第635回:タウンスピードでも味わえるエアロダイナミクス 「モデューロX」自慢の“実効空力”を試す

2020.12.15 エディターから一言
最新の「ホンダ・フリード モデューロX」で“実効空力”を味わってみた。
最新の「ホンダ・フリード モデューロX」で“実効空力”を味わってみた。拡大

“匠(たくみ)の技”によって仕立てられたコンプリートカー「モデューロX」では、日常的な速度域でも味わえる空力性能「実効空力」が追求されている。最新の「フリード モデューロX」とノーマルの「フリード」などを比較試乗して、その効果を味わってみた。

展示された「フリード モデューロX」のバンパー。サイドにある「エアロフィン」がホイールハウスからの気流の乱れを抑制し、きれいな旋回姿勢をつくり出す。
展示された「フリード モデューロX」のバンパー。サイドにある「エアロフィン」がホイールハウスからの気流の乱れを抑制し、きれいな旋回姿勢をつくり出す。拡大
バンパー下部中央の「エアロスロープ」が車体の下に速い空気の流れをつくり、風のレールの上を走っているような安定感=直進安定性を生み出す。
バンパー下部中央の「エアロスロープ」が車体の下に速い空気の流れをつくり、風のレールの上を走っているような安定感=直進安定性を生み出す。拡大
バンパー下部の左右に備わる「エアロボトムフィン」は、ホイールハウスを通る風の流れをスムーズにして、サスペンションの動きをよりしなやかにする働きがある。
バンパー下部の左右に備わる「エアロボトムフィン」は、ホイールハウスを通る風の流れをスムーズにして、サスペンションの動きをよりしなやかにする働きがある。拡大

カギはフロア下の空気の流れ

実効空力――開発陣がこんな言葉を使い始めたのは、2019年10月のベース車両のマイナーチェンジを受け、2020年5月にあらためて最新改良型が発売されたフリード モデューロXから。専用チューニングサスペンションの採用と空力性能の改善によって、ベース車両をしのぐ高い走りの質感を実現させるのが、ホンダの四輪車用純正用品の開発を担当するホンダアクセスが手がけるコンプリートカー、モデューロXに共通するコンセプトである。その中で、空力による改善をより印象的に表現すべく、前述のタイミングから用いることになったのが、実効空力というフレーズであるという。

ボディー下面中央の空気の流れを、流速を落とすことなくリアのディフューザーへと導いて高い直進性を狙った「S660」のように、実は新型フリード以前に登場したモデューロXでも、実効空力の考え方を採用したモデルは存在している。ただし、ボディーの上屋に新たなデバイスを加えることが難しいフリードのようなモデルでは、特に「床下部分でいかに性能を向上させるか」という点が重要になるという。

それを明確にするべく、実際に実効空力がいかなる役割を果たしているのかを検証するチャンスが用意された。サイドの「エアロフィン」、そして下部の「エアロスロープ」および「エアロボトムフィン」という3つの空力デバイスが装着されたフロントバンパーを装着した最新のフリード モデューロXと、サスペンションとホイールはモデューロX用ながらもバンパーを標準車用に付け替えた比較用モデル、さらには足まわりも標準仕様という3台のフリードを、サーキット上で乗り比べる“特別な試乗会”が開催されたのだ。

ホンダ フリード の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フリード クロスター 2019.9.20 画像・写真 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。アクティブなユーザー向けに、SUVスタイルの「CROSSTAR(クロスター)」が登場した。“楽しさ”と“遊び心”を表現したという新モデルのディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッド クロスターHonda SENSING(4WD/7AT)【試乗記】 2019.12.17 試乗記 ホンダの万能コンパクトミニバン「フリード」シリーズがマイナーチェンジ。評価の高かった従来モデルからどこまでの進化を遂げたのか? 2列シートのハイブリッド4WDという、ライバルにはないちょっとマニアックな仕様で、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(7人乗り)(FF/CVT)【試乗記】 2019.11.19 試乗記 取り回しのしやすさと利便性の高さで人気を博す、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」がマイナーチェンジ。新デザインとなった改良モデルは、従来型からどのような進化を遂げたのか? ベーシックな1.5リッターのガソリン車に試乗し、その出来栄えを確かめた。
  • ホンダ・フリード/ホンダ・フリード+ クロスター(ホンダアクセス用品装着車) 2019.9.20 画像・写真 デザインや駆動方式の違い、シートレイアウトのバリエーションなどにより、豊富なラインナップを取りそろえる「ホンダ・フリード」シリーズ。ここでは3列7人乗り仕様の「フリード」と、ホンダアクセスの用品を装着した、見た目もアクティブな「フリード+ クロスター」を紹介する。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2020.8.31 試乗記 ホンダの人気ミニバンを“匠の技”で磨き上げたとうたうコンプリートカー「フリード モデューロX」に試乗。空力にこだわったというそのフットワークはまさに圧倒的。ひとたびステアリングを握れば、ベース車とのちがいをだれでも感じ取れるはずだ。
ホームへ戻る