クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)

選ばない手はない 2021.03.02 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。

根強いファンに支えられて

「BMWアルピナの年間生産台数が1500~1700台と聞くと、驚かれる方が多いですね」と、インポーターの人。存在感のわりに、絶対的な数は限られる。うち20%ほどが日本市場で販売されるというから、東洋の島国はジャーマンコンプリートカーメーカーにとって大事なお得意さまなのだ。

アルピナの、高性能を誇示しない“アンダーステートメント”、つまり控えめなたたずまいが日本の“武士道”に通じるのではないか、とスタッフの人がわが国での人気を分析する。品よくまとまった最近のアルピナモデルを見ると、「なるほど」と納得させられるが、胸の中ではちょっぴり複雑な感情が交錯する。

世の中が沸き立っていた1980年代後半。筆者はまだ学生だったので、いわゆるバブル経済の恩恵を被ることは少なかったけれど、東京の路上のバリエーションがどんどん豊かになっていった印象がある。後の世に言われるほど(!?)「六本木カローラ」というあだ名を耳にすることはなかったが、たしかにE30系の「BMW 3シリーズ」は大人気で、駐車されたクルマの前で記念撮影するナウなヤングを本当に見かけたものだ。

アルピナといえば、アーマーゲーと呼ばれていたAMGと並んでイケイケ(死語)グルマの筆頭で、独特のストライプと地面を擦るばかりに大きく垂れたエアダムに“ヤラれた”人たちが、その後のニッポンのアルピナ市場を支えてきたのではないか、と個人的にニラんでいる。時代とともに、ファンの皆さまもアルピナ車と歩を合わせて洗練されてきたのだろう。

実際、幾度となくアルピナ車に触れる機会を得て、アグレッシブな外観、大きなホイールに薄いタイヤを履いた姿とは裏腹に、大きなアウトプットを誇る動力系はよく調教されて従順で、加えて乗り心地が思いのほかいいことにいつも驚かされる。ビックリ。故・徳大寺有恒さんいわく「日本人は“いいモノ”が好きだから」、輸入が始まって約40年、やはりアルピナでなければ、という層が一定数いるのもうなずける。

国内では2020年5月に発表された「BMWアルピナD3 S」。今回試乗したセダン「D3 Sリムジン アルラット」と、ワゴン「D3 Sツーリング アルラット」の2本立てで、ともに2021年2月にデリバリーが開始された。
国内では2020年5月に発表された「BMWアルピナD3 S」。今回試乗したセダン「D3 Sリムジン アルラット」と、ワゴン「D3 Sツーリング アルラット」の2本立てで、ともに2021年2月にデリバリーが開始された。拡大
エアインテークを最適化し冷却性能を高めた、オリジナルデザインのフロントバンパー。リップ中央には「ALPINA」ロゴが添えられる。
エアインテークを最適化し冷却性能を高めた、オリジナルデザインのフロントバンパー。リップ中央には「ALPINA」ロゴが添えられる。拡大
リアは、トランクリッドの後端に控えめなリップスポイラーが装着されている。
リアは、トランクリッドの後端に控えめなリップスポイラーが装着されている。拡大
車名の「D」は、高性能なディーゼルモデルであることを示している。G20型「BMW 3シリーズ セダン」をベースとするアルピナ車には、ほかにガソリンエンジン搭載車「B3 Sリムジン」が存在する。
車名の「D」は、高性能なディーゼルモデルであることを示している。G20型「BMW 3シリーズ セダン」をベースとするアルピナ車には、ほかにガソリンエンジン搭載車「B3 Sリムジン」が存在する。拡大
車名に「アルラット(ALLRAD)」とある通り、駆動方式は4WD。ベースとなる「BMW 3シリーズ」の4WD車に比べ、より後輪へのトルク配分を重視したチューニングが施されている。
車名に「アルラット(ALLRAD)」とある通り、駆動方式は4WD。ベースとなる「BMW 3シリーズ」の4WD車に比べ、より後輪へのトルク配分を重視したチューニングが施されている。拡大

いまこそアルピナもディーゼル

いまは猫も杓子(しゃくし)も、大衆車メーカーもプレミアムブランドも競うようにSUVをリリースする時代で、アルピナも「XD3」「XD4」、そして「XB7」をカタログに載せるが、それでも依然として販売の中心はセダン、アルピナ流に言うならリムジンが担う。

