BMWアルピナD3 Sツーリング(4WD/8AT)

しみじみ惚れ惚れ 2021.09.15 試乗記 アルピナとして初めて48Vマイルドハイブリッドシステムを採用した「D3 Sツーリング」に試乗。最高巡航速度270km/hを誇るパフォーマンスとWLTP値で13.0km/リッターという燃費性能を両立した、スポーツディーゼルの走りとは?

端正さが際立つ

生産台数の少なさゆえに知る人ぞ知るといった立ち位置のアルピナだが、最近は従来よりも広く認知されているように思う。アルピナに注目が集まっているのは、いつも引き合いに出される本家BMWの「M」が明らかにアグレッシブなデザインを導入していることと関係があるのかもしれない。

高性能であることは言うまでもないが、アルピナは相変わらず端正で上品で控えめであることを旨としており、自己主張が強すぎるのはちょっと、と考えるクルマ好きをより引きつけているのではないかと推察するのだ。昨年(2020年)初めてエントリーした日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)で新型「B3」がパフォーマンス・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した効果かもしれない。ちなみにCOTYには年間500台程度の販売台数という制限があったのだが、いつの間にか撤廃されたことでアルピナもエントリーできるようになったという。

何度も繰り返してきたが、アルピナの年間生産台数は以前から最高でも1700台程度(そのうち日本向けはおよそ2割)、Mとは生産台数が二桁違う。その中から新型や人気車種に生産能力を振り分けるから、他の量産メーカーのように注文すればいつでも買えるというわけではない。いわばつるしの定番商品ではなく生地からオーダーするスーツのようなものだ。

2020年に発売された新しいD3 Sは現行G20型/21型「3シリーズ」の「セダン」と「ツーリング」をベースにしたアルピナのディーゼルモデルで、2021年初めにデリバリーが始まった。今回試乗した車両はステーションワゴン版のツーリングである。

「BMW 3シリーズ セダン(G20)/ツーリング(G21)」をベースに開発された「BMWアルピナD3 S」。国内では2021年2月にデリバリーが開始された。
「BMW 3シリーズ セダン(G20)/ツーリング(G21)」をベースに開発された「BMWアルピナD3 S」。国内では2021年2月にデリバリーが開始された。拡大
「D3 S」には、今回試乗したステーションワゴンの「ツーリング」と、セダンの「リムジン」が設定されている。D3 Sツーリングの車両本体価格は、リムジンの39万円アップとなる1117万円。
「D3 S」には、今回試乗したステーションワゴンの「ツーリング」と、セダンの「リムジン」が設定されている。D3 Sツーリングの車両本体価格は、リムジンの39万円アップとなる1117万円。拡大
ベース車両から、アルピナ固有のものへと書き換えられたエンジンルームのシャシーナンバー。公式登録された、自動車メーカーの製造車両であることを証明している。
ベース車両から、アルピナ固有のものへと書き換えられたエンジンルームのシャシーナンバー。公式登録された、自動車メーカーの製造車両であることを証明している。拡大
「D3 Sツーリング」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1825×1470mm、ホイールベースは2850mm。車重は1940kgと発表されている。
「D3 Sツーリング」のボディーサイズは全長×全幅×全高=4720×1825×1470mm、ホイールベースは2850mm。車重は1940kgと発表されている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMWアルピナD3 Sリムジン アルラット(4WD/8AT)【試乗記】 2021.3.2 試乗記 アルピナが提案するディーゼルの高性能セダン「D3 Sリムジン アルラット」に試乗。そのステアリングを握った筆者は、どこか懐かしくも目を見張る、このブランドならではのパフォーマンスに酔いしれたのだった。
  • トヨタ・ランドクルーザーZX ガソリン/ZX ディーゼル/GRスポーツ ガソリン【試乗記】 2021.9.10 試乗記 世界中で活躍するトヨタのクロスカントリーモデル「ランドクルーザー」が、新型の「300系」にフルモデルチェンジ。14年ぶりに刷新された“陸の巡洋艦”は、運動性能も快適性も、従来モデルから長足の進化を遂げていた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンTSI 4MOTIONエレガンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.9.11 試乗記 フォルクスワーゲンのラインナップにおいて、他のモデルとは趣を異にする伸びやかなスタイリングが目を引く「アルテオン」。ブランドの旗艦を担う5ドアクーペは、マイナーチェンジでどのような進化を遂げたのか。上質な仕様の「エレガンス」で確かめた。
  • ジャガーFタイプR クーペ(4WD/8AT)【試乗記】 2021.9.6 試乗記 ジャガーのフラッグシップスポーツ「FタイプR クーペ」に試乗。まずはハンサムなフロントマスクに目を奪われるが、575PSにパワーアップした5リッターV8エンジンや熟成されたシャシーの完成度は、そのルックス以上に注目すべきものだった。
  • トヨタ・アクアZ(FF/CVT)【試乗記】 2021.8.24 試乗記 フルモデルチェンジしたトヨタのハイブリッドカー「アクア」に試乗。新しくなった内外装や、世界初となるバイポーラ型ニッケル水素電池が搭載されたパワートレインの仕上がりを確かめながら、同門のコンパクトカー「ヤリス」との違いを探った。
ホームへ戻る