マクラーレン720S(後編)

2021.01.17 思考するドライバー 山野哲也の“目” 前編で「マクラーレン720S」を未来型スーパーハンドリングマシンと評した山野哲也。後編ではそのハンドリング性能を支えるポイントについて、レーシングドライバーの視点から解説してもらおう。

狙ったラインを外さない

新開発のフルカーボンモノコックに、4リッターV8ツインターボをミドシップするマクラーレン720S。山野哲也がドライブした感想は、まず「4000rpmからの加速がすごい!」というものだった。

「『永遠かッ!!』と叫びたくなるほど息の長い加速が印象的です。吸気音が高まっていって、そのまま離陸してしまいそう」と笑う。確かに720Sは、これまでマクラーレンが用いてきた3.8リッターを4リッターに拡大したV8ツインターボを積む。720PSの最高出力を7500rpmで、770N・mの最大トルクを5500rpmで発生する強心臓だ。しかし720Sの走りのキモは“圧倒的な加速感”ではないという。

「ハンドリングが『ヤバい!』ですね。素晴らしいとしか言いようがない」と、山野の言葉がほとばしる。

「ステアリングの操舵角に対してのリニアリティーは、間違いなく世界一でしょう。ステアリングを切れば切っただけ、キッチリと1度単位でクルマが応えてくれる」

その正確性を山野は「ステアリングと路面が歯車でつながっているかのよう」と表現する。絵に描いたような“オン・ザ・レール”ということだ。

「コーナリング時のフィールには機械的なソリッド感が強い。フロントタイヤは、狙ったラインから決して逸脱しません」

 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大
 
マクラーレン720S(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • マクラーレン・セナ(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.7.10 試乗記 誰もが知る、伝説的レーシングドライバーの名を車名とした「マクラーレン・セナ」。サーキットを走ることを第一に開発された、限りなくレーシングカーに近いハイパーカーの実力を、セナが初勝利を挙げたポルトガルのエストリルサーキットで放つ。
  • フェラーリF8スパイダー(MR/7AT)【試乗記】 2021.2.2 試乗記 フェラーリから「F8トリブート」のオープントップバージョンにあたる「F8スパイダー」が登場。ミドシップフェラーリならではの圧倒的なパフォーマンスと、オープンエアモータリングの心地よさを併せ持つ、希有(けう)な一台の魅力に触れた。
  • BMW M440i xDriveクーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.2.1 試乗記 新型「BMW 4シリーズ」の直6エンジン搭載モデル「M440i」に試乗。衝撃的なインパクトのフロントフェイスはもちろんのこと、もはや「M4」レベルと思えるほどの切れ味と速さは、大いに印象的なものだった。
  • スバル・レヴォーグSTI Sport EX(4WD/CVT)【試乗記】 2021.1.22 試乗記 いまやスバルの中核モデルへと成長した「レヴォーグ」。六連星(むつらぼし)の新たなフラッグシップと位置づけられる新型は、スポーツワゴンらしい走りと使い勝手のよさが実感できる一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る