webCGメールマガジン

ここでしか読めないコラム、最新記事情報や読者アンケートの結果などクルマ好きなら必見です。

メルマガ会員に登録する
クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)

メチャメチャ気持ちいい 2018.03.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。

もはや意地の産物

レジェンドといえば、ホンダの最高級セダン。初代が出た時は、「クラウン」的なニッポンの高級セダンの対極をいくグローバルな香りが、とても進歩的に感じられたものだ。

あれから30余年。日本市場におけるレジェンドの存在感は、今やゼロに等しい。2017年の国内での販売台数は、わずか400台余り。月間ではなく年間の数字だ。

それでもまぁ北米では売れてるんだろうと思ったら、アメリカでも年間3000台程度で大苦戦しているという。それほどサイズの違わない「アコード」の100分の1レベル! 中国市場からはすでに撤退! そうだったんですか!

アメリカや中国で売れないホンダの高級セダンに、ビジネス的な存在意義はゼロだろう。それでも売り続け、かつ今回のように大きめなマイナーチェンジを施すのは、ホンダ全体の業績の良さが下支えする、フルラインメーカーとしての意地か。エライ!

マイナーチェンジで内外装のデザインが改められた「ホンダ・レジェンド」。2018年2月9日に発売された。
マイナーチェンジで内外装のデザインが改められた「ホンダ・レジェンド」。2018年2月9日に発売された。拡大
インテリアカラーは、白系の「シーコースト・アイボリー」(写真)のほか、黒、茶、灰色の3色が選べる。
インテリアカラーは、白系の「シーコースト・アイボリー」(写真)のほか、黒、茶、灰色の3色が選べる。拡大
日本市場の「レジェンド」は、3.5リッターV6エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車のみで、目標販売台数は年間1000台。北米ではガソリンエンジン車も販売される。
日本市場の「レジェンド」は、3.5リッターV6エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車のみで、目標販売台数は年間1000台。北米ではガソリンエンジン車も販売される。拡大

このデザインはあんまりだ

とはいえ、現在の5代目レジェンドが登場した時、中身はともかく、私はそのデザインセンスのなさに驚嘆・落胆した。中でも最悪なのは、ぶっといV字型のメッキが入ったフロントグリルと、ブルーに光らせることもできる多眼型のLEDヘッドライトの組み合わせだった。「マジンガーZ」のコスプレとでも言えばいいでしょうか。

かつてグローバルな香りを漂わせたホンダの最高級セダンは、クラウンよりはるかに、というよりケタはずれに田舎くさいルックスに落ちてしまった。個人的に採点させてもらえば「0点」(個人の主観です)。こんなエクステリアを見せられたら、スーパーハンドリング4WDなんかもうどうでもいい! 人は見た目が9割! クルマも見た目が9割まではいかなくても5割くらい! あまりにもカッコ悪すぎる!

今回のマイナーチェンジは、そのルックスをかなり大幅に手直ししておりますが、実物はどうでしょう。

やっぱ0点でした。いや、マイナスかな……。フォルム全体に「エラ」が張りまくっていて、猛烈にセンスがない。グリルやヘッドライトをはじめとして、サイドもテールランプの中もトゲトゲと洗練されていないエラ的なエッジや尖(とが)りだらけ。

極めつけはフロントフード左右の峰だ。運転席に座ると、これがロッキー山脈のごとくそびえたって見える。左右の見切りを助けてくれる面もあるが、不格好すぎて絶句するしかない。近年のホンダデザインは、本当に当たりハズレが激しく、正直ハズレが多い。

バンパーやグリルが一新されたフロントまわり。ロー&ワイドな印象が一段と強調された。
バンパーやグリルが一新されたフロントまわり。ロー&ワイドな印象が一段と強調された。拡大
マイナーチェンジを機に、シートの意匠も変更。前席はタキシードをイメージしてデザインされている。
マイナーチェンジを機に、シートの意匠も変更。前席はタキシードをイメージしてデザインされている。拡大
「レジェンド」には、19インチの「ノイズリデューシングアルミホイール」が装着される。リム周辺を中空構造とすることで、走行時に発生する中周波のロードノイズが低減されている。
「レジェンド」には、19インチの「ノイズリデューシングアルミホイール」が装着される。リム周辺を中空構造とすることで、走行時に発生する中周波のロードノイズが低減されている。拡大
テールランプのデザインも、より先進的で存在感のあるものへと変更された。
テールランプのデザインも、より先進的で存在感のあるものへと変更された。拡大

まさにスーパーハンドリング

ここまでカッコ悪いと、もうどうしていいかわかりません! と思いながら試乗してビックリ仰天した。

走りがメチャメチャ気持ちいい!

