第686回:フェラーリCEO突然の辞任に思う「イタリア人のフェラーリ離れ」

2020.12.17 マッキナ あらモーダ!

わずか2年半でリタイア

フェラーリは2020年12月10日、ルイス・カミレーリCEOの辞任を発表した。

個人的理由としているが、欧州の一部メディアは健康上の理由、かつ過去数週間以内に新型コロナウイルスに感染したため、その治療を目的とした入院期間を経て目下自宅療養中と伝えている。

暫定CEOにはジョン・エルカン会長(1976年生まれ)が就任する。

ルイス=キャリー・カミレーリ氏はマルタ人家族のもと、1955年にエジプトのアレクサンドリアで生まれた。ローザンヌ大学のビジネススクールで経営学を専攻。卒業後は現地企業のアナリストを経て、1978年にタバコ会社であるフィリップ・モリスに入社した。一時食品メーカーのクラフトフーズで会長を務めたが2002年に戻り、フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)の会長に就任した。

2017年にはPMIの会長職と兼任するかたちで、フェラーリの経営に取締役として参画。2018年7月のセルジオ・マルキオンネCEO急逝にともない、後継としてCEOに指名された。

今回、カミレーリ氏はフェラーリCEOとともにフィリップ・モリス会長も辞任した。

カミレーリ氏がCEOを務めた約2年半のフェラーリの業績は好調だった。本稿執筆にあたりミラノ証券取引所におけるデータを確認してみると、彼の就任直後である2018年7月31日の株価は116.81ユーロであったのに対し、2020年12月10日には176.75ユーロと、51%も上昇している。

新型コロナウイルスが世界の自動車業界を震撼(しんかん)させた2020年も、業績を維持した。

2020年第3四半期の純利益は1億7100万ユーロで、前年同期比1%増にとどまったが、主力事業である自動車の営業売上高は「モンツァSP1」「モンツァSP2」の好調に支えられて2.6%増を記録した。

写真左から、フェラーリCEOを辞任したルイス・カミレーリ氏とピエロ・フェラーリ副会長。一番右はイタリア議会上院のエリザベッタ・カゼッラーティ議長。2019年11月に撮影。
写真左から、フェラーリCEOを辞任したルイス・カミレーリ氏とピエロ・フェラーリ副会長。一番右はイタリア議会上院のエリザベッタ・カゼッラーティ議長。2019年11月に撮影。拡大
ルイス・カミレーリ氏(写真左)。
ルイス・カミレーリ氏(写真左)。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。19年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
新着記事