アルピナB3 Sは、2020年5月にわが国で発売された“スーパー・スポーツ・ディーゼル”搭載モデル。3リッター直列6気筒ディーゼルターボは、最高出力355PS/4000-4200rpm、最大トルク730N・m/1750-2750rpmを発生、ZF製8段ATを介して4輪を駆動する。価格は、セダンが1078万円、ツーリングワゴンが1117万円となる。

スポーティーなストレート6ディーゼルを積んだユニークな存在で、国内では直接的なライバルが見当たらない。言うまでもなくガソリンエンジンを使う「B3」(1229万円)、「B3ツーリング」(1297万円)もラインナップするが、国内の販売台数は両者で半々というほどディーゼルモデルの売れ行きは好調だ。「アルピナは、(先々代にあたる)E90時代から積極的にディーゼルモデルを導入してきましたから」とスタッフは胸を張る。

ただでさえシルキーな6気筒にアルピナの魔法がかけられたスポーティーなフィールはもとより、オーナーの人は愛車をロングツーリングに使うことが多いというから、足の長いディーゼルが重宝がられるのだろう。いまや不況が常態となった感があるから、富裕ドライバーとはいえ、プレミアムガソリンとの燃料費の違いもバカにならないはずだ。燃料消費率の欧州参考値(WLTPモード)は、セダン、ワゴンとも、13.2km/リッターとされる。

フロントに縦置きされる3リッター直6ディーゼルは、2基のターボチャージャーを装備。1750rpmから730N・mもの豊かなトルクを発生する。
フロントに縦置きされる3リッター直6ディーゼルは、2基のターボチャージャーを装備。1750rpmから730N・mもの豊かなトルクを発生する。拡大
インテリアの基本的な造形は「BMW 3シリーズ」に準じる。センターコンソールはドライバー側に若干傾けられている。
インテリアの基本的な造形は「BMW 3シリーズ」に準じる。センターコンソールはドライバー側に若干傾けられている。拡大
ステアリングホイールの中央にはアルピナのエンブレムが添えられ、リムには「アルピナ・グリーン」のステッチが施される。
ステアリングホイールの中央にはアルピナのエンブレムが添えられ、リムには「アルピナ・グリーン」のステッチが施される。拡大
アルピナとしては初の48Vマイルドハイブリッドシステム搭載車となる「BMWアルピナD3 S」。セダン、ワゴンともに、WLTPモードの燃費値は13.2km/リッターとなっている。
アルピナとしては初の48Vマイルドハイブリッドシステム搭載車となる「BMWアルピナD3 S」。セダン、ワゴンともに、WLTPモードの燃費値は13.2km/リッターとなっている。拡大

仕立てからして並じゃない

試乗車のD3 Sは、ブルーメタリックにストライプが入ったわかりやすいペイント。いまやBMWやM自体が派手なエアロパーツをまとうようになったので、相対的におとなしく見えるアルピナのエアロパーツだが、「ALPINA」の文字が目に入るとやっぱりうれしい。

スタイルを特徴づけるクラシカルな20本スポークの鍛造ホイールは、オプションの20インチタイプ。通常の軽合金ホイールより、約14kgも軽いという。かつては20インチといえば、ショーモデルか冗談の範疇(はんちゅう)だったが、いまや現実に珍しいサイズでなくなっているのが恐ろしい。チューナー由来のメーカーにはツラい時代だ。

ドアを開けると、オオッ! ずいぶんと派手な赤い「フルレザーメリノインテリア」が迎えてくれる。優しくしなやかな、繊細さが魅力的。

BMWは新しい3シリーズに、従来のシボの大きなダコタレザーから表面がスムーズなヴァーネスカレザーを使うようになっているが、アルピナも同様に、試乗車のメリノレザーのほか、「ラグジュアリーパッケージ」と称してヴァーネスカレザーを用いたインテリアも提案する。20インチの足まわりやハーマンカードン製オーディオ等とのセットメニューで、ダッシュボードがレザーフィニッシュ仕様になるのが見逃せない。79万8000円。1000万円を超える3シリーズを求めるユーザーの、うまいところを突いた設定だと思う。ガソリンモデルとの価格差を、自分好みのオプション投入に活用できるところも、アルピナディーゼルの魅力かもしれない。

20インチの鍛造アルミホイールは、通常の軽合金ホイールに比べ、1台分で約14kgのバネ下重量を軽減。ピレリと共同開発した「Pゼロ ALP」タイヤが組み合わされる。
20インチの鍛造アルミホイールは、通常の軽合金ホイールに比べ、1台分で約14kgのバネ下重量を軽減。ピレリと共同開発した「Pゼロ ALP」タイヤが組み合わされる。拡大
写真の本革シートは、オプション「フルレザーメリノインテリア」(59万6000円)に含まれるもの。標準車はアルカンターラ×センサテック(合成皮革)仕立てとなる。
写真の本革シートは、オプション「フルレザーメリノインテリア」(59万6000円)に含まれるもの。標準車はアルカンターラ×センサテック(合成皮革)仕立てとなる。拡大
前席同様、鮮やかな赤が目を引く後席。シートヒーターはオプションとして用意される。
前席同様、鮮やかな赤が目を引く後席。シートヒーターはオプションとして用意される。拡大
前席・後席ともに、背もたれの中央にはアルピナのエンブレムが装着される。
前席・後席ともに、背もたれの中央にはアルピナのエンブレムが装着される。拡大

山道も高速も余裕

スターターを押して6気筒に火を入れると、アルピナ専用のデザインが与えられたデジタルメーターが立ち上がる。「表層的なギミック」と斜に構えることもできるけれど、年1500台余のハンドメイドメーカーである。ここは「差別化のためなら何でもしてください!」と応援したいところだ。

これまでのD3より5PSと30N・mのスペックアップを果たした2993ccディーゼルターボ(最高出力355PS、最大トルク730N・m)……というより、本国ドイツでデビューを果たした「M340d xDrive」の同340PS、同700N・mと比較するべきかもしれないが、アルピナ6気筒の強心臓は、大小2つのタービンを備えた「ビターボ・チャージングシステム」を得て、低回転域でのレスポンスと、高回転時のパワーを両立させる。

一昔前は、良くも悪くも「2ステージ」といわれたシーケンシャルターボだが、D3 Sのそれは、システム全体が融合して、スロットルの開け始めから力強い駆動力を供給し、途中で段付きすることなく滑らかに吹け上がる。もともと3リッターという余裕ある排気量の持ち主なうえ、M340d同様、48Vのスターター&ジェネレーターを用いたマイルドハイブリッドテクノロジーを採り入れたので、必要に応じて最大11PSの加勢を得られるのもプラスに働いていよう。

自分が車外にいるときこそ、そのサウンドでディーゼルと知れるが、クルマの中に入ってしまえば音は気にならない。ひとたびステアリングホイールを握って走り始めれば、圧倒的なトルクとスムーズな回転フィールから、「これはディーゼルを選ばない手はないなァ」と思わせるビターボエンジンである。

アルピナらしい、我慢を強いられない、意外なほどラグジュアリーな振る舞いをみせるスポーツサスペンションは健在で、鼻歌まじりに山道を行くのも楽しい。後輪重視のドライバビリティーを示す四輪駆動は、通常の走行時にも潜在的な危険を減少させてくれているはずで、特に長距離を走る運転者にとっては頼もしいかぎり。ちょっと懐かしい単語だが、“ビジネスパーソンズエクスプレス”として使ってもはまりそう。

今後、欧州の「電動化待ったなし!」の波がどのようにBMWアルピナにかぶさってくるかは未知数だが、いまのところ、ファンネルとクランクシャフトの旗は翩翻(へんぽん)とひるがえっている。

(文=青木禎之/写真=田村 弥/編集=関 顕也)

「BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット」が0-100km/h加速に要する時間は4.6秒。最高速は273km/hと公表される。なお、ワゴン「D3 Sツーリング アルラット」の同値は、4.8秒と270km/h。
「BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット」が0-100km/h加速に要する時間は4.6秒。最高速は273km/hと公表される。なお、ワゴン「D3 Sツーリング アルラット」の同値は、4.8秒と270km/h。拡大
メーターパネルは、基本デザインこそ「BMW 3シリーズ」と共通であるものの、アルピナ独自のカラーリングとされている。
メーターパネルは、基本デザインこそ「BMW 3シリーズ」と共通であるものの、アルピナ独自のカラーリングとされている。拡大
「D3 Sリムジン アルラット」は、アルピナが独自に調整したスタビライザーや、アイバッハ製スプリングを組み合わせた「アルピナ・スポーツ・サスペンション」を装備。ハンドリング性能の向上が図られている。
「D3 Sリムジン アルラット」は、アルピナが独自に調整したスタビライザーや、アイバッハ製スプリングを組み合わせた「アルピナ・スポーツ・サスペンション」を装備。ハンドリング性能の向上が図られている。拡大
8段ATには、エンジンの大トルクに耐えられるよう調整が施されている。ATのシフトレバーのそばには、走行モードのセレクターやインフォテインメントシステムの操作デバイス、シリアルナンバー入りのプレートなどが配置される。
8段ATには、エンジンの大トルクに耐えられるよう調整が施されている。ATのシフトレバーのそばには、走行モードのセレクターやインフォテインメントシステムの操作デバイス、シリアルナンバー入りのプレートなどが配置される。拡大
試乗車の「アルピナ・ブルー」(写真)と「アルピナ・グリーン」は、アルピナ独自のボディーカラー。BMWが設定しているカスタマイズ用のカラーも選択できる。
試乗車の「アルピナ・ブルー」(写真)と「アルピナ・グリーン」は、アルピナ独自のボディーカラー。BMWが設定しているカスタマイズ用のカラーも選択できる。拡大

テスト車のデータ

BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4719×1827×1440mm
ホイールベース:2851mm
車重:1950kg
駆動方式:4WD
エンジン:3リッター直6 DOHC 24バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:355PS(261kW)/4000-4200rpm
最大トルク:730N・m(74.4kgf・m)/1750-2750rpm
タイヤ:(前)255/30ZR20 92Y XL/(後)265/30ZR20 94Y XL(ピレリPゼロ ALP)
燃費:13.2km/リッター(WLTPモード)
価格:1078万円/テスト車=1290万8200円
オプション装備:ALPINAスペシャルペイント<アルピナ・ブルー>(43万円)/フルレザーメリノインテリア(59万6000円)/ALPINA 20インチホイール<鍛造>&タイヤセット(59万8000円)/アコースティックガラス(3万円)/サンプロテクションガラス(9万円)/ランバーサポート(3万5000円)/ガルバニックフィニッシュ(2万2000円)/アダプティブLEDヘッドライト(15万円)/パーキングアシストプラス(6万2000円)/ヘッドアップディスプレイ(13万5000円)/harman/kardonサラウンドサウンドシステム(9万円)/BMWドライブレコーダー(2万8200円)

テスト車の年式:2021年型
テスト開始時の走行距離:1835km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(軽油)
参考燃費:--km/リッター

BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット
BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット拡大
「ALPINA」ロゴ入りのドアシルプレート。メタルエンブレム付きの「アルピナ・ベロアフロアマット」は標準装備のアイテムだ。
「ALPINA」ロゴ入りのドアシルプレート。メタルエンブレム付きの「アルピナ・ベロアフロアマット」は標準装備のアイテムだ。拡大
センターコンソールには、スマートフォンのワイヤレスチャージが可能なトレーと、カップホルダーが備わる。
センターコンソールには、スマートフォンのワイヤレスチャージが可能なトレーと、カップホルダーが備わる。拡大
センターコンソール後端には、後席用のエアコン吹き出し口とUSBソケットがレイアウトされている。
センターコンソール後端には、後席用のエアコン吹き出し口とUSBソケットがレイアウトされている。拡大
開口部の大きなトランクルーム。5人乗車時の容量は480リッターで、長尺物は後席の背もたれを前方に倒して積載する。
開口部の大きなトランクルーム。5人乗車時の容量は480リッターで、長尺物は後席の背もたれを前方に倒して積載する。拡大
この記事を読んだ人が他に読んだ記事
車買取・中古車査定 - 価格.com

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『webCG』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

BMWアルピナ D3 の中古車
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事

webCGの最新記事の通知を受け取りませんか?

詳しくはこちら

表示されたお知らせの「許可」または「はい」ボタンを押してください。