なによりも気持ちいいのは、3.5リッターV6自然吸気エンジンのフィーリングだ。リリースによると、今回のマイナーチェンジでは何の変更もうたわれていないが、下から上まで全域でスムーズかつ快楽的。4000rpmあたりでスポーツVTECらしくバブルタイミングが切り替わると、「クワアアアアアァァァァァァァ~ン」と、超絶ホンダ的なレーシングサウンドがとどろく。

聞けば、スペックは変更ないけれど、サウンドコントロールは見直されたそうです。性能が同じでもサウンドが変わると、これほど感じ方が変わるんですね! 音質は「NSX」とほぼ同傾向ながら、レジェンドは自然吸気だけに快楽的には上! 久しぶりにホンダのエンジン屋魂を見せつけられた! 性能変わってないけどサウンドで! とにかくスゲエ! 近頃乗った高級セダンの中でダントツに気持ちいい!

エンジンがここまで気持ちいいと、フロントひとつ、リア左右ひとつずつ、合計3つのモーターの存在など正直どうでもよくなるが、エンジンと3つのモーターを精密に制御して紡ぎ出すスーパーハンドリング4WDの仕上がりはさらに自然になり、まさにスーパーハンドリング! 自由自在に曲がります! 高速道路のゆる~いコーナーでも路面に張り付いてキモチイ~! システム合計の最高出力は381ps、最大トルクは463Nmとのことですが、そんな数字もどうでもいい。とにかくめちゃめちゃキモチイ~!

ボディーの随所にアルミ材が採用される「ホンダ・レジェンド」。鉄製とした場合に比べて、約35kgの軽量化が実現されている。
ボディーの随所にアルミ材が採用される「ホンダ・レジェンド」。鉄製とした場合に比べて、約35kgの軽量化が実現されている。拡大
「レジェンド」のハイブリッドユニット。システム全体で最高出力382ps、最大トルク463Nmを発生する。
「レジェンド」のハイブリッドユニット。システム全体で最高出力382ps、最大トルク463Nmを発生する。拡大
「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」は、リアに2つのモーターを搭載することで、エンジンの作動と関係なく左右の後輪を別々に駆動できる。写真は、リアアクスルのTMU(ツインモーターユニット)のカットモデル。
「レジェンド」の「SPORT HYBRID SH-AWD」は、リアに2つのモーターを搭載することで、エンジンの作動と関係なく左右の後輪を別々に駆動できる。写真は、リアアクスルのTMU(ツインモーターユニット)のカットモデル。拡大
今回のマイナーチェンジでは「SPORT HYBRID SH-AWD」の制御も変更された。これまでコーナリング時に制動していた内側の後輪にも駆動力を与え、コーナー脱出後の加速力をアップ。コーナリング特性も、より自然なものへと改めた。
今回のマイナーチェンジでは「SPORT HYBRID SH-AWD」の制御も変更された。これまでコーナリング時に制動していた内側の後輪にも駆動力を与え、コーナー脱出後の加速力をアップ。コーナリング特性も、より自然なものへと改めた。拡大

お手本のような乗り心地

乗り心地もすばらしくGOODだ。「曲げ」に4輪のトルク配分を使える分、足をしなやかにできる面もあるでしょうし、今回はボディー骨格の接着剤塗布範囲を拡大することで剛性を高め、ダンパー特性などのシャシーセッティングを変更し、世界的トレンドである「しなやかスポーティー」のお手本の仕上がりになっている。文句なし! サスペンションのモード切り替えはないけれど、そんなモン必要なし! これがベスト! 手放しで絶賛!

安全装備もより充実した。ホンダセンシングにトラフィックジャムアシストが初搭載され、65km/hまでの速度域でも、前走車との車間を保ちながら自車の走行車線をキープするよう、アクセル、ブレーキ、ステアリングの操作をアシストする。

ステアリングのアシスト力は弱めで、ドイツ系高級セダンやボルボのようにグイグイ曲げてはくれないが、結局現状どのクルマもステアリングホイールを握ってなきゃいけないのは同じなので、自動ステアリング操作は正直「なくてもいい」。優秀なアダプティブクルーズコントロールがあれば十分。レジェンドのそれは、車線を越えそうになると、音やステアリングの振動とともに戻すように働くイメージで、縁の下の力持ち的なアシスト感がかえって好印象でした。

ただ、ホンダセンシング自体の完成度は、相変わらず今ひとつで、左カーブで対向車に反応して一瞬自動ブレーキがかかるケースも散見された。そのへんは今後、クルマ選びの死命を制する部分だけに、精進をお願いしたいところです。

インテリアは、インストゥルメントパネルを中心としたシルバー加飾の変更により、上質感が演出されている。
インテリアは、インストゥルメントパネルを中心としたシルバー加飾の変更により、上質感が演出されている。拡大
後席(写真)は、中央部分の座席を除く左右席にシートヒーターが備わる。
後席(写真)は、中央部分の座席を除く左右席にシートヒーターが備わる。拡大
前席の頭上には、超音波センサー付きのセキュリティーアラームが備わる。不正な乗車を感知すると、専用のホーンとハザードランプを使って状況を知らせる。
前席の頭上には、超音波センサー付きのセキュリティーアラームが備わる。不正な乗車を感知すると、専用のホーンとハザードランプを使って状況を知らせる。拡大
ボディー骨格の接着剤塗布範囲を広げボディー剛性をアップ。さらにダンパーやスタビライザーの特性を変更することで、ハンドリング性能と乗り心地を向上させた。
ボディー骨格の接着剤塗布範囲を広げボディー剛性をアップ。さらにダンパーやスタビライザーの特性を変更することで、ハンドリング性能と乗り心地を向上させた。拡大

