「リーフ」の発売から10年…… “EVのパイオニア”日産の過去を振り返り、未来を占う

2020.12.07 デイリーコラム

計画通りに進まなかった日産のEV販売

日産自動車が、同社としては初めての量産EV(電気自動車)「リーフ」を発売したのは、10年前の2010年12月のことだった。HEV(ハイブリッド車)で先行するトヨタ自動車やホンダを追って、日産も2000年に「ティーノ ハイブリッド」を発売したものの、それは100台の限定販売だった。当時経営再建の途上だった日産は、HEV開発競争で明らかに立ち遅れていた。その日産が、トヨタ、ホンダのHEVに対抗する環境技術として選択したのがEVだった。先行する2社と同じ土俵で勝負するのではなく、走行中にCO2をまったく排出しないEVを両社に先駆けて量産化することで、一気に形勢を逆転する狙いが込められていた。

しかし、残念ながらリーフは日産の思惑通りには売れなかった。当時のカルロス・ゴーン社長は2011年6月に発表した2011-2016年度の中期経営計画「日産パワー88」の中で、アライアンスパートナーの仏ルノーと合わせ、計画期間中に累計150万台のEVを販売するとぶち上げた。しかし、実際には2019年1月の時点でも累計70万台あまり。一年あたりにならした販売台数は、計画の3分の1以下にとどまった。日産は2007年に、リーフのためにNECやNECトーキンと合弁でバッテリー製造会社オートモーティブエナジーサプライ(AESC)を設立したが、過剰な生産設備を抱え、2019年には中国エンビジョングループに売却を余儀なくされた。

日産は2020年12月3日に「リーフ」の累計生産台数が50万台に達したことを発表した。初代リーフ発売より、ちょうど10年での達成だった。
日産は2020年12月3日に「リーフ」の累計生産台数が50万台に達したことを発表した。初代リーフ発売より、ちょうど10年での達成だった。拡大
2010年12月に発売された、初代「日産リーフ」。
2010年12月に発売された、初代「日産リーフ」。拡大
日産 の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事