちらの「ホンダe」の試乗記の作成にあたっては、ホンダのカーシェアリングサービス「EveryGo(エブリゴー)」でクルマを借りて、試乗と撮影を実施した。

ホンダeは一時的に売り切れ状態になっていることもあって、現時点ではディーラーに配備されている試乗車が少ないことだろうと思う。じっくり試してからオーダーしたい、またはかわいいクルマだからちょっと乗ってみたいという方々のために、借用から返却までの一連を報告したい。ちなみにエブリゴーはホンダe専用のサービスというわけではなく、「N-BOX」「N-WGN」「S660」「クラリティ フューエルセル」なども利用できる。

利用にあたって必要なのはスマートフォンと運転免許証、そしてクレジットカードの3点。まずは専用アプリを介して会員登録をする必要があるのだが、審査はなかなか厳重である(と思われる)。というのも私の場合、免許証の裏表の写真やクレジットカード情報などを送付して受付完了メールを受信してから、登録完了メールを受信するまでに1日半ほどを要したからだ。人が審査しているのかAIが審査しているのかは分からないが、さすが500万円級のクルマを貸し出すだけあって甘くはない。

登録が終われば、あとはアプリ内で借りたいクルマと日時を指定して、来るべき日に備えるだけである。ステーションと呼ばれる借受場所は全国に設置されているが、実はホンダeが利用できるステーションは極めて少ない。近くにないという方は旅行などと合わせて利用していただければ幸いである。

「Honda EveryGo」アプリの操作画面。「ホンダe」が配備されているステーションは、写真の首都圏の7つのほかは大阪府に2つと福岡県に1つあるだけ。
「Honda EveryGo」アプリの操作画面。「ホンダe」が配備されているステーションは、写真の首都圏の7つのほかは大阪府に2つと福岡県に1つあるだけ。拡大
「ホンダe」以外にもさまざまなホンダ車が利用できる。希少性で言えば「クラリティ フューエルセル」もなかなかだ。
「ホンダe」以外にもさまざまなホンダ車が利用できる。希少性で言えば「クラリティ フューエルセル」もなかなかだ。拡大
ホンダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダe(前編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダが新型電気自動車「ホンダe」の日本仕様を公開した。ホンダeは、新開発のEV専用プラットフォームをベースに開発されたコンパクトモデルであり、WLTCモードで282kmの航続距離を実現している。まもなく発売される新型EVの詳細な姿を、写真で紹介する。
  • ホンダe(後編) 2020.8.5 画像・写真 ホンダの都市型EVコミューター「ホンダe」は、新開発の後輪駆動EVプラットフォームを採用。またAIを活用したドライバーアシストや携帯端末をキーとして用いるデジタルキーなど、先進機能の搭載もトピックとなっている。話題満載の最新EVの詳細を、写真で紹介する。
  • 「ホンダe」はこうして生まれた! デザイナートークで感じた新時代のホンダデザイン 2020.11.13 デイリーコラム 未来に対する提案に満ちたメカニズムや装備はもちろん、そのデザインでも話題を集めている電気自動車の「ホンダe」。親しみやすさを重視したシンプルなデザインはいかにして誕生したのか? デザイナーたちがそのエピソードを語った。
  • ホンダeアドバンス(RWD)【試乗記】 2020.10.7 試乗記 コンパクトでキュートなデザインや都市型EVとして割り切った航続距離、発売を前にしての受注ストップなど、話題に事欠かない「ホンダe」。今回は上級グレード「アドバンス」に試乗し、過熱する人気の秘密を探った。
  • 第634回:こんなカーライフがあったのか! ホンダ車中泊用アクセサリーのすすめ 2020.11.13 エディターから一言 クルマのオプション&アクセサリーといえば、カーナビ? それともエアロ? ホンダアクセスが開発したさまざまなアイテムは、「使って泊まれる道具」としてのクルマの魅力を、うんと高めるものだった。
ホームへ戻る