FCAはジープ誕生80周年を記念した特別限定モデルを導入【輸入車ブランドに聞きました2021】

2021.01.28 自動車ニュース
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とプジョー(グループPSA)は2021年1月16日付で統合。新たな企業グループであるステランティスを創設した。
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)とプジョー(グループPSA)は2021年1月16日付で統合。新たな企業グループであるステランティスを創設した。拡大

グループPSA(プジョー/シトロエン/DS/オペル/ヴォクソール)との経営統合が2021年1月16日(現地時間)に完了し、ステランティスとして新たなスタートを切ったFCA。日本に導入されている4ブランド(ジープ/フィアット/アバルト/アルファ・ロメオ)の、今年の見通しを聞いた。

1941年に軍用車両として誕生したジープは、今年80周年を迎える。それを記念し、「レネゲード」「ラングラー」「ラングラー アンリミテッド」「チェロキー」の4車種に、ファンの人気投票で決定した特別なボディーカラーの「ジープ80周年記念限定車」を設定。2021年上半期の導入予定がアナウンスされている。
1941年に軍用車両として誕生したジープは、今年80周年を迎える。それを記念し、「レネゲード」「ラングラー」「ラングラー アンリミテッド」「チェロキー」の4車種に、ファンの人気投票で決定した特別なボディーカラーの「ジープ80周年記念限定車」を設定。2021年上半期の導入予定がアナウンスされている。拡大
2020年9月19日に計305台限定で発売された限定車「アバルト595/595Cエッセエッセ」。アバルトはMT車を好むユーザーに支持されているとのこと。
2020年9月19日に計305台限定で発売された限定車「アバルト595/595Cエッセエッセ」。アバルトはMT車を好むユーザーに支持されているとのこと。拡大
「フィアット500/500C」の特別仕様車「ドルチェヴィータ」。2020年12月12日に500ドルチェヴィータが限定175台、500Cドルチェヴィータが同100台で発売された。今年も「引き続き魅力的な限定モデルを導入する予定」という。
「フィアット500/500C」の特別仕様車「ドルチェヴィータ」。2020年12月12日に500ドルチェヴィータが限定175台、500Cドルチェヴィータが同100台で発売された。今年も「引き続き魅力的な限定モデルを導入する予定」という。拡大
2020年8月20日、アルファ・ロメオのスポーツセダン「ジュリア」(右)とSUV「ステルヴィオ」(左)の一部改良に合わせて、新グレード「スプリント」の導入が発表された。
2020年8月20日、アルファ・ロメオのスポーツセダン「ジュリア」(右)とSUV「ステルヴィオ」(左)の一部改良に合わせて、新グレード「スプリント」の導入が発表された。拡大

今年はジープ誕生80周年イヤー

──2020年はFCA、およびFCAの日本市場にとってどのような一年となりましたか?

2020年は通年での販売台数が2万4185台となり、2019年の同2万4666台とほぼ肩を並べました。ジープブランドにおいては過去最高の1万3588台の販売台数を記録し、アバルトも前年の販売台数を上回り2020年は3032台と成長しました。

──現在、お客さまから人気を集めているモデルはどれですか? またオススメしたいモデルは? 

4ブランドともに個性的で魅力的なモデルが勢ぞろいです。

なかでもジープは「ラングラー」が一番人気です。また、「アバルト595」も好調で、特にMT車を好む方に多く選ばれております。フィアットも「500/500C」に関しては10年連続年間販売台数4000台以上を達成しており、今でもその人気は衰えていません。

アルファ・ロメオでは、「ジュリア」と「ステルヴィオ」に昨年設定した新グレード 「スプリント」が人気で、オススメのモデルになっています。

──アナウンスできる範囲で、2021年の新型車の導入スケジュールを教えてください。

今年はジープ誕生80周年イヤーですので、80周年を記念した特別限定モデルをお届けする予定です。また、詳細はまだご案内できませんがブランドごとに魅力的な新車・限定車を導入すべく準備を進めています。

──ファンとユーザー、webCG読者にヒトコトお願いいたします。 

2021年も魅力的な製品をそろえ、さまざまなプロモーションを展開・実行しながらお客さま、ファンの皆さまへ素晴らしいブランド体験を提供してまいります。どうぞご期待ください!

(まとめと編集=webCG櫻井)

関連キーワード:
ラングラー, 500, 500C, 595, ジュリア, ステルヴィオ, ジープ, フィアット, アバルト, アルファ・ロメオ, 自動車ニュース

ジープ ラングラー の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • ジープ・ラングラー ルビコン ソフトトップ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.31 試乗記 ジープ自慢のクロスカントリーモデル「ラングラー」に、限定車「ルビコン ソフトトップ」が登場。伝統の2ドア仕様で、悪路特化の「ルビコン」で、しかもホロ屋根という好事家の心をくすぐる一台は、爽快なまでに“潔さ”を感じさせるクルマに仕上がっていた。
  • ランドローバー・ディフェンダー110 X D300(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.3 試乗記 「ランドローバー・ディフェンダー110」の最上級ディーゼルモデル「X D300」に試乗。悪路をものともしないタフなパフォーマンスと、ラグジュアリーモデルもかくやという内外装の組み合わせは、果たしてドライバーをどんな世界にいざなってくれるのか。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2021.8.20 試乗記 マイナーチェンジした「MINIクラブマン」の高性能モデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。最高出力306PSのパワーユニットと4WDが組み合わされたステーションワゴンは、ホットな走りとクールなフォルムが魅力の、アガる一台に仕上がっていた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)【試乗記】 2021.8.18 試乗記 世界中で活躍するジープのコンパクトSUV「コンパス」がマイナーチェンジ。デザインをブラッシュアップし、装備を強化するなどの改良を受けた。装いも新たになった改良モデルの出来栄えを、中間グレード「ロンジチュード」で確かめた。
ホームへ戻る