クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル(4WD/7AT)

魅惑の四駆ディーゼル 2021.01.30 試乗記 フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」の特別仕様車「Rライン ブラックスタイル」に試乗。ディーゼルエンジン+4WDのパワートレインと、こだわりのアイテムでコーディネートされた個性的なエクステリアの仕上がりをチェックした。

欲張りな私が選ぶなら

これまでフォルクスワーゲンを十数台乗り継いできたが、SUVを所有したことは一度もない。しかし、フォルクスワーゲンの日本での販売実績を見ると、いまやSUVの比率が4割を占め、コンパクトSUVの「Tクロス」が主力の「ゴルフ」に迫る勢いだ。

SUVがブームということもあり、Tクロスに加えて、クロスオーバーSUVの「Tロック」も販売が好調だが、もしフォルクスワーゲンのSUVを1台買うなら、私は日本に導入されているモデルのなかでは最もサイズの大きなティグアンを選ぶ。理由は単純で、ディーゼルエンジンと4WDの組み合わせが選べるのが、唯一ティグアンだからだ。

2017年1月に日本に導入された現行型のティグアンは、発売当初は1.4リッター直列4気筒ターボのガソリンエンジン+前輪駆動だけの展開だった。SUVといっても、いまや主流はFF仕様で、価格が低く抑えられ、手軽に乗れるのも人気の秘密である。

しかし、「せっかく買うなら4WD」というのが私の本音。さらに可能なら、燃費が良くて走りが力強いディーゼルを選びたい。そんな期待に応えるように、2018年8月に、2リッター直列4気筒ディーゼルターボを積み、「4MOTION」と呼ばれる4WDを採用するティグアンTDI 4MOTIONが追加された。まさに待ち望んだ仕様である。

フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」に、「TDI」と呼ばれるディーゼルエンジン搭載モデルが追加設定されたのは2018年8月だった。
フォルクスワーゲンのSUV「ティグアン」に、「TDI」と呼ばれるディーゼルエンジン搭載モデルが追加設定されたのは2018年8月だった。拡大
今回の試乗車は、「ティグアン」の特別仕様車「Rライン ブラックスタイル」。ブラックパーツで外装がドレスアップされている。
今回の試乗車は、「ティグアン」の特別仕様車「Rライン ブラックスタイル」。ブラックパーツで外装がドレスアップされている。拡大
標準車でクロームパーツが用いられているフロントグリル中央やフロントバンパーのインサートが、「Rライン ブラックスタイル」では光沢のあるブラックに置き換えられている。
標準車でクロームパーツが用いられているフロントグリル中央やフロントバンパーのインサートが、「Rライン ブラックスタイル」では光沢のあるブラックに置き換えられている。拡大
「ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」のボディーサイズはベースモデルと同じで、全長×全幅×全高=4500×1860×1675mm、ホイールベースは2675mmとなっている。
「ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」のボディーサイズはベースモデルと同じで、全長×全幅×全高=4500×1860×1675mm、ホイールベースは2675mmとなっている。拡大

150PSの2リッターTDIを搭載

フォルクスワーゲンではディーゼルターボエンジンを「TDI」と呼ぶ。日本でも「パサート」を皮切りに、ティグアン、「ゴルフトゥーラン」、ゴルフ、さらにTロックへとTDI搭載モデルを拡大してきた。

いずれも2リッターのTDIだが、パサートシリーズが最高出力190PS、最大トルク400N・mのハイパワー仕様であるのに対し、他は同150PS、同340N・mと多少控えめな仕様を搭載している。

ティグアンの場合は、この150PS仕様の2.0 TDIエンジンに、デュアルクラッチギアボックスの7段DSGが組み合わされる。4WDの4MOTIONは、FFをベースに必要に応じて電子制御油圧多板クラッチの「ハルデックスカップリング」により後輪にトルクを伝達するタイプ。エンジン負荷が低い場合やアクセルオフの状況ではリアアクスルを駆動系から切り離し、前輪だけを駆動することで燃料消費を抑えるといった配慮もうれしい。

さらにティグアンの場合、走行状況にあわせて「オンロードモード」「スノーモード」「オフロードモード」「オフロードカスタムモード」の4モードが選べる「4MOTIONアクティブコントロールスイッチ」が搭載され、悪路やグリップの低い路面で4WDの効果を最大限に生かす工夫がなされている。

内装デザインや装備はベースとなった「Rライン」に準じたもの。「アクティブインフォディスプレイ」と呼ばれる12.3インチのメータークラスターを標準装備している。
内装デザインや装備はベースとなった「Rライン」に準じたもの。「アクティブインフォディスプレイ」と呼ばれる12.3インチのメータークラスターを標準装備している。拡大
2リッター直4ディーゼルターボエンジンは最高出力150PS、最大トルク340N・mを発生。JC08モード燃費値は17.2km/リッターと発表されている。
2リッター直4ディーゼルターボエンジンは最高出力150PS、最大トルク340N・mを発生。JC08モード燃費値は17.2km/リッターと発表されている。拡大
センターコンソールに走行モードを切り替えできる「4MOTIONアクティブコントロールスイッチ」が設置されている。
センターコンソールに走行モードを切り替えできる「4MOTIONアクティブコントロールスイッチ」が設置されている。拡大
ウィンドウフレームやドア下部からリアバンパーへと続くサイドストリップがブラックで仕上げられる「Rライン ブラックスタイル」。
ウィンドウフレームやドア下部からリアバンパーへと続くサイドストリップがブラックで仕上げられる「Rライン ブラックスタイル」。拡大

マイナーチェンジ前のお買い得モデル

試乗したのは「ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」という名の特別仕様車。実はドイツ本国では2020年7月にマイナーチェンジモデルが発表されており、日本でも近々新しいモデルが導入されるはずだ。そんな事情もあって、装備が充実した特別仕様車がいくつか販売されており、このブラックスタイルもそのひとつである。

スポーティーなデザインが魅力のRラインをベースに、エクステリアのクロームパーツやアルミホイールなどをブラックペイントに置き換えることで、クールで力強い印象に仕上げたのが特徴だ。

ボディーカラーは、ディープブラックパールエフェクトと有償色オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(6万6000円)の2色が用意され、今回の試乗車は後者。価格はベースモデルの550万9000円に対し、わずか3万1000円高の554万円にとどめられた。Rラインの精悍(せいかん)なイメージをさらに際立たせたRライン ブラックスタイルがこの価格で手に入るのは見逃せないだろう。

今回は試乗会での短時間のドライブだったが、クリーンディーゼルを積むティグアンは、動き出しから力強く、低回転からトルクの厚さを実感できる仕上がりだ。低速では加速時に独特のエンジン音が耳に届くが、40km/hを超えたあたりからはロードノイズに紛れて、ほとんど気にならなくなる。

ワインディングロードを行く「ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」。加速時に独特のエンジン音が耳に届くものの、低回転域からディーゼルらしいトルクの厚さが実感できた。
ワインディングロードを行く「ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」。加速時に独特のエンジン音が耳に届くものの、低回転域からディーゼルらしいトルクの厚さが実感できた。拡大
今回の試乗車は、ブラックの19インチホイールに255/45R19サイズの「ピレリ・スコーピオン ヴェルデ」タイヤを組み合わせていた。
今回の試乗車は、ブラックの19インチホイールに255/45R19サイズの「ピレリ・スコーピオン ヴェルデ」タイヤを組み合わせていた。拡大
ルーフレールやリアスポイラーもブラックで統一。リアドアと車体後部のウィンドウは、ベースの「Rライン」と同じくUVカット機能付きのダークティンテッドガラスになっている。
ルーフレールやリアスポイラーもブラックで統一。リアドアと車体後部のウィンドウは、ベースの「Rライン」と同じくUVカット機能付きのダークティンテッドガラスになっている。拡大
「Rライン ブラックスタイル」のリアバンパー。ストリップ部分に加え、最下部もブラック色に変更されている。
「Rライン ブラックスタイル」のリアバンパー。ストリップ部分に加え、最下部もブラック色に変更されている。拡大

高速燃費は20km/リッター超え

実用域でのトルクが充実しているこのディーゼルエンジンは、平たんな道は言うまでもなく、山道の登りでも、1730kgのやや重たいボディーを軽々と加速させてくれる。いざという場面では、アクセルペダルを深く踏み込むことで4500rpmあたりまで加速の勢いが続く。もちろん、高速道路の合流や追い越しの場面でもたつくこともない。しかも、4WDの4MOTIONだけに、ホイールスピンや挙動が乱されることなく、安定したまま加速するのがいい。

7速、100km/hのエンジン回転数は1650rpmと低く抑えられ、別の機会にチェックした高速燃費は20km/リッター超えと実に効率的だ。高速の直進安定性も優れ、フラット感もまずまずである。

唯一の弱点が、目地段差を越えたときにショックを伝えてくること。標準モデルなら電子制御ダンパーのDCC(アダプティブシャシーコントロール)を選ぶことができるのだが、この特別仕様車には装着されてないのが惜しいところだ。

その点、後日追加された「Rライン ブラックスタイル ディナウディオパッケージ」なら、DCCが標準装着されるとともに、デンマークのハイエンドオーディオブランドとして有名なディナウディオと共同開発したプレミアムサウンドシステムが採用されるだけに、エキストラを払う価値はありそうだ。

そうした一方で、マイナーチェンジ後のティグアンにも興味津々である。ティグアンTDI 4MOTIONを狙っている人にとっては、悩ましい日々がしばらく続きそうである。

(文=生方 聡/写真=花村英典/編集=櫻井健一)

「チタンブラック」と呼ばれる表皮色の「Rライン」専用ファブリックシートを装着。バックレストに「R」のロゴが入っている。
「チタンブラック」と呼ばれる表皮色の「Rライン」専用ファブリックシートを装着。バックレストに「R」のロゴが入っている。拡大
リアシートにはスライド&リクライニング機構が備わる。座面から天井までの高さは1010mmで、ゆったりとした居住空間になっている。
リアシートにはスライド&リクライニング機構が備わる。座面から天井までの高さは1010mmで、ゆったりとした居住空間になっている。拡大
後部座席を使用する通常時の荷室容量は615リッター。後席の背もたれを前方に倒すと、荷室容量を最大1655リッターに拡大できる。
後部座席を使用する通常時の荷室容量は615リッター。後席の背もたれを前方に倒すと、荷室容量を最大1655リッターに拡大できる。拡大
「ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」の車両本体価格は554万円。今回の試乗車は、6万6000円の有償外装色「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」が選択されていた。
「ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル」の車両本体価格は554万円。今回の試乗車は、6万6000円の有償外装色「オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト」が選択されていた。拡大

テスト車のデータ

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4500×1860×1675mm
ホイールベース:2675mm
車重:1730kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:7段AT
最高出力:150PS(110kW)/3500-4000rpm
最大トルク:340N・m(34.7kgf・m)/1750-3000rpm
タイヤ:(前)255/45R19 100V/(後)255/45R19 100V(ピレリ・スコーピオン ヴェルデ)
燃費:17.2km/リッター(JC08モード)
価格:554万円/テスト車=566万6500円
オプション装備:ボディーカラー<オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト>(6万6000円) ※以下、販売店オプション フロアマット<プレミアムクリーン>(6万0500円)

テスト車の年式:2020年型
テスト車の走行距離:3380km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター

フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル
フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル拡大
 
フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル【試乗記】の画像拡大
フォルクスワーゲン・ティグアンTDI 4MOTION Rライン ブラックスタイル【試乗記】の画像拡大
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

フォルクスワーゲン ティグアン の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。