第229回:肉体と機械が織りなす危険なフェティッシュの世界
『クラッシュ 4K無修正版』

2021.01.29 読んでますカー、観てますカー

クローネンバーグの問題作が復活

『恋する遊園地』に続き、人間と機械の関係性を描いた映画である。ファンタジー風味のあった前回とは違い、『クラッシュ』には本気でヤバい人々が登場する。自動車事故に性的高揚を覚えるというのだから、倫理的にも法的にもアウトなのだ。1996年の作品だが、4K無修正版が公開されることになった。

4Kリマスターということは、画質が向上しているはずだ。それはいいとして、“無修正”が気になる。この映画にはあからさまな性描写があり、成人映画として公開されたのだった。上映反対運動が起きたほどで、世界中で論議が巻き起こった作品なのだ。時代の変化でボカシは必要ないと判断されたわけだが、もちろん今回も18禁である。

監督はデヴィッド・クローネンバーグなのだ。『スキャナーズ』『ヴィデオドローム』『戦慄の絆』といった作品群を見ればわかるとおり、映画で感動させようなどとは一切考えていない。かつて彼は「芸術家は、あなたが今まで欲しいとも思わなかった何かをあなたに与えてくれる。それは、知る以前には欲しいとも思わなかったけれど、一度知ってしまったら、次回からは欲しくてたまらない何かなのだ」と語っていた。

クローネンバーグ作品を観た後では、ものの見方が変わってしまうかもしれない。影響されないように身構える必要がある。冒頭からいきなり不道徳だ。ジェームズ・バラード(ジェームズ・スペイダー)と妻のキャサリン(デボラ・アンガー)が登場するのだが、それぞれが別の相手と情事にふけっている。倦怠(けんたい)期で、互いに相手の不貞を知っていながらとがめることもない。

© 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST
© 1996 ALLIANCE COMMUNICATIONS CORPORATION, IN TRUST拡大
 
第229回:肉体と機械が織りなす危険なフェティッシュの世界『クラッシュ 4K無修正版』の画像拡大
 
第229回:肉体と機械が織りなす危険なフェティッシュの世界『クラッシュ 4K無修正版』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事