アストンマーティンDBX(前編)

2021.01.21 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、アストンマーティンが開発した高性能SUV「DBX」。そのステアリングを握った走りのプロには、どこか気がかりなところがあるようだが……?

同じエンジンでもずいぶん違う

「ハンドル、あんまり切れないですね」

アストンマーティン初のSUVに箱根のワインディングロードで試乗した谷口信輝が、最初に発した言葉がこれだった。
「1時間15分くらいしか切れない」

これは谷口流の言い方で、片側にステアリングを切り込んでいったときに1回転と4分の1しか回らなかったという意味だ。
「だから、Uターンするにはちょっと不便ですね」

うーん、なんとも歯切れの悪い言葉。この時点では、谷口がDBXにほれ込んでいないのは明らかなように思えた。
「エンジンの排気量は何リッターですか?」

この日は、DBXの前に同じアストンマーティンの「ヴァンテージ ロードスター」に試乗してもらっていたのだが、基本的にはそちらと同じメルセデスAMG製の4リッターV8エンジンを積んでいると伝えると、「へー、そうですか、だいぶ雰囲気が違いますね」と谷口は応えたのである。
「なんか、こっちのほうがエンジンの感触が現代的な感じがします。ピックアップもいいんですが、その反面、ちょっとじれったいところもありますね」

ほほー、それはどういう意味なのか?
「このエンジン、3000rpmから上ではすごいパワー感が出てくるんですが、普通の人はそこまでなかなか回さないんじゃないですか? だから、じれったく感じる。だったら、このエンジンの高回転側のパワーも、別に要らないじゃんという話になりかねません。なんか、さっき乗ったヴァンテージのほうがもっと下からパワーが出てきたような気がします」

 
アストンマーティンDBX(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(前編)の画像拡大
 
アストンマーティンDBX(前編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDBX(4WD/9AT)【試乗記】 2020.9.25 試乗記 デビューから1年近くがたち、ようやく日本上陸を果たした「アストンマーティンDBX」。英国のラグジュアリーブランドが初めて手がけたSUVは、待ち焦がれたファンも納得するであろう上質な走りを味わわせてくれた。
  • アストンマーティンDBX 2019.11.21 画像・写真 アストンマーティンがブランド初のSUV「DBX」を日本で初公開。オンロード、オフロードを問わない高いダイナミクス性能と、SUVならではの多機能性を併せ持つというニューモデルの詳細な姿を、発表会の様子とともに写真で紹介する。
  • アストンマーティンDBX(後編) 2021.1.28 谷口信輝の新車試乗 「これはすごいクルマです」。さまざまな高性能SUVに試乗してきた谷口信輝が、アストンマーティン初のSUV「DBX」を高く評価するのはなぜか? 決め手となる走りの特性についてリポートする。
  • アストンマーティンDBX(前編) 2021.1.21 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、アストンマーティンが開発した高性能SUV「DBX」。そのステアリングを握った走りのプロには、どこか気がかりなところがあるようだが……?
  • 最新型「ベントレー・ベンテイガ スピード」の国内価格が明らかに 2020.11.25 自動車ニュース ベントレーモーターズジャパンは2020年11月25日、ラグジュアリーSUV「ベンテイガ」のハイパフォーマンスモデル「スピード」の国内販売価格について3261万5000円と発表した。2021年の第2四半期以降のデリバリーが予定されている。
ホームへ戻る