第672回:跳ね馬の最新V8モデル 大矢アキオ「フェラーリ・ローマ」を駆る!

2020.09.10 マッキナ あらモーダ!

短調の跳ね馬

「ペルケ、ローマ(なぜローマ)?」

ハイヤーのドライバーに尋ねられ、筆者は返答に窮した。

イタリア北部ピエモンテ州で開催される「フェラーリ・ローマ」の国際試乗会に向かう途上のことだ。

メーカーのコンセプトは「la nuova dolce vita」つまり「現代版“ドルチェヴィータ”」という。プレスリリースには「独自のパフォーマンスとスタイルを身に着けたこのクルマは、1950~60年代のローマを特徴づけるような、気ままで楽しい当時の生活スタイルを表現しています」と説明されている。

筆者がとっさにnuova(新しい)の部分を抜き、「ドルチェヴィータだそうです」と答えると、ドライバー氏は「ああ、フェリーニか」と言う。

確かにフェデリコ・フェリーニ監督の1960年の映画作品『甘い生活(原題:la dolce vita)』はローマが舞台だった。

フェラーリ・ローマのオフィシャルビデオも、都市としてのローマが舞台である。登場するのは洗練された男女と、美しい風景だ。現実のローマ(都市)の大部分を占めるケイオティック(こんとんとした)な面は表現されていない。

フェリーニが好んだ、ある種のデカダンスなローマとも異なる。

今回の新型車のネーミング、つまりフェラーリとローマの連関は、極めて希薄なのだ。ドライバー氏が不思議に思うのも十分納得できる。

それでも、どこか興味をかきたてられたのも事実だった。なぜなら、この新型車は、汗臭さともいえるフェラーリの過剰なスポーティネス――それは、個人的には創立者や企業のヒストリーに敬意を表しながらも、ブランドを心理的に遠ざけていた原因でもあった――が極めて抑えられていたからである。

前述のオフィシャルビデオのBGMも、スポーツモデルのPRで一般的なビートあふれるものではなく、メランコリックな短調のメロディーである。この新しいフェラーリは、何を訴求したいのか?

さまざまな思いを抱きつつ、試乗会のベースであるブラの町に向かった。

「フェラーリ・ローマ」。ドライブの出発点となったイタリア北部ブラにある「アルベルゴ・デラジェンツィア」は、旧サヴォイア家の館(やかた)としてつくられた。
「フェラーリ・ローマ」。ドライブの出発点となったイタリア北部ブラにある「アルベルゴ・デラジェンツィア」は、旧サヴォイア家の館(やかた)としてつくられた。拡大
デザインは、フェラーリですでに10年を迎えたフラヴィオ・マンツォーニ氏率いる社内チームによる。フロントフェンダーの跳ね馬マークすらも省略されているところに、新時代を模索するブランドの意気込みを感じる。
デザインは、フェラーリですでに10年を迎えたフラヴィオ・マンツォーニ氏率いる社内チームによる。フロントフェンダーの跳ね馬マークすらも省略されているところに、新時代を模索するブランドの意気込みを感じる。拡大
インテリアのコンセプトは「デュアル・コックピット」。ドライバー優先だった従来モデルとは異なり、パッセンジャーにもほぼシンメトリックな構造が与えられている。
インテリアのコンセプトは「デュアル・コックピット」。ドライバー優先だった従来モデルとは異なり、パッセンジャーにもほぼシンメトリックな構造が与えられている。拡大
全長×全幅×全高は4656×1974×1301mm。コンポーネントの実に70%が完全な新設計だという。メーカーによると、250km/h時に発生するダウンフォース量は「ポルトフィーノ」よりも95kg増加している。
全長×全幅×全高は4656×1974×1301mm。コンポーネントの実に70%が完全な新設計だという。メーカーによると、250km/h時に発生するダウンフォース量は「ポルトフィーノ」よりも95kg増加している。拡大
電動リアスポイラーは、速度と加速度に応じて3段階に自動調整される。
電動リアスポイラーは、速度と加速度に応じて3段階に自動調整される。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト/イタリア文化コメンテーター。音大でヴァイオリンを専攻、大学院で芸術学を修める。1996年からシエナ在住。日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして語学テキストやデザイン誌等に執筆活動を展開。21年にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも怪気炎をあげている。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(光人社)、『メトロとトランでパリめぐり】(コスミック出版)など著書・訳書多数。YouTube『大矢アキオのイタリアチャンネル』ではイタリアならではの面白ご当地産品を紹介中。

フェラーリ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フェラーリ・ローマ(FR/8AT)【試乗記】 2020.11.18 試乗記 近年のフェラーリとは大きくイメージの異なる、エレガントで女性的なデザインをまとう新型4シーター「ローマ」。果たして、どんな走りが味わえるのか? 紅葉まっさかりの日本の道で、美しき跳ね馬にむちを入れた。
  • フェラーリ・ローマ 2020.4.2 画像・写真 フェラーリ・ジャパンがニューモデル「ローマ」を日本初公開。個性的なスタイリングが目を引く2+2のラグジュアリークーペで、最高出力620PS、最大トルク760N・mを発生する3.9リッターV8ターボエンジンを搭載している。新しい跳ね馬のディテールを、写真で紹介する。
  • フェラーリ・ローマ(前編) 2020.12.24 谷口信輝の新車試乗 これまでとは趣の違うデザインをまとって登場した、フェラーリのニューモデル「ローマ」。その走りは過去の跳ね馬とはどう違うのか? レーシングドライバー谷口信輝が、ワインディングロードでむちを当てた。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.20 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ベントレー・ベンテイガ」のV8モデルに試乗。大きく変わった内外装デザインと、リアトレッド拡大やドライブモードの追加で磨きのかかった走りを中心に“元祖ラグジュアリーSUV”の進化を確かめた。
  • フェラーリF8トリブート(MR/7AT)【試乗記】 2020.10.14 試乗記 「フェラーリF8トリブート」に試乗。一般公道で試す限り、この最新ミドシップベルリネッタの仕上がりに隙はまったく見られない。純粋な内燃機関車としては最後のV8モデルといううわさがあるが、その真偽は別に、フェラーリはこれでひとつの頂点に達したといえるだろう。
ホームへ戻る