スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表

2021.03.31 自動車ニュース
スバル・アウトバック ウィルダネス
スバル・アウトバック ウィルダネス拡大

スバルは2021年3月30日(現地時間)、北米専用の新型車「アウトバック ウィルダネス」を米国で発表した。

 
スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表の画像拡大
 
スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表の画像拡大
 
スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表の画像拡大
 
スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表の画像拡大
 
スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表の画像拡大

今回のアウトバック ウィルダネスは既存のクロスオーバーSUV「アウトバック」が築き上げてきた本質的価値はそのままに、アウトドアシーンで頼れる走破性と機能性をさらに強化。タフでラギッドなキャラクターに磨きをかけた、スバルSUVの新たな価値を提案するという北米市場専用モデルである。

パワーユニットは2.4リッター水平対向4気筒直噴ターボエンジン。チェーン式CVTの「リニアトロニック」はアウトバックに搭載するユニットよりも低速時のトラクション性能を強化している。足まわりにはバンプストローク量の大きい専用サスペンションを採用したほか、オールテレインタイヤも装備。未舗装路での衝撃吸収性や路面追従性、登坂路での走破性を強化している。最低地上高は8.7インチ(約221mm)から9.5インチ(約241mm)に拡大。悪路走行を支援する「X-MODE」の「ディープスノー/マッド」モードの対応速度域を拡大し、実用性を強化した。

前後のバンパーをはじめエクステリアには数々の専用アイテムを採用し、アクティブなイメージを付与するとともに車体保護性能も強化。積載力を高めたルーフレールや左右に装備したけん引フックなどで実用性もアップ。これらの機能性を併せ持つ部分には「アナダイズドイエロー」のアクセントカラーをあしらっている。

同じ色のアクセントはインテリアにも採用し、全体はブラックとグレーのダークトーンでコーディネート。シート表皮や後席のシートバックには防水性を備えた素材を用いることでアウトドアでも気兼ねなく使える機能性を表現している。

(webCG)

「スバル・アウトバック ウィルダネス」の写真をもっと詳しく見る

関連キーワード:
レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィアウトバック の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルが新型クロスオーバーSUV「アウトバック ウィルダネス」を発表 2021.3.31 自動車ニュース スバルは2021年3月30日(現地時間)、北米専用の新型車「アウトバック ウィルダネス」を米国で発表した。「アウトバック」をベースに、その本質的価値を保ちつつ悪路走破性と機能性を強化した新たな派生モデルとなっている。
  • キャデラックXT4プラチナム(4WD/9AT)【試乗記】 2021.4.3 試乗記 キャデラックのSUV製品群のエントリーモデルに位置する「XT4」が、いよいよ日本に導入された。その実力は、市場の先達でもある日欧のライバルに比肩するものなのか? キャデラックならではの個性は残されているのか? ゼネラルモーターズの期待を背負うニューモデルを試す。
  • メルセデス・ベンツS400d 4MATIC(4WD/9AT)【試乗記】 2021.3.10 試乗記 スリーポインテッドスターを象徴する一台であり、Lクラスセダンの世界的ベンチマークでもある「メルセデス・ベンツSクラス」がフルモデルチェンジ。7代目となる新型は、ライバルの一歩先を行く先進性と、さらなる快適性を併せ持つクルマに仕上がっていた。
  • プジョー5008GT BlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2021.4.16 試乗記 プジョーの好調を支える3列シートSUV「5008」がマイナーチェンジを受けた。激変ぶりがひと目で分かるのはフロントからの眺めだが、中身は一体どんな進化を遂げているのだろうか。2リッターディーゼルモデルの仕上がりをリポートする。
  • トヨタが「カローラ ツーリング」にアウトドアテイストを盛り込んだ特別仕様車設定 2021.4.2 自動車ニュース トヨタ自動車は2021年4月2日、ステーションワゴン「カローラ ツーリング」に特別仕様車“ACTIVE RIDE(アクティブライド)”を設定し、500台の台数限定で同年4月19日に発売すると発表。同日、注文受け付けを開始した。
ホームへ戻る