ホンダエンジンの信者にささぐ

ということで、マイナーチェンジを受けたレジェンドは、ルックスはさらに最悪になったが、走りの快楽に関しては、世界のEセグメントセダンの中でナンバーワンクラスといっていい。お値段は707万4000円のワングレードで、ドイツ系に対して明らかにお安いです。

これを一体どう評価すればいいのでしょう?

「このカッコが好きなら、とってもステキなお買い物」、そういうことでしょう!

レジェンドは、カッコはもちろんブランド力でもドイツ御三家に遠く及ばないが、「俺は人にどう見られようとカンケーない、俺がいいと思えばそれでいいんだ!」というパワフルな信念をお持ちのセダン好きなカーマニアにピッタリです。

なにしろ走りの気持ちよさはハンパじゃない。燃費はハイブリッドとしてはイマイチだけど(+ハイオク仕様)、このクラスでそれはあんまり関係ない。ホンダエンジンの信者さんにぜひおすすめしたい! NSXより気持ちいいです! だって自然吸気だもん!

(文=清水草一/写真=荒川正幸/編集=関 顕也)

“ジュエルアイ”と名付けられた特徴的なヘッドランプ。デザイン上の美しさと、ワイドで遠くまで届く配光の両立が図られている。
“ジュエルアイ”と名付けられた特徴的なヘッドランプ。デザイン上の美しさと、ワイドで遠くまで届く配光の両立が図られている。拡大
センターコンソールには、ボタン式のシフトセレクターや電動パーキングブレーキのスイッチが一列に並ぶ。
センターコンソールには、ボタン式のシフトセレクターや電動パーキングブレーキのスイッチが一列に並ぶ。拡大
トランクルームの容量は414リッター。IPU(インテリジェントパワーユニット)の小型化により、従来比で13リッター拡大した。
トランクルームの容量は414リッター。IPU(インテリジェントパワーユニット)の小型化により、従来比で13リッター拡大した。拡大
ボディーカラーは、写真右の新色「プレミアムディープロッソ・パール」を含む全8色がラインナップされる。
ボディーカラーは、写真右の新色「プレミアムディープロッソ・パール」を含む全8色がラインナップされる。拡大

テスト車のデータ

ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=5030×1890×1480mm
ホイールベース:2850mm
車重:1990kg
駆動方式:4WD
エンジン:3.5リッターV6 DOHC 24バルブ
モーター:交流同期電動機
トランスミッション:7段AT
エンジン最高出力:314ps(231kW)/6500rpm
エンジン最大トルク:371Nm(37.8kgm)/4700rpm
フロントモーター最高出力:48ps(35kW)/3000rpm
フロントモーター最大トルク:148Nm(15.1kgm)/500-2000rpm
リアモーター最高出力:37ps(27kW)/4000rpm(1基当たり)
リアモーター最大トルク:73Nm(7.4kgm)/0-2000rpm(1基当たり)
システム最高出力:382ps(281kW)
システム最大トルク:463Nm(47.2kgm)
タイヤ:(前)245/40R19 94W/(後)245/40R19 94W(ミシュラン・パイロットスポーツ3)
燃費:16.4km/リッター(JC08モード)
価格:707万4000円/テスト車=722万9520円
オプション装備:ワイヤレス充電器<フロント・リアセット>(5万4000円)/ドライブレコーダー<GPS/液晶モニター>(2万8080円)/フロアカーペットマット プレミアムタイプ(7万3440円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:2044km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX
ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX拡大
「レジェンド」のステアリングホイールには、運転支援システムやステアリングヒーター、オーディオのスイッチが並ぶ。
「レジェンド」のステアリングホイールには、運転支援システムやステアリングヒーター、オーディオのスイッチが並ぶ。拡大

液晶パネル付きの後席アームレスト。オーディオやエアコンの操作ができる。


	液晶パネル付きの後席アームレスト。オーディオやエアコンの操作ができる。
	拡大

「レジェンド」には、ホンダがアメリカのハイエンドオーディオメーカーであるKrell(クレル)社と共同開発したオーディオシステムが備わる。写真は、フロントドア部のスピーカー。


	「レジェンド」には、ホンダがアメリカのハイエンドオーディオメーカーであるKrell(クレル)社と共同開発したオーディオシステムが備わる。写真は、フロントドア部のスピーカー。
	拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
あなたにおすすめの記事
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
車買取・中古車査定 - 価格.com