ホンダ・シビック タイプR(後編)

2021.04.11 思考するドライバー 山野哲也の“目” レーシングドライバー山野哲也が最新の「ホンダ・シビック タイプR」に試乗。足まわりが「動くべき方向にしか動かない」。これこそがタイプRの驚異的な運動性能を支えている最大のポイントだと山野は熱弁をふるうのだった。

ピロ足のようなフィーリング

搭載される2リッターVTECがターボ化されてから、2世代目となるホンダ・シビック タイプR。2020年にマイナーチェンジを受けた最新版を、山野哲也がテストする。今回は、恐るべきニュートラルステアをみせるタイプRを、さらに深堀りしていく。

FF車の“攻めた走り”というと、コーナリング中にスロットルを軽く抜いてリアを滑らす「タックイン」という技が話題に挙がりますが、とドライブテクニックに関して水を向けてみる。

「そんなことはしませんよ。必要ないですね。タイプRの場合はフロントタイヤを切れば切っただけ曲がっていきますから」

山野は笑いながら答える。うーん、なるほど。そうでなければ、世界有数の難コース、ドイツはニュルブルクリンクの北コースで、量販FF車最速の座を競うことなどできないのだろう。

話題は、ハンドリングの基礎となる「剛性」に移る。

「剛性感、すごいですね。最初にシビック タイプRについて『ロボット』と言ったのは、走っていて柔らかいフィールをまず感じないからです。サスペンションに関しても、すべて“ピロ足”なんじゃないかと思うほどです」

 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
 
ホンダ・シビック タイプR(後編)の画像拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」の会場から 2021.3.26 画像・写真 「ツインリンクもてぎ」内の博物館「ホンダコレクションホール」が、「シビック」の歴史をたどる企画展「CIVIC WORLD 受け継がれるHondaのDNA」を開催(2021年5月31日まで)。ホンダを支えてきた歴代シビックの姿を、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサート オールトラックTDI 4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2021.5.8 試乗記 マイナーチェンジを受けたフォルクスワーゲンのクロスオーバー「パサート オールトラック」に試乗。パワートレインの改良や最新世代の運転支援システムの採用で、地味で実直なそのキャラクターはいかなる進化を果たしたのか?
  • ホンダS660モデューロX バージョンZ(MR/6MT)【試乗記】 2021.4.24 試乗記 個性的な軽スポーツカーとして、多くのクルマ好きに愛されてきた「ホンダS660」。そのラストを飾る特別仕立ての一台は、軽という枠を感じさせない、大人っぽい走りを味わわせてくれた。
ホームへ戻る