「自動運転のクルマ」がナウ・オン・セール! それでわれわれは救われるのか?

2021.03.05 デイリーコラム

大きなニュースではあるけれど

「ホンダ・レジェンド」に、「自動運転レベル3」(条件付き自動運転)を実現する「Honda SENSING Elite(ホンダセンシングエリート)」が搭載された。

その内容をはしょって説明すると、「日産スカイライン」に搭載された「プロパイロット2.0」の機能に加えて、高速道路や自動車専用道路で渋滞に遭遇した場合、ハンズオフ(手放し)だけでなく、わき見をしても大丈夫になっている。

これまでの「自動運転レベル2」は、いざというとき即座にドライバーが運転を引き継ぐ必要があり、わき見は許されなかった。しかしレジェンドのホンダセンシングエリートは、高速道路等の渋滞内に限り、この機能を使用中は、テレビやDVDを見てもいい(スマホについてはプレスリリースでは触れられていない)。

限定的とはいえ、自動運転レベル3の実現は、国内では初めてだ。国交省も警察庁も、日本の製造業の先進性を保つために思い切ってくれた。国民としてよろこばしい。

ただこれは、一種の花火のようなもの。レジェンドという、正直ウルトラ売れない高級セダンに、約375万円というエクストラコスト(すべてがホンダセンシングエリート分ではないでしょうが)を上乗せして初めて手に入る機能だ。普及はまだまだ先になる。

「自動運転は、広く普及させ、高齢者など交通弱者を救ってこそ意味があるのでは?」

そのような声もあるだろう。しかし、自動運転が自家用車に搭載されて交通弱者を救うところまで行くのは遠い遠い将来のことで、私が生きている間は無理だと思っている。たとえホンダセンシングエリートがさらに進化して一般道でも使えるようになり、大幅なコストダウンも実現し、軽自動車に標準装備されるようになったとしてもだ。

なぜか。

交通弱者は、自動運転をオンにできないと思うからだ。

2021年3月5日に発売された、「ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」。自動運転レベル3対応車として、国内で初めて型式指定を取得した。
2021年3月5日に発売された、「ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」。自動運転レベル3対応車として、国内で初めて型式指定を取得した。拡大
エポックメイキングな技術が採用されたモデルとはいうものの、「レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」の見た目は控えめ。既存の「レジェンド ハイブリッドEX」との違いは、ホイールのデザインやブルーのアクセサリーランプくらいのものである。
エポックメイキングな技術が採用されたモデルとはいうものの、「レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」の見た目は控えめ。既存の「レジェンド ハイブリッドEX」との違いは、ホイールのデザインやブルーのアクセサリーランプくらいのものである。拡大
自動運転レベル3を実現する装備として、「レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」には2つのカメラと5つのLiDAR(ライダー)、5つのレーダーが搭載されている。
自動運転レベル3を実現する装備として、「レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite」には2つのカメラと5つのLiDAR(ライダー)、5つのレーダーが搭載されている。拡大
“手放し運転”が可能な状態になると、ステアリングホイール(写真)やナビ画面上部、グローブボックスに備わる「Honda SENSING Elite表示灯」が青くともる。
“手放し運転”が可能な状態になると、ステアリングホイール(写真)やナビ画面上部、グローブボックスに備わる「Honda SENSING Elite表示灯」が青くともる。拡大
ホンダ レジェンド の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・アコードEX 2020.1.23 画像・写真 本田技研工業は2020年1月23日、同年2月にデビューを予定している10代目「アコード」の概要を発表した。そのスタイリッシュなエクステリアや、コンサートホールをイメージしたというインテリアのディテールを写真で紹介する。
  • ホンダ・アコードEX(FF)【試乗記】 2020.4.23 試乗記 フルモデルチェンジした「ホンダ・アコード」に試乗。ハイブリッドシステム「e:HEV」や新世代プラットフォームの採用によって、走りや使い勝手はどう進化したのか? 年間50万台を売り上げるというグローバルモデルの出来栄えを、日本の道で確かめた。
  • ホンダ・インサイトEX・ブラックスタイル(FF)【試乗記】 2019.1.29 試乗記 5ドアハッチバックからセダンに“衣替え”をした、新型「インサイト」に試乗。ホンダ自慢のスポーツハイブリッドi-MMDを搭載しながらも、ガソリン車並みの荷室容量や使い勝手、ゆとりある居住スペースを確保したというが、果たしてその出来栄えやいかに。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX・Honda SENSING Elite(4WD/7AT)【試乗記】 2021.4.2 試乗記 ホンダが世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化。そのシステム「トラフィックジャムパイロット」を搭載したセダン「レジェンド」の試乗を通し、現時点における世界最新の運転支援機能の実力や、既存のシステムとの違いをリポートする。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2021.2.5 試乗記 欧州のライバルとFF車世界最速争いを繰り広げる「ホンダ・シビック タイプR」が、マイナーチェンジを受けた。派手ではないが、ツウをうならせる改良が施された“現行最終型”の出来栄えやいかに? 進化したその走りを報告する。
ホームへ戻る