第230回:純真な青年が乗るクルマは凶器と化す
『藁にもすがる獣たち』

2021.02.19 読んでますカー、観てますカー

日本の小説が原作の韓国映画

登場人物は、悪い女とバカな男。どいつもこいつも金に目がくらんだ連中だが、ツメの甘い男たちに勝ち目はない。ストレートにおのれの欲望を貫く女の強さはすがすがしいほどだ。たくさん人が死ぬけれど、なぜか陰惨ではない。観客は獣たちの必死な姿を安全地帯から眺めるという、優雅な楽しみを満喫する。結末は、一応ハッピーエンドである。見方にもよるが。

『藁にもすがる獣たち』の原作は曽根圭介の小説。キム・ヨンフン監督の長編デビュー作である。日本と韓国はいろいろな問題を抱えているが、相互の文化交流は結構盛んだ。パク・チャヌク監督の傑作『オールド・ボーイ』は日本の漫画が原作だし、『ゴールデンスランバー』は日韓競作となった。逆のケースもたくさんあって、『SUNNY 強い気持ち・強い愛』は『サニー 永遠の仲間たち』のリメイク版である。このコーナーで紹介した『見えない目撃者』は、韓国で作られたものを中国と日本がリメイクした。

こういう関係が可能なのは、どの国も似たような問題を抱えているからだろう。それぞれの国で人々は社会のひずみに苦しみ、幸福を得ようと七転八倒している。人間の普遍的な関係性を描くことで、共感が生まれるのだ。この映画は韓国で話題を呼び、興行収入ランキング初登場1位を獲得した。

基本的なストーリーは原作どおりだが、いくつか設定や展開を変えた部分もある。別々の物語が進行していき、最後につながるという構成だ。みんな金に困っていて、札束の詰まったバッグをめぐって争奪戦になる。

© 2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.©曽根圭介/講談社
© 2020 MegaboxJoongAng PLUS M & B.A. ENTERTAINMENT CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED.©曽根圭介/講談社拡大
 
第230回:純真な青年が乗るクルマは凶器と化す『藁にもすがる獣たち』の画像拡大
 
第230回:純真な青年が乗るクルマは凶器と化す『藁にもすがる獣たち